こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


藤沢周平

著者情報
著者名:藤沢周平
ふじさわしゅうへい
フジサワシュウヘイ
生年~没年:1927~1997

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      蝉しぐれ
      カテゴリー:小説、物語
      4.7
      いいね!
      • 藤沢周平は長編より短編、などと書いたが、すぐその誤りを見せつけられた。

        解説の中で文芸評論家の秋山駿氏はスタンダールの「赤と黒」を例に出しながら、本作の出だしの部分は、西欧的近代文学の正当な嫡子といった趣であると述べているが、出だしだけでなく、全体のがっちりした構成は、たしかに日本の時代小説というよりも、19世紀のヨーロッパ文学を思わせる。とくにフランス文学で、私はスタンダールよりもバルザックを思い出した。それも抒情味あふれる清新で清潔なバルザックを。

        本格長編小説という言葉にふさわしい作品。

        表紙のイラスト。
        どの場面だったか、いま気がついた。
        感慨無量。
        >> 続きを読む

        2017/09/11 by Raven

    • 他3人がレビュー登録、 16人が本棚登録しています
      用心棒日月抄
      カテゴリー:小説、物語
      4.5
      いいね!
      • 藤沢周平の作品は、映画「たそがれ清兵衛」(2002年 出演:真田広之、宮沢りえ)、「隠し剣 鬼の爪」(2004年 出演:永瀬正敏、松たか子)、「武士の一分」(2006年 主演:木村拓哉、檀れい)で観たことがあったが、小説を読むのは初めて。

        時代小説を読むのは、隆慶一郎がほぼ初めてだった、
        読むべき本が山ほどありそうだ。
        >> 続きを読む

        2017/09/14 by Raven

    • 他1人がレビュー登録、 7人が本棚登録しています
      時雨のあと
      カテゴリー:小説、物語
      3.7
      いいね!
      • 藤沢周平の時代物短編集。

        江戸時代の庶民や下級武士の人々が織りなす様々な物語。

        非常に完成度の高い短編が7話収録されている。
        これまで藤沢周平の作品は隠し剣シリーズしか読んだことが無かったのだが、こちらの作品の方が個人的には好ましいと思う。
        人の心の僅かな揺らぎというかそういった機微が上手に表現されている作品が多い。
        藤沢作品は映画化で成功した作品が多いので、ぜひこの短編集の作品も映画として撮ってもらいたいくらいだ。

        あとがきで著者の藤沢周平が何故江戸時代を背景にした作品を書くのかを語っているが、読んでて納得がいった。


        >> 続きを読む

        2018/02/18 by kuniyan

    • 他1人がレビュー登録、 5人が本棚登録しています
      隠し剣秋風抄
      カテゴリー:小説、物語
      3.5
      いいね!
      • 藤沢周平の隠し剣シリーズ第二弾。

        多種多様な剣の達人たちを描いた短編集。

        ホントいろんな剣客が登場します。
        呑兵衛から盲目の者まで総勢九人の個性豊かな主人公達。
        皆それぞれの事情から剣をとります。
        結末も様々で、あるものは困難に打ち克ち、あるものは悲惨な最期を遂げる。
        剣の必殺技も色々でてきてチャンバラ物が好きな人には、たまらない作品ではないだろうか。

        しかし全編共通しているテーマは、剣と女である。
        いわばバイオレンスとエロスという事。
        ここまで愚直に全編同じテーマのばかりだとちょっと考えさせられる。
        作者の趣向なのか、それともエンターテイメントにこの要素は欠かせないというポリシーなのだろうか。
        >> 続きを読む

        2018/02/03 by kuniyan

    • 他1人がレビュー登録、 5人が本棚登録しています
      一茶
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 一茶の生涯を描く。
        江戸時代の俳人がどうやって生計を立てていたかを初めて知った。
        キセントリックな面も興味深い。 >> 続きを読む

        2017/09/09 by Raven

    • 他1人がレビュー登録、 3人が本棚登録しています
      春秋の檻
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 主人公の立花登は、江戸小伝馬町の牢獄に勤める青年医師。
        柔術の達人でもある。

        居候先の叔父夫婦の一人娘おちえは、現代風のバカ娘。

        主人公とおちえの今後の展開に目が離せない。
        >> 続きを読む

        2017/09/10 by Raven

    • 3人が本棚登録しています
      風雪の檻
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 解説を読んだら、物語の主要な眼目がネタばれされていて、興覚め。

        しかもそれでもって作品を誉めたつもりになっている。

        こういうのって、サッカーの録画を見る前に結果を告げられるのと同様で、せっかくの楽しみがおじゃんである。
        物書きを生業とする人間が、その程度の最低限度のマナーをわきまえていないというのは噴飯もの。

