こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


石井宏

著者情報
著者名:石井宏
いしいひろし
イシイヒロシ
生年~没年:1930~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      クラッシック音楽意外史 知っている嘘,知らない真実
      カテゴリー:音楽
      4.0
      いいね!
      • この本は、誰でも抱いているクラシック音楽の有り様について、現在の目で見ることの誤りを正すように書かれたものです。著者の石井宏さんは1930年生まれで東京大学美学科および仏文科を卒業し、音楽評論で鳴らした人のようです。アマチュア・オーケストラ「ユマニテ」を主宰し、本人もクラリネット奏者であるそうです。著書・訳書に「素顔のモーツァルト」(中公文庫)など多数。この本は1990年初版・東京書籍から出版されています。

         初めにど肝を抜かれる(どぎもをぬかれる)のは、ちょうどモーツァルトが端境期(はざかいき)であるようですが、18世紀の音楽界では、イタリアの権威が極めて大きく、そこで誕生したオペラとかアリアとかの声楽曲が第一義的に重要な音楽で、器楽曲はその陰の地位でしかなかったことです。例えばヘンデルなどは、イタリア留学をしたことをチャーム・ポイントにして、イギリスで「就職」するのです。

         だから、音楽で食って行きたいと思えば、声楽曲で名を成せばいいということになります。実際、イタリアのロッシーニは、たんまりオペラで稼ぎ、37歳で引退してしまい、悠々自適の生活を送ります。なにしろ、ステーキの焼き方に彼の考案したメニューが残っているくらいです。トゥールヌド・ロッシーニというそうです。

         さて、先ほど、モーツァルトの例を引きましたが、この本では彼についての記述がここに取り上げられた作曲家たちと比べ、圧倒的に多く、モーツァルトが7割、ベートーベンが2割、ショパンが1割といった感じで、シューベルトについても少々取り上げられていますが、ちょっと少ないのが残念ですね。

         そして、石井さんが取り上げるモーツァルトですが、これは、小林秀雄のエッセイ「モオツアルト」ばかりが正しいモーツァルト像ではないことが多々挙げられています。たとえば彼の自筆楽譜は修正のあとひとつなかった、というのはウソで、幾らかはあったというあたり。

         モーツァルトは、早熟の天才で「神童」ともよばれたのは周知の事実で、その点はその通りなのですが、彼でさえ、同時代の作曲家と同様な制約のもとで悪戦苦闘するのですね。当時の音楽家は、掃除夫、調理人とならんで、有力者の下僕でしかなかったのです。

        この点、子供のころ、パリに演奏旅行して喝采を受けたモーツァルト、そのときの熱狂が10歳まえの子供が演奏するということにのみ与えられたものだったということがわからなかったようで、ザルツブルグの大司教(実際には領主)と衝突してウィーンに出てきて、「フィガロの結婚」「ドン・ジョヴァンニ」「コシ・ファン・トゥッテ」などのオペラ曲を作曲します。そして、彼の音楽は、声楽的なのだそうです。(実際に歌いやすい。ベートーヴェンの場合は歌いにくいそうで・・・)

         また、「シンフォニー」を72曲書きます。・・・「え、モーツァルトのシンフォニーは41曲までではなかったか?」と考えたひと、もっともです。ただ、彼の時代には、現在の画然とした「シンフォニー:交響曲」の概念はなく、ソナタとか協奏曲もシンフォニーにと、ごっちゃに分類されていたということです。

         モーツァルトは、宮廷付音楽家にも僧院付音楽家にもなかなかなれず、諸国を渡り歩きピアノの演奏で日銭を稼ぐ、ということもやっています。18世紀当時の音楽家の地位の低さを物語るお話です。天才としての自己規定が彼を支えていたのではないか、と思います。

        最後に:モーツァルトには、現代音楽としか思えないような曲があるそうです。これこそ、天才の証し?
        >> 続きを読む

        2013/05/28 by iirei

      • コメント 10件
    • 1人が本棚登録しています

【石井宏】(イシイヒロシ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本

口入れ屋おふく昨日みた夢