こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


井上靖

著者情報
著者名:井上靖
いのうえやすし
イノウエヤスシ
生年~没年:1907~1991

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      額田女王
      カテゴリー:小説、物語
      4.7
      いいね!
      • 里中満知子の『天上の虹』もいいけれど、井上康の額田王の方が人物像がもっと好き!

        2017/03/15 by ふみえ

    • 他1人がレビュー登録、 3人が本棚登録しています
      孔子
      4.0
      いいね!
      • 三度目の挑戦で読みおわった。生涯を捧げてしまうほど尊敬し愛する孔子との出逢い方が面白かった。孔子の魅力が主人公を通して、興味深く描かれている。孔子が大切にしてきたことを庶民にも分かるように語ってくれる。コトバを大切に各自が誠実に生きる姿が描かれていて良かった。 >> 続きを読む

        2016/03/29 by つよぽよ

    • 他1人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています
      風林火山
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 苦手戦国時代に挑戦してみよう第2弾。
        (第1弾は「のぼうの城」でした)

        2007年大河ドラマの原作「風林火山」。
        この本の感想は難しい。
        というのも、武田家について詳しく書かれている本ではないからです。
        物語の中心は軍師山本勘助と信玄側室の由布姫、それに伴い武田信玄。勝頼も少し。
        勘助の姫への思慕の念が丁寧に描かれている反面、板垣信方、甘利虎泰ら武田家臣についてはあまり触れていません。
        越後の上杉謙信も同じく。
        高坂昌信は、最後の方で語り合うシーンがあったので覚えました。

        ストーリーはとてもシンプルだと思います。
        山本勘助が仕官し、川中島の戦いで戦死するまでが書かれています。
        なぜここまで由布姫に魅了されたのかわかりにくいのですが、彼女を前にすると、途端に勘助の人間らしさが見えてきます。
        由布姫とその子勝頼に、生涯を捧げる夢を見ているかのようでした。

        淡々と進んだストーリーも川中島の戦いは一変し、鮮やかで、ぐっと緊張感が高まります。
        静かで余韻の残るいいラストを迎えました。

        話は変わりますが大河ドラマ「風林火山」、毎週観てました。
        最後まで観た、数少ない大河ドラマです。
        この原作を元に、各登場人物を個性豊かに描いたとのことで。
        大河→原作だと、少し物足りなさを感じてしまうかもしれません。


        以上が(実は)8月に書いたレビューです。

        この「風林火山」、意外なところで副産物がありました。
        会社で読んでいたら、別の課の部長と話をするきっかけとなり、時代小説についてたくさん語り合いました。
        それだけでも嬉しかったのに最近になってまた声をかけられ、
        「以前話した宮城谷さんの本だけど、ダブっちゃって」
        と、間違えて買ってしまった本を頂いたのです!しかも4巻のみ。笑
        宮城谷さんは難しそうでもう少し先にと思っていましたが、いいきっかけとなりそうです。

        「湖底の城」伍子胥の話。
        楽しみです。
        >> 続きを読む

        2015/11/01 by あすか

      • コメント 6件
    • 6人が本棚登録しています
      蒼き狼
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 中学か高校生の時に読みました。急に思い出しました。

        2015/03/12 by breeze

    • 3人が本棚登録しています
      北の海
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • 書店の本棚を見ているときにふとタイトルがひっかかり、手に取ってみると井上靖氏の著書ということで、迷わず購入しました。

        40年程前の作品であり、描写される服などの身の回り品の中にはどんなものか分からないものもありましたが、登場人物達の繰り出す会話の応酬がなんとも爽快です。

        登場する半世紀前の高校生くらいの若者達の会話がこの本の中に出てくるようにされていたとすれば、なんとも機知に富んだ若者達がいた時代だったのだろうと思わざるを得ません。

        作中では柔道にまつわるやり取りが多く出てきます。ですが、本書は柔道に限らず、何かに一生懸命に打ち込む者たちに、そして未だ打ち込むものを探している者たちに、嫌味ではないさわやかな励ましを与えてくれる作品であると感じました。
        >> 続きを読む

        2015/05/10 by Jun2

      • コメント 3件
    • 3人が本棚登録しています
      風林火山 NHK大河ドラマ
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • (シリーズ4冊について)
        井上靖の原作を大河ドラマにしたもののノベライズ。
        本来の井上版は
        「仕官するためにあくどい手段でも平気で使う」
        というところに他の作品との差別化があると思うのですが
        そのあたりがマイルドになっているので
        原作を活かしきれていない感じがします。

        史実とは異なりますが、主人公が
        今川の花倉の乱
        北条の川越夜戦
        に参加しているので
        安土桃山以前の戦国時代を知りたい人には
        良いのかもしれません。
        >> 続きを読む

        2011/03/28 by RZ350

      • コメント 1件
    • 1人が本棚登録しています
      舞姫 現代語訳
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 5月の課題図書。
        原文に怯んだため、ひとまずちくま文庫の現代語訳から読むことにしました。
        あまりよく調べないで購入したため、原文も収録されているとは知らず。
        他の出版社から出ている短編集も同時購入してしまいました。失敗失敗。

        以下の通り、舞姫な一冊となっております。
        鴎外が星新一の、母方の大伯父にあたることを初めて知りました。

        ―――――――――――――――――――――――
        現代語訳 舞姫 井上靖 訳
        解説 山崎一穎
        舞姫 原文

        資料編
        資料・エリス 星新一
        兄の帰朝 小金井喜美子
        BERLIN 1888 前田愛
        ―――――――――――――――――――――――

        井上靖さんの現代語訳は原文の雰囲気のままで素晴らしかったと思います。
        しかしこの「舞姫」自体が、現代語にするまでもない話でした。
        最初から最後まで、こんなにも心に響いてこないなんて!
        豊太郎は肝心なところで何もしていないところに腹が立ちました。
        官を解かれたときに家を思い、自殺したのは母。
        エリスに全てを告げたのは相沢。
        豊太郎が目覚めたときには、すでに様々なことが終わっていたのだから。
        なんだかご都合主義すぎませんか?

        それでも訳と資料が良かったので★1つ追加し、★3でレビューします。
        >> 続きを読む

        2017/06/20 by あすか

      • コメント 30件
    • 1人が本棚登録しています

【井上靖】(イノウエヤスシ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本