こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


江戸川乱歩

著者情報
著者名:江戸川乱歩
えどがわらんぽ
エドガワランポ
生年~没年:1894~1965

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      屋根裏の散歩者
      カテゴリー:小説、物語
      4.3
      いいね!
      • 乱歩の初期短編集で非常に勉強になります。明智小五郎初の登場作品も有り面白いです。

        2016/03/22 by rock-man

      • コメント 1件
    • 他2人がレビュー登録、 6人が本棚登録しています
      パノラマ島綺譚
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • 「闇に蠢く」「湖畔亭事件」「空気男」「パノラマ島奇譚」「一寸法師」からなる作品集。読み応えがあり、特に「一寸法師」は明智小五郎が登場してまさかまさかこの人が犯人とは!必ず騙されます。「パノラマ島奇譚」は自分に似た人物に成りすまし、巨万の富を手に入れ湯水のごとくお金を使い自分の島に夢の国を作り、最後は滅びる内容ですが、あまりにも描写が細かすぎて良く解からない所があり少し残念ですが良くできた作品です。北見小五郎なる人物が出てきますが、明智小五郎のパロディーなのかな~?「闇に蠢く」は乱歩独特の怪しい物語で私は好きです。「空気男」は、ある雑誌の廃刊のため途中で終わってる作品で続きが気になる。「湖畔亭事件」は覗きの性癖のある男の物語でこれも乱歩のおどろおどろしい雰囲気が漂う作品でかなり、怪しいです。 乱歩ファンでなくてもかなり面白いですよ! >> 続きを読む

        2017/06/04 by rock-man

    • 他2人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています
      人間椅子
      カテゴリー:小説、物語
      3.7
      いいね!
      • 【総括】
        気味悪い感じと、最後までガンガン読めてしまう感じがスリリングで面白かったです。
        非常に短く、最後にオチも用意してある点が素晴らしいと感じました。
        興奮しますね笑
        >> 続きを読む

        2019/03/13 by べるさん

    • 他1人がレビュー登録、 13人が本棚登録しています
      陰獣
      カテゴリー:小説、物語
      4.8
      いいね!
      • これは傑作。
        表題作は本格ミステリとして非常に堅実な仕上がり。
        「蟲」は乱歩の異常心理描写の巧さが光っている。
        昔の作品は今読むとつまらないものと今読んでも面白いものとに二分されるが、乱歩とか横溝は見事に後者。
        >> 続きを読む

        2018/12/31 by tygkun

    • 他1人がレビュー登録、 6人が本棚登録しています
      黒蜥蜴
      カテゴリー:小説、物語
      4.7
      いいね!
      • 江戸川乱歩はいくつか読んだが、最も有名とも言える「黒蜥蜴」を読んだことがなかった
        明智小五郎の不死身さが胡散臭くて避けていたのだと思う。そこがいいところだと若いわたしはわかっていなかった。青いな。

        今回、本屋さんでたまたま見かけて、百合の花が大きく描かれた表紙が綺麗で手にとってそのまま無意識に購入してしまった。こちらのサイトでは漫画みたいな購買意欲を低下させる表紙になっているけれど。
        今更江戸川乱歩を平積みしている理由は、自宅でテレビを見ていて気づいた。
        ドラマ化されたらしい。
        ちなみに明智小五郎役は渡部篤郎さんらしい。ちょっとイメージじゃない。
        小さい頃テレビで明智小五郎を演じたのは天知茂さんだった。明智小五郎といったら天知茂さんでしょう。
        天知茂さんの訃報を知ったとき、なぜか天知茂さんは死なない気がしていて驚いた。きっと明智小五郎と勝手に重ねていたのだと思う。
        昔のドラマって、今だと考えられないくらい無駄に入浴するわベッドに雪崩れ込むわ、お茶の間に変な空気を充満させたものだった。母親が明らかにそわそわしながら必ずお茶を淹れに行って、父親が脈絡なく話しかけてきたことを思い出す。