        解説した女流作家はもう亡くなっていて文句の言いようもないのだが、版を改める際にでも差し替えすべきだろう。
        >> 続きを読む

        2017/09/10 by Raven

    • 3人が本棚登録しています
      愛憎の檻
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 主人公が江戸時代の牢獄医という設定から、暗くて陰惨な話が中心だろうとイメージしていたが、読後感はカラッとして明るい。

        おもわずニヤッとするやりとりがたくさん出てくる。

        この設定から、こういう楽しい読物を創り出すのは、作者の力量というほかない。
        >> 続きを読む

        2017/09/11 by Raven

    • 3人が本棚登録しています
      人間の檻
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • すべて読み終わってみて、感想を一言でいうと、さわやかな物語だった、ということ。

        伝馬町の牢獄医師という主人公の設定の他に、4冊それぞれのタイトルに「檻」という単語が用いられているので、窮屈で真面目な話というイメージもあったのだが、そんなことはまったくなかった。

        なぜそういうタイトルにしたんでしょうね。

        手品のように次々に物語が生み出されていくさまは圧巻ともいってよく、中井貴一主演でNHKでテレビドラマ・シリーズが作られたそうだが、それも当然である。
        >> 続きを読む

        2017/09/10 by Raven

    • 3人が本棚登録しています
      孤剣 用心棒日月抄
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 用心棒日月抄シリーズ第2弾。

        面白い。

        途中で止めるのが難しい。

        しかし主人公は、すこし人を斬りすぎではなかろうか。
        >> 続きを読む

        2017/09/14 by Raven

    • 7人が本棚登録しています
      密謀
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 直江の言う通り上杉が関ヶ原で動いていたら歴史は変わっていたのかもしれない。
        けれど、直江はさぞ無念だったのかなと感じた。
        しかし、景勝の意向に沿うと決めたあとの仕事ぶりは流石だなと思う。
        >> 続きを読む

        2014/07/16 by tauikiti

      • コメント 1件
    • 2人が本棚登録しています
      刺客 用心棒日月抄
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 相変わらず主人公青木又八郎は人を斬りまくる。

        この人には、人を殺したことに対する自責の念はないのだろうか。

        などど、あまり関係ないことを考えながら読んだ。

        あいかわらず面白い。
        >> 続きを読む

        2017/09/14 by Raven

    • 6人が本棚登録しています
      たそがれ清兵衛
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • 傑作短編集。

        なかでも表題の「たそがれ清兵衛」は、名品。

        その他の7編も、印象深い。
        >> 続きを読む

        2017/09/12 by Raven

    • 6人が本棚登録しています
      凶刃 用心捧日月抄
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 16年後の青木又八郎と、これまでの登場人物の姿が描かれている。

        かつての用心棒仲間だった浪人細谷源太夫や、口入れ屋の相模屋吉蔵など、本当にそうなるだろうなという姿に描かれている。

        細谷源太夫の妻の結末は意外だったが、しかし、そうなって全然おかしくはない。

        現実の社会というものはそういうものだろう。

        その一方で、エンディングの場面の、あの心憎い思いやり。

        厳しいような温かいような、作者の眼の確かさが感じられる。
        >> 続きを読む

        2017/09/14 by Raven

    • 7人が本棚登録しています
      藤沢周平全集
      カテゴリー:作品集
      4.0
      いいね!
      • 市井小説短篇(1)

        デビュー作の「冥い海」ほか、昭和46年から50年に書かれた作品、21編を集める。
        たしかに暗い作品が多いが、「父と呼べ」のようなほろりとさせる作品もある。
        一作ごとの完成度と、発表のペースに驚かされる。

        【収録作品】
        溟い海、囮、賽子無宿、黒い縄、帰郷、恫喝、夜が軋む、割れた月、闇の梯子、父と呼べ、疑惑、密告、入墨、馬五郎焼身、旅の誘い、鬼、おふく、霜の朝、時雨のあと、穴熊、冬の終りに
        >> 続きを読む

        2017/09/09 by Raven

    • 1人が本棚登録しています
      藤沢周平全集
      カテゴリー:作品集
      4.0
      いいね!
      • 士道小説短篇(1)

        直木賞受賞作である「暗殺の年輪」ほか、昭和48年から50年にかけて書かれた以下の短編を治める。

        暗殺の年輪、ただ一撃、紅の記憶、証拠人、唆す、恐妻の剣、潮田伝五郎置文、密夫の顔、嚔、十四人目の男、桃の木の下で、臍曲がり新左、夜の城、冤罪、一顆の瓜、鱗雲、鬼気、竹光始末、果し合い、遠方より来る、乱心、雪明かり

