こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


池田健太郎

著者情報
著者名:池田健太郎
いけだけんたろう
イケダケンタロウ
生年~没年:1929~1979

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      オネーギン
      カテゴリー:
      5.0
      いいね!
      • とても面白かった。


        たぶん、この作品は、話の筋だけを書いても、ちっとも面白くない。


        この作品の混沌とした豊饒な文章の魅力は、実際にこの文章を読んでみないと、決してわからないのかもしれない。


        何年か前に、映画化されたものを見たのだけれど、どうもほとんど思い出せないことを考えると、あんまり印象に残らない映画だったのだと思う。
        この作品は、断然映画や映像より、文章で、本として読んだ方が良いような気がする。


        とても美しい自然の描写、不思議な、独白なのかなんなのかよくわからない心理描写の盛り上がり、詩なのか小説なのか戯曲なのか判然としない不思議な文体は、ちょっともはや真似のできない、不思議な魅力を醸し出している。


        そして、話の筋としては至極単純なはずなのに、心が掻き回され、掻き立てられる、不思議な作品である。


        この作品の主要登場人物の男性二人は、両方ともなんだか読んでて自分に似ているような、そんな気がした。


        そして、この作品の主要人物の女性二人の姉妹は、妹の方が、昔私が好きだった人に若干に似ている気がした。
        姉のヒロインの方に似た人を今度は探したいと思った。
        そして、もし見つけることができたら、オネーギンのような馬鹿なことはすまい、と思った。


        それにしても、このオネーギンの、すでに青春が過ぎ去ったということへの落胆や焦り、
        李賀の言葉を借りるならば、「二十歳にして心すでに朽つ」というデカダンな心情は、私も若干はよくわかる。
        馬鹿げた世間への侮蔑や退屈、若き日の遊蕩への悔いと飽きと倦怠。
        そうであればこそ、タチヤーナをきちんと愛していれば、オネーギンの魂も救われたかもしれないものを、なんとも人生というのは、厄介なもので、すれ違いがちなものだ。


        久し振りに良い文学作品を読んだ。


        それにしても、プーシキンはこの作品を七年かけて書いたという。
        私も七年ぐらいかけて、何か書き上げてみようかなぁ。
        >> 続きを読む

        2012/12/21 by atsushi

      • コメント 5件
    • 1人が本棚登録しています

【池田健太郎】(イケダケンタロウ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本