こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


岩崎ちひろ

著者情報
著者名:岩崎ちひろ
いわさきちひろ
イワサキチヒロ
生年~没年:1918~1974

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      窓ぎわのトットちゃん
      4.5
      いいね!
      • すっごい良かったです。

        私が説明するまでもなく有名な本ですが、トットちゃんが小学校時代を過ごしたトモエ学園での実際にあったお話です。

        トモエ学園の校長先生である小林先生と、そこで伸び伸びと過ごす子供たちの様子、そのあたたかさに、読者を泣かせようという本では全くないにも関わらず、ドラマティックというエピソードではないにも関わらず、何度も涙ぐみながら読みました。

        最初に通った小学校を退学になり、最初にトモエ学園を訪れ、一般的には校長先生と面談といったシーンで、小林先生はとても近い位置に向かい合ってトットちゃんと向き合って座り「さあ、なんでも、先生に話してごらん。話したいこと、全部」と言います。そして4時間トットちゃんが話し続けて、話がなくなった時、トットちゃんの頭に暖かい手を置いて「じゃ、これで、君はこの学校の生徒だよ」と。

        子供の話を子供が話したいだけ、こんなにちゃんと聞いて上げられる大人ってどれだけいるでしょうか。今の私はできていないけど、でも出来る限り、こんな風な大人でありたいと感じました。

        他のエピソードでも、これは小林先生ではありませんが、大人の人が腰をかがめてトットちゃんの手をとって、とてもトットちゃんを大切な人のように見てから「サンキュー」と言った、というお話も出てきます。「子供」という風ではなく、大人の女の人のように扱ってくれたと。

        ついつい、子供を子供扱いしてしまうことがありますが、子供って私たちが思っている以上にわかっているし、大人を良く見ているし、子供扱いされていることももちろんわかっているんですよね。私が子供の頃どうだったかを思い出すと、やっぱり子供だと思ってそういう扱いをした人、そうではなく大切に扱ってくれた人というのは鮮明に覚えているものです。

        この本は別に育児書とかではないのですが、色々心に刺さるものがあり、そして全体的にとてもあたたかく、本当に良い読書をしたと思いました。

        図書館で借りたんですが、手元に置いておきたいな…。
        >> 続きを読む

        2019/09/13 by chao

    • 4人が本棚登録しています
      井上ひさしの子どもにつたえる日本国憲法
      カテゴリー:憲法
      5.0
      いいね!
      • この絵本は、井上ひさしさんが、日本国憲法の前文と第九条を、とてもわかりやすい言葉で子供向けに書き直した文章に、いわさきちひろさんが絵をつけたものである。

        たとえば、前文の意訳の中では、

        「今度の戦で
        つらく悲しくみじめな目にあった私たちは
        子どもや孫たちと
        のびのびとおだやかに生きることが
        ほかのなによりも
        大切であると信じるようになった」

        ということが述べられる。

        たしかに、このような思いや願いで戦後は始まったんだろうなぁと、あらためてしみじみと思った。

        この井上ひさしさんの憲法前文と九条の意訳は、以下のサイトにも載っている。http://www.toyamav.net/~fc9/sPDF/29-6.pdf


        最近は、憲法をとりあえず変えようという主張が政治家にも国民にも浸透しつつあるようである。
        その是非は別にして、護憲派だろうと改憲派だろうと、どちらであっても、子どものみならず、ぜひ大人も、この本を一読すべきだと、読んで思った。

        というのは、変える前に何が本当に書かれていて、どのような願いに基づいてこの憲法がつくられ維持されてきたか、今の日本の場合、子どものみならず、大人にもどれだけきちんと知っている人がいるか甚だ疑問だからである。

        私自身、どこまでわかっていたか、わかっているか。
        井上さんのように、身をもってあの時代を生きた人の言葉には、まずは耳を傾けるべきだろう。

        著者の井上さんは、この本で、昭和二十年の日本人の男性の平均寿命は23.9歳だったということを述べる。
        そして、戦地での戦死者の三分の二は餓死者だったことも述べる。

        憲法とは「この国のかたち」。
        個人の尊重とは、「この世に生れたひとりひとりが自分であることを尊んで、自分が自分でなくなることをおそれること」。

        私たちは、あの時にどのような「この国のかたち」を願ったのか。
        そして、今、願っているのか。

        そのことをきちんと考えるためには、まずは本当に憲法に何が書かれているのか、わかりやすい言葉に置き換え、明晰に把握することこそが、変えるにしろ変えないにしろ、大切なのだと思う。

        井上さん自身は明確に護憲の立場に立つ人であり、そのことはこの本でも包み隠さず率直に語ってある。
        そして、なぜそう思うのかも、自身の体験や思いを語っている。

        それをそのとおりと思うかどうかは、もちろん各自の自由である。
        しかし、賛同するにしろ、拒絶にしろ、部分的に賛成し部分的に修正するにしろ、まずは耳を傾けることが、何事も大切なのだと思う。

        ぜひ大人も子どももすぐに読めるので、一度は読んで欲しい本だと思う。
        >> 続きを読む

        2013/04/07 by atsushi

      • コメント 6件
    • 2人が本棚登録しています

【岩崎ちひろ】(イワサキチヒロ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本