        計22編。
        なかでも「臍曲がり新左」が傑作。
        シリアスな作品が多い中で、この作品や「一顆の瓜」「遠方より来る」などのユーモア系は、よりインパクトがある。
        >> 続きを読む

        2017/09/11 by Raven

    • 1人が本棚登録しています
      藤沢周平全集
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 士道小説短篇(2)

        昭和51年から64年の作品23編。
        市井小説もいいが、やはり武家の小説の方が面白いと思うのは、それだけ武士の暮らしの制約が厳しいからだろうか。

        考えてみれば当時の武士というのは、幕府に仕えるのは国家公務員、藩の場合は地方公務員みたいなもの。
        あるいは、企業に勤めて、ルールにがんじがらめのサラリーマンを彷彿とさせる。
        浪人は、たしかに失業者というイメージだ。
        そういうところで作中の人物に共感を覚えるのかもしれない。

        【収録作品】
        闇の顔、小川の辺、木綿触れ、夢ぞ見し、一夢の敗北、小鶴、梅薫る、孫十の逆襲、 泣くな、けい、 泣く母、 飛べ、佐五郎、 山桜、帰還せず、報復、弾む声、切腹、花のあと、雪間草、悪癖、麦屋町昼下がり、三ノ丸広場下城どき、山姥橋夜五ツ、榎屋敷宵の春月
        >> 続きを読む

        2017/09/09 by Raven

    • 1人が本棚登録しています
      藤沢周平全集
      カテゴリー:作品集
      4.0
      いいね!
      • 雲奔る 小説・雲井龍雄 / 回天の門

        「雲奔る」「回天の門」は、それぞれ、東北の維新の志士、雲井龍雄、清河八郎の生涯を描いた小説。

        清河八郎は、維新の先駆けとして活躍した人物として司馬遼太郎かなにかで読んだことがあるが、雲井龍雄については、初めて知った。
        >> 続きを読む

        2017/09/09 by Raven

    • 1人が本棚登録しています
      三屋清左衛門残日録
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • この本も読書ログにおいて“課長代理”さんにお奨め頂いた本。


        なかなか読み応えがありながら、いっきに読んでしまった。

        最初は、すべての噺が最後の完結までいかず、起承転結の転で終わってしまったようで、
        何かやり残したような気になっていたのだが、次々読み進める内に、
        前の噺の続きではないのですが、すべてが線で連なっていって、
        最後に主人公が、いぶし銀のごとく、どっしりと存在感をあらわす。

        主人公の、三屋清左衛門、隠居の身でありながら、藩の執政府の紛糾の中で
        中立公正の人柄と思慮に満ちた熱き思いで関わりあっていく。

        行きつけの呑み屋があったり、昔取った杵柄で子供を教えに剣道場に通ったり、
        かつての同僚と行き来を再開したり、そして引退後もお殿様から頼りにされるとは・・。

        リタイヤ後は、この様にして過ごしたいなと憧れる日々。


        でも、多少の名誉とお金と体力があってのこと、現役の時の活動がすべてですな。

        >> 続きを読む

        2015/10/19 by ごまめ

      • コメント 2件
    • 3人が本棚登録しています
      夜消える
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!

      • 藤沢周平の「夜消える」は、昭和58年から平成2年までの間に雑誌に書かれた短篇を集めたオリジナル作品集ですが、相変わらず、唸るほどうまい。

        この作品集には7つの作品が載っていますが、いずれも、そのテーマは「別れ」なのです。

        ここで語られるのは、娘の幸福のために失踪する父親、再会しながらもすぐいなくなる幼なじみ、五年ぶりにもとの女房に会って心が揺れる男、夜逃げした家族に置き去りにされる老婆、失踪した亭主を探す女、苦労して育てた弟が結婚して一人ぼっちになる女、死んだ女房に邪魔されて再婚できない男。そういう珠玉のドラマが綴られていくのです。

        つまり、この7編ともに、人間と人間の「別れ」、あるいは「不在」がテーマになっているのです。

        市井に生きる男女の哀歓と人情の機微が、それぞれ描かれているのですが、その「哀歓と機微」を、人と人の別れ、あるいは愛する人の不在、という角度から藤沢周平は描いてみせるのです。

        そして、7編の中で特に印象に残ったのは「遠ざかる声」のラスト、闇の中で女を抱く喜左衛門の手の感触が、生々しく伝わってくるところと、「踊る手」のラストで、揺れるように振られる老婆の手が、ありありと目に浮かんでくるところです。

        そういう感触と情景が、行間から立ち昇ってくるのです。まったく感服するしかありません。


        >> 続きを読む

        2018/02/03 by dreamer

    • 4人が本棚登録しています

【藤沢周平】(フジサワシュウヘイ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本