        明智小五郎はやはり不死身だし、そんなわけないじゃんみたいに都合のいい展開も多い。
        でも、江戸川乱歩らしい美に溢れた作品だった。
        江戸川乱歩にリアリティを求めるのは野暮というものだろう。
        物語がはじまって35分くらいを過ぎると、必ず水戸黄門や暴れん坊将軍が大活躍、そんな予定調和が安心して観られる時代劇のいいところ。それと同じ。
        明智小五郎は、撃たれても爆破されても突き落とされてもへっちゃら。入院して寝込むなんて生々しい姿は見たくない。
        江戸川乱歩の描く醜悪な美を楽しむことこそが醍醐味だと思う。

        「パノラマ島奇談」や「人間椅子」から引っ張ってきたような描写もあり、ああ、江戸川乱歩を読んでいるなあと楽しませる。
        ただ、黒蜥蜴を黒トカゲという表記にしてしまったことは残念。難しい漢字表記のままであれば、より江戸川乱歩の世界に相応しくなるに違いないのに。
        久しぶりに小さい頃のことも思い出せて、懐かしい気持ちになれた。

        >> 続きを読む

        2016/01/12 by jhm

      • コメント 2件
    • 他1人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています
      目羅博士の不思議な犯罪 江戸川乱歩全集〈第8巻〉 (光文社文庫)
      カテゴリー:小説、物語
      2.5
      いいね!
      • 【う~ん……この時代の乱歩作品はかなり低調ではないでしょうか】
         江戸川乱歩全集第8巻です。
         さっそく収録作品から何作かご紹介します。

        〇 目羅博士の不思議な犯罪
         表題作なのですが、目羅博士という怪し気な眼科医による特殊な方法の殺人が語られます。
         乱歩の光学趣味にも通じる殺害方法で、催眠暗示、月の魔力のような要素を取り入れたものになっています。
         もちろん、現実性は皆無なのですが、乱歩趣味の一端を垣間見ることができる作品かも。

        〇 地獄風景
         『探偵趣味』という乱歩が関わった雑誌に連載された作品。
         はっきり言えば乱歩の『パノラマ島奇談』の安直な焼き直しであり、そのレベルも『パノラマ島奇談』には遠く及ばず、あの独特の幻想風味も出せていない失敗作では?
         雑誌掲載のためか、途中で『読者への挑戦』的な一文が挟み込まれているのですが、そこで乱歩自身、「犯人探しにはふさわしくない変なお話になってしまいましたが、読者の多くは、論理的にではなくても、作者が隠している真犯人を、すでに感づいていらっしゃることと思います。それを答えてくれればよいのです。」と書いてしまっています。
         私は、犯人当てのつもりなど毛頭なくこの作品をそこまで読んでいたのですが、まぁ、そう書かれているのなら当ててみようかと、まったく論理的な思考ではなく、おそらく乱歩ならこの人物あたりを犯人に仕立てるのではないかというイメージだけから犯人を想定したところ、容易く当たりました。
         まぁ、ミステリとしてもまったく体をなしていない残念な作品としか言いようがありません。

        〇 恐怖王
         これも全くいただけない作品。
         女性の死体に花嫁衣裳を着せてさらし者にする『恐怖王』とその手下のゴリラ男。
         何の推理もなく、単に書き散らした作品としか言いようがありません。

        〇 鬼
         若干のトリックを用意しているものの出来は悪いです。
         トリックの扱い方が雑なんですよね。
         探偵役が何故その真相に至ったかの推理過程の描写にまったく説得力が無く、単なる思い付きに終わっているようにしか読めない所が致命的です(書きようによってはもっと説得的に書けるはずなんですけれどねぇ)。
         しかも、そのうちの一つのトリックは乱歩自身が認めているとおり、ドイルのホームズ譚から借用しているものです。
         ホームズを読まれている方なら、有名な作品ですから「あ、あれか」とすぐに気がつくと思います。

        〇 火縄銃
         乱歩がまだ作家デビューする前の学生時代に書いた作品。
         何も参考にせずこのトリックを創案したということですが、このトリックはポースト作、アブナー伯父シリーズの中の一作『ズームドルフ事件』でも用いられています。
         乱歩はもしかしたら自分の方が先に思いついたかもしれないと書いていますが、残念ながらポーストの方が若干早かったようです(そうであっても乱歩が『ズームドルフ』をパクったわけではないので、評価していいと思います)。
         しかも乱歩は知らなかったようですが、さらにそれ以前にこのトリックを使ったミステリが存在していることは巻末解説で明らかにされています。
         コアとなるアイディアはポーストなどと同じなのですが、乱歩の詰めが甘いのは完全な密室に仕立てていない点ではないでしょうか?
         このトリックを発動させるためにそれが必要だと考えたのかもしれませんが、必ずしもそうではないと思いますし、それをやってしまったために謎成分が著しく低下してしまっています。

