こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


池田廉

著者情報
著者名:池田廉
いけだきよし
イケダキヨシ
生年~没年:1928~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      君主論 新訳
      カテゴリー:政治学、政治思想
      5.0
      いいね!
      • 毎回マキャヴェリの「君主論」を読む時に感動させられ、何度となく今までにも読み返し、そのつど胸を打たれる箇所、「君主論」の中で一番好きなのは、以下の第二十五章の文章だ。


        もともとこの世のことは、運命と神の支配にまかされているのであって、たとえ人間がどんなに思慮を働かせても、この世の進路をなおすことはできない。いや、対策さえも立てようがない。と、こんなことを、昔も今も、多くの人が考えてきたので、わたしもそれを知らないわけではない。この見方によると、なにごとにつけて、汗水たらして苦労するほどのことはなく、宿命(さだめ)のままに、身をまかすのがよいことになる。
         とりわけ現代は、人間の思惑のまったくはずれる世相の激変を、日夜、見せつけられているから、この見解はいっそう受け入れやすい。そして、激動に思いをいたせば、ときには、わたしも彼らの意見にかなり傾く。
         しかしながら、われわれ人間の自由意思は奪われてはならないもので、かりに運命が人間活動の半分を、思いのままに裁定しえたとしても、少なくともあとの半分か、半分近くは、運命がわれわれの支配にまかせてくれているとみるのが本当だと、私は考えている。 
        運命の女神を、ひとつの破壊的な河川にたとえてみよう。川は怒り出すと、岸辺に氾濫し、樹木や建物をなぎ倒し、こちらの土を掘り返して、向こう側におく。だれもが奔流を見て逃げまどい、みなが抵抗のすべもなく、猛威に屈してしまう。河川とはこうした性質のものだが、それでも、平穏なときに、あらかじめ堰や堤防を築いて、備えておくことはできる。やがて増水しても、こんどは運河を通して流すようにする、いいかえれば激流のわがままかってをなだめて、被害を少なくすることができないわけではない。
         同じことは運命についてもいえる。運命は、まだ抵抗力がついていないところで、猛威をふるうもので、堤防や堰ができていない、阻止されないと見るところに、その矛先を向けてくる。
         こんにち、イタリアは世情の激変の拠点、ないし震源地であるが、このイタリアをあなたがたがよく観察すれば、ここは堤防もなければ堰もない野辺でしかないのに気づくだろう。つまり、イタリアに、ドイツやスペインやフランスのような、適切な力の備えがあったとしたら、この激流も、いま見るような大きな激変を引き起こしはしなかったろう。あるいは、そんな洪水にあわずにすんだかもしれない。

        (引用以上)

        これほどに胸を打つ、人間の尊厳と現実への闘いと責任感とを学ばされる文章も、めったにないと思う。

        また、マキャヴェリが、マルクス・アウレリウスとセプティミウス・セウェルスという二人の対照的なローマ皇帝の資質を、二つとも併せ持つことを勧めているということも印象深い。
        この二人の資質を併せ持つことが、この世のリーダーには求められるのかもしれない。

        また、チェーザレ・ボルジアに対するマキャヴェリの深い愛惜や哀悼も胸を打つ。
        特に、「君主論」のラストの章で、チェーザレについて、かつてイタリアに差した「一条の光」だったとマキャヴェリが述べているところは、深く胸を揺さぶられる。
        「君主論」は、見ようによっては、マキャヴェリがチェーザレの「一条の光」を無にしないため、忘却に任せないため、永遠に記憶にとどめ、生かすために書いたオマージュだったのかもしれない。

        世の中に、マルクス・アウレリウスとセウェルスの二人の資質を兼ね備えた人などいるのかと疑問にもなるけれど、ひょっとしたらチェーザレ・ボルジアはそうだったのかもしれない。

        いろんな細部に、読むたびにはっとさせられるところがある、本当に名著と思う。
        民主主義国家においては、有権者は皆それなりに本当は主権者としての力量や構えが要求されるのであれば、やはり「君主論」は全国民必読の書なのだと思う。
        >> 続きを読む

        2012/12/22 by atsushi

      • コメント 4件
    • 2人が本棚登録しています

【池田廉】(イケダキヨシ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