こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


岩田靖夫

著者情報
著者名:岩田靖夫
いわたやすお
イワタヤスオ
生年~没年:1932~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      ヨーロッパ思想入門
      カテゴリー:西洋哲学
      4.0
      いいね!
      • ギリシアの思想とヘブライの信仰(ユダヤ教・キリスト教)を源泉として、ヨーロッパ思想の流れが語られます。

        3部構成で、1部がギリシアの思想、2部がヘブライの信仰、そして3部がヨーロッパ哲学の歩みとなっており、3部では中世から現代までを一気に駆け抜けます。

        この3部がめちゃくちゃ難しい(笑)。

        しかし、飲みこみの悪い私でも、現代哲学がギリシアの思想とヘブライの信仰の礎石の上にあるということだけはかろうじて理解することができ、目から鱗でした。
        恐らく私たちの思