        〇 悪霊
         乱歩の中絶作品。
         連載途中でどうしても書けなくなって放り出した作品。
         『新青年』に連載していたのですが、断筆のお詫び文付き。
         この中絶事件に関し、横溝正史が『新青年』誌上で激しく乱歩を批難したそうですよ。

        〇 妖虫
         サソリをシンボルにしている悪党による連続殺人事件に老探偵が挑むという作品なんですが、アイディアが完全に枯渇しています。
         例によってバラバラ死体をあちこちにばら撒くというモチーフを性懲りもなく繰り返していますし、生き人形を多用するところも乱歩が何度も書いているものです。
         トリックも、身内に変装した犯人が潜んでいるという、これまた乱歩がこれまでに何度も使っているもので新味は全くありません。
         ここまで同じアイディアを繰り返し使われると、読者の方もすぐに「またあれだろう」って思ってしまいますよね。
         せめてそんな読者の思い込みを逆手に取るようなことでもしてくれていればまだしもなのですが……。

         どうもこの巻に収録されている作品には見るべきものが無いと言わざるを得ないでしょう。
         非常に低調な一冊になっています。
         ミステリとしても全くダメで、単なる冒険活劇でしかありません。
         ただし、読者の好みは色々で、例えば中井英夫は、『目羅博士……』を乱歩の短編の最高作としているそうです。
         どこかに魅かれるものがあったのでしょうね。


        読了時間メーター
        ■■■■    むむっ(数日必要、概ね3~4日位)
        >> 続きを読む

        2021/03/06 by ef177

    • 他1人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています
      押絵と旅する男
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 【たま~に読みたくなる江戸川乱歩】
         そうなんです。たま~に乱歩が読みたくなることがあります。
         私は、取り合えず光文社文庫版の乱歩全集をある程度買っており、読みたくなる度に新しい巻を買うということを繰り返しています。
         今回はこの巻ですよ~。
         それでは収録作をご紹介しましょう。

        〇 押絵と旅する男
         乱歩の作品の中でも名作という評価が高い作品です。
         確かに幻想味溢れる作品であり、また、他の作品のような醜悪な部分が無い点でも評価できます。
         物語はガラガラに空いた列車の中で、老人が額を窓に向けて立てかけている姿を認め、不思議に思い吸い寄せられるようにその老人に近づいていったところ、老人からその額を見せてもらうことになり、また、その額に秘められた不思議な話を聞くという物語です。
         乱歩の浅草趣味が全開の作品で、昔浅草にあったという12階建ての凌雲閣という塔が不思議な味わいで語られます。
         双眼鏡がキー・アイテムになるのですが、この辺りの光学趣味は乱歩で言えば『鏡地獄』でも語られますし、あるいはホフマンの『砂男』にも通じるところがあるかもしれません。

        〇 蟲
         ほぼ世捨て人のような、蔵に籠る生活をしていた主人公が、現在は女優をしているかつての同級生に再会したことから、昔の恋心が再燃し、その女優を付け回してのぞき見を繰り返した挙句、自分の蔵に連れ込んで殺害し、その死体が腐っていく様に慌てふためくという物語です。
         蔵に籠るほぼ世捨て人のような生活というのは、乱歩の私生活の反映でもあるのでしょうし、覗き見趣味は『屋根裏の散歩者』や『人間椅子』でもお馴染みのテーマですよね。
         伏字が結構出てくる作品です。

        〇 蜘蛛男
         推理小説というよりは冒険活劇という味わいの一編。
         美女をさらってはバラバラ殺人を犯し、その身体のパーツを石膏像に塗りこめたり、死体を水槽に人魚のように放置したりする蜘蛛男と呼ばれる犯罪者の猟奇的な連続殺人を描きます。
         この蜘蛛男、自分の好みのタイプの女性ばかりを付け狙うという設定で、最後にはパノラマ館に49人ものタイプの女性の全裸死体を展示しようとするのです。
         一応、人間消失や届けることが不可能に思える犯罪予告状の配達という謎が用意されていますが、おそらく多くの読者はこのトリックはすぐに見破ることができるのではないでしょうか。

