こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


飯吉光夫

著者情報
著者名:飯吉光夫
いいよしみつお
イイヨシミツオ
生年~没年:1935~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      パウル・ツェラン詩文集
      カテゴリー:作品集
      4.5
      いいね!
      • 石原吉郎さんの詩を初めて読んだとき(全詩集でなく、どこかに発表されていた詩や代表作)シベリアに強制収容されていてその上強制労働につかされ帰還した方だと知った。
        並んでドイツの詩人、パウル・ツェランが語られることがあるということだったが、そういうことをいつどうして知ったかも覚えがなかった。

        別な本を読もうとして、そこにパウル・ツェランの詩の一節が引用されていた。それで読む前の参考にとこの本を読んでみた。
        全詩集ではなく代表作を集めたものだった。、特に、その特徴は、思いがけない災厄に出合ったこの詩人の作品のなかから、東日本大震災で被害にあった方たちの心に響く作品が選ばれたということ。
        ツェランがユダヤ人で、ナチスに両親が殺され、自分も強制労働につかされた、悲惨な過去が詩の底にあること、そういったものを集めてこの詩文集が編まれている。

        参考までにドイツの詩人はと、調べてみるとハイネが出てきた。「ローレライ」の歌詞を書いた人である。

        パウル・ツェランの詩は日本の戦後詩に当たる時期に書かれたといえる。サルトルだったか、詩人の言葉で「水車」といっても、それは現実に思い浮かべる「水車」ではない、と言うようなことが述べられていた。
        パウル・ツェランも言葉をメタファーとして使う詩人であり、言葉にどういうイメージが含まれているか、詩の中に詩人は何を現したかったのか、あるいは訴え、表現したものは何だったのか。
        読んでいるうちに深く打たれるものがある。

        パウル・ツェランの詩はその技法に慣れて、読んでいると、奥深く潜んでいる原体験、非常に深い傷跡が読み取れる、
        詩篇は不思議なリズム感があるが、悲しみと、それとともに両親への追悼の心が、悲しい響きを伝えてくる。
        読むうちに、破綻のない詩の形に偉大な詩人が死を見据えた魂の声を聞くことができる。

        解説は後部に、一編ずつつに対してつけられ、詩文集は彼の少ない講演の記録や文章も集めている。

        代表作「罌栗と記憶」の中の「詩のフーガ」が冒頭にあるが、それではなく、趣旨に沿って

        「ひとつのどよめき」を

        ひとつのどよめきーーー いま
        真実そのものが、
        人間どもの中に
        歩みいった、
        暗喩(メタファ)たちのふぶきの
        さなかに

        訳者解説

        「暗喩たち」というのは、詩の代名詞と考えていい。詩について喋々喃々している間に「どよめき」が(災厄)が持ち上がった。



        石原吉郎さんの詩も(手持ちの名詩集から)

        泣きたいやつ

        おれよりも泣きたいやつが
        おれのなかにいて
        自分の足首を自分の手で
        しっかりつかまえて
        はなさないのだ
        おれより泣きたいやつが
        おれのなかにいて
        涙をこぼすのは
        いつもおれだ

        以下略



        >> 続きを読む

        2015/04/02 by 空耳よ

      • コメント 8件
    • 他1人がレビュー登録、 2人が本棚登録しています

【飯吉光夫】(イイヨシミツオ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本