こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


青山南

著者情報
著者名:青山南
あおやまみなみ
アオヤマミナミ
生年~没年:1949~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      優雅な生活が最高の復讐である
      カテゴリー:英米文学
      3.7
      いいね!
      • この本をどこで見かけて読もうと思ったのか、ちょっと思い出せないのです。多分何かの本で紹介されていたか、雑誌か新聞で見たかしたのだと思うんですが。タイトルが素敵すぎて惹かれたはずです。Living well is the best revenge.優雅な生活が最高の復讐である。スペインの古いことわざだそうです。

        小説かと思って読み始めたら、ノンフィクションでした。マーフィ夫妻という実在の人物についてです。フィッツジェラルドが『夜はやさし』のモデルにしたという夫妻らしいのですが、『夜はやさし』は未読です。課題図書が増えました。

        ちょくちょく出てくる著名人のエピソードも面白いのですが、やっぱりフィッツジェラルド夫妻の話が一番生き生きしています。フィッツジェラルド夫妻の幼さが、なんだかもう必死で生き延びようとしている感じがたまらないです。私はフィッツジェラルドはそんなに読んでなくて、それよりもヘミングウェイ派なのですが、フィッツジェラルド自身の人生をこなすのが下手な感じがたまらなく放っておけない感じがします。太宰治の放っておけなさに似ているような。どちらもデカダンですね。

        ちなみに 'Living well is the best revenge' について。
        人生はままならず、悲しいことやつらいこともどうしようもなく避けようもなく襲ってくるけれど、いかなる不条理にも屈さず、優雅に微笑み生き抜くことが人生に勝つ秘訣である、と理解しました。
        いい言葉だ。座右の銘に加えよう。
        >> 続きを読む

        2016/07/24 by ワルツ

    • 他1人がレビュー登録、 3人が本棚登録しています
      世界文学全集
      カテゴリー:叢書、全集、選集
      2.7
      いいね!
      • ビートニクという言葉をこの本で知りました。

        2017/05/25 by ayaka0920

    • 他1人がレビュー登録、 6人が本棚登録しています
      もしもねずみをえいがにつれていくと
      3.0
      いいね!
      • 途中で先がよめた。
        読めたけど、面白い。
        やっぱり、そうきたかあ~というオチ。
        こんなネズミだったら・・・・って、ネズミじゃなくても、似たようなのがいそうだなあ~。 >> 続きを読む

        2014/08/02 by けんとまん

      • コメント 2件
    • 2人が本棚登録しています
      オン・ザ・ロード
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • その受け売りで佐野元春も、ジョニ-デップも、さらにそして第3世代的な受け売りでキムタクも"影響をうけた"愛読書にあげております。
        もうおわかりですね?カッコつけたがりな第4世代もきっとキテルでしょうが、ここはサラッと抜け落ちてた2.5世代の自分も一応読んどかないとダメでしょってことで読んだ。
        先日みたDVDの「コヨーテ、海へ 佐野元春」から受けた印象よりも何かのムーブメント(ここでは"ビート"といわれている)についての内容というわけではなかった。
        ただひたすらニシヘヒガシヘ(ミスチル?)最終的には南へ、旅をする内容。
        ロードムービーとかロードノヴェルなんていうものの魅力の発端てなことか?
        しかし率直にいえばタイクツな内容だったのだが、当時の若者が何を考えていたかよくわかる描写だった。
        描写力、表現力において、文章が魅力的なのでしょう。
        ボブ・ディランの歌詞もここから影響されたわけだ。
        >> 続きを読む

        2018/07/29 by motti

    • 5人が本棚登録しています
      算数の呪い
      2.0
      いいね!
      • うーん、これは、読んだら数学嫌いになりそう?笑

        絵本の多い図書館を見つけたのでフラフラしていたら、なにやら他の絵本と毛色が違うこの本が目に留まりました。

        で、手にとってみたのですが…
        主人公が数学の先生にこの世の大抵のことは数学で解けるんだよ、と言われてから、ありとあらゆるものが数学の問題に見えてしまうようになり、もう数学いやー!ってなってしまうお話です。

        ちょっと変わった形式になっていて、お話の内容が全て数学?の問題形式で進む、というものになってます。…ちょっと、いや、かなり読みにくかったかも笑

        海外の本の翻訳っぽいんで、ガロンとかフィートとか馴染みのない単位がでてきて、ちょっと日本人の、ましてや子供にはわからんのではないかというところもうーん。

        落ちはシュールで好きでしたけど、これを子供に読ませようとは思わないかなぁ、と、そう思いつつそっと棚に戻しました。
        まぁ、さらっとしか見てないんで、読み込んだらまた違う視点で楽しめるかも?
        >> 続きを読む

        2013/05/03 by yamayama

      • コメント 6件
    • 2人が本棚登録しています
      きんようびはいつも
      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      3.0
      いいね!
      • 子供にとって、お父さんと二人の時間ってなんか特別なんですよね。
        母親といるときは大抵うるさいこと言われてるし・・凹
        この本の彼は毎週金曜日になるとお父さんと朝早く出て、レストランで朝ごはんを食べるんです。

        男の子がこの特別な時間をとても楽しみにしている様子を見て、世のお父さん方は子供を連れて喫茶店にでも連れて行ってあげたい!と、なることでしょう(笑

        我が家もこういう時間があります。「お母さんには内緒だぞ」ってこっそり出掛けているようです。銭湯行ったり喫茶店のモーニングだったりw
        >> 続きを読む

        2013/11/25 by 借りてくる

      • コメント 6件
    • 4人が本棚登録しています
      ラストリゾート
      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      4.0
      いいね!
      • 子ども向けというより、大人向けの絵本だと思う。

        想像力(心の目)を見失ってしまったと自分で思った作家が、それを取り戻すために、地の果てにある不思議な宿屋「ラスト・リゾート」に行って宿泊する。

        そこに次々に現れる、なつかしくも不思議な人々。

        とてもなつかしいような、そしてあらためて多くのことを思い出させられ、新しいものを心にかきたてられる、本当に不思議な絵本。
        >> 続きを読む

        2012/12/22 by atsushi

      • コメント 2件
    • 1人が本棚登録しています

【青山南】(アオヤマミナミ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本

Major