        〇 盲獣
         『蜘蛛男』をさらにパワーアップしたような陰惨な作品です。
         主人公は盲人の按摩士で、触覚に異常な興味を持っている男です。
         この男が目を付けた女性をさらい、金に飽かして作った秘密の部屋に連れ込み、篭絡した上で痴態の限りを尽くし、最後にはバラバラにして殺し、その死体のパーツをばらまくという物語。
         この辺りはおそらく乱歩の趣味なんだろうなぁと思います。
         自作解説が添えられているのですが、本作と『蜘蛛男』については、いずれも「エログロ作品である」と断じていますが、まぁそうでしょうね。
         最後に『触覚芸術論』が展開されるのですが、ここはちょっと興味深いところかもしれません。
         名探偵も登場せず、ひたすら主人公の陰惨な犯行が語られるだけの作品。

         この巻は、『押絵と旅する男』は別として、その他の収録作品がちょっと乱歩のフェティシズム趣味全開になっており、あまり推せないかなぁという感想です。
         まぁ、これも間違いなく乱歩の味なのでそれはそれとしてなんですけれどね。
         同じフェティシズムでも『屋根裏の散歩者』や『人間椅子』は好きなんですけれどねぇ。


        読了時間メーター
        ■■■■    むむっ(数日必要、概ね3~4日位)
        >> 続きを読む

        2021/02/02 by ef177

    • 他1人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています
      怪人二十面相
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね! SM-CaRDes
      • 江戸川乱歩を読むのは初めて。まさか手に取って12時間以内に読んでしまうとは思っていませんでした。なかなか面白かったです。江戸川乱歩、ほかの本も試してみます。 >> 続きを読む

        2017/06/15 by SM-CaRDes

      • コメント 1件
    • 1人が本棚登録しています
      孤島の鬼
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 『江戸川乱歩全集第4巻 孤島の鬼』(江戸川乱歩) <光文社文庫>
        読了です。

        「孤島の鬼」と「猟奇の果」が収録されています。

        「孤島の鬼」は、最初はロマンチックな感じの密室殺人事件でしたが、だんだん様相を変えてきます。
        しかし、「闇に蠢く」のような冗長と破綻を感じさせるものではなく、どこを読んでもおもしろい作品でした。
        江戸川乱歩にしては珍しく、「ある程度筋ができていた」ためでしょうか。

        特に“雑記帳”は秀逸です。
        これだけで一つの作品になりそうです。

        「猟奇の果」は、前半は(ある程度トリックは想像できるものの)とてもおもしろく読めていたのですが、後半からもうむちゃくちゃです。

        乱歩自身が
        ----------
        物語を前後篇に分ち、……一変しているのは、雑誌の販売政策上、編輯者の注文に応じなければならなかったからです。
        ----------
        と書いているので、乱歩も後半を不満に思っていたのかと思っていたのですが、前半の収集がつかなくなって編輯者(横溝正史)に相談したところ、後半のような筋書きを提案され、ほっと一安心した、というのが本当のようです。
        でも、当時はこの後半が良かったようで……。

        前半からそのまま筋を変えない、もう一つの結末も載せられており、私はそちらのほうが好ましく読めたのですが、いかがでしょうか。
        >> 続きを読む

        2018/02/17 by IKUNO

    • 2人が本棚登録しています
      魔術師
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 『江戸川乱歩全集 第6巻』(江戸川乱歩) 読了です。

        明智小五郎探偵ものの長編二編が収録されています。

        解説にも書かれている通り「謎解き」が問われている時代ではなく、冒険活劇と舞台のおどろおどろしさを楽しむ作品なんだろうな、と思います。

        「魔術師」のネタはツッコミどころも満載ですが、そういう意味では正しい「探偵小説」なのでしょう。

        そして、それでも「吸血鬼」はなかなか楽しめる作品でした。
        両国の捕物シーンはただただバタバタしているだけですが、それ以外は雰囲気もあって現代でも十分読める作品ではないでしょうか。

        ところで、P548に、犯人からの脅迫状を「三度目ですよ」と明智小五郎が言うシーンがありますが、四度目ではないでしょうか。
        当然ファンの間では気づいているとは思いますが、註釈もなかったので、どう解釈すればいいかわかりませんでした。

        <一度目>
        P368
        三谷が明智に依頼したとき

        <二度目>
        P392
        アトリエ捜索のとき

        <三度目>
        P483
        恒川と明智が事件を話し合っていたとき

        <四度目>
        P548
        墓地を捜索していたとき


        【収録】

        魔術師
        吸血鬼
        >> 続きを読む

        2018/11/11 by IKUNO

    • 2人が本棚登録しています
      黒蜥蜴
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 中谷さん、井上さんの舞台の為読了
        舞台を見たときは耽美な世界に目眩がした。
        それは三島氏の脚色ではあるが
        蠢き、暗躍する黒蜥蜴に羨望の目を向けずにはいられない。
        >> 続きを読む

        2018/05/02 by kotori

    • 1人が本棚登録しています
      盲獣
      カテゴリー:小説、物語
      3.5
      いいね!
      • 何故か無性に読みたくなった江戸川乱歩。
        その中でも群を抜いた変態小説が恐らく今作。
        盲目の怪人がその猟期趣味を全開にした
        倒錯した「見えない側」の世界観を圧倒的かつ
        一方的に書きまくった力のある作品。

        勿論現代の小説スタイルからしたら
        おかしな部分や荒唐無稽な展開なのですが
        ディティールなどに拘らず初速からラストまで
        同じスピードで一気に読ませるのは、やはり
        この作品の妖しさと如何わしさに取り込まれた
        証拠なのかも。

        3人目の殺人事件の件においては、猟奇的な
        怖さと滑稽で下らなさとが同居していて、この
        感覚とセンスは他の誰もが出来るものでは
        ないような「差」を感じます。
        >> 続きを読む

        2013/07/01 by za_zo_ya

      • コメント 6件
    • 2人が本棚登録しています
      江戸川乱歩全集
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • 「パノラマ島奇談」ソックリさんが入れ替わり鯛や平目の舞い踊りw
        「人間椅子」椅子に人間内蔵という話
        「一寸法師」こびとずかんw初の新聞連載だったそう
        「二銭銅貨」大正12年の〈新青年〉誌に掲載されたデビュー作。ご都合主義w世間が狭い気はするw
        「湖畔亭事件」覗きレンズ趣味のジレンマ
        人間椅子、サイコー!!オチも小噺的で良い!
        >> 続きを読む

        2018/07/30 by motti

    • 1人が本棚登録しています
      江戸川乱歩全集
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • 江戸川乱歩全集 2
        「陰獣」覗き趣味のスキモノなやつら。明智モノ
        「白昼夢」死体陳列が堂々としていて信じてもらえない話
        「孤島の鬼」身体的不具者のオンパレード。見世物的
        見世物小屋的な感覚を多用してくるのを感じられる、孤島の鬼
        >> 続きを読む

        2018/07/30 by motti

    • 1人が本棚登録しています
      江戸川乱歩全集
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • 江戸川乱歩全集 3
        「蜘蛛男」 自作自演の探偵物語。明智モノ
        「指」 ピアニストの手が遠隔操作w
        「盲獣」視覚のかわりに触覚のみの世界
        ホルマリン漬けの指が!ネタ的にイイネ、指
        >> 続きを読む

        2018/07/30 by motti

    • 1人が本棚登録しています
      江戸川乱歩全集
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • 「黒蜥蜴」明智モノ。カリスマキャラクター、緑川夫人!イイネ。
        「お勢登場」子どもとかくれんぼ。長持にとじ込まってしまって...。
        「妖虫」美少女をつけ狙う「赤サソリ」明智ではない爺さん探偵はどうも魅力がないよね。
        「黒蜥蜴」あの美輪明宏さんの代表作なんですよね。あの声色で読んだったゎwアレは深作欣二監督作じゃったのぅ。
        >> 続きを読む

        2018/07/30 by motti

    • 1人が本棚登録しています

【江戸川乱歩】(エドガワランポ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本

地球を抱いて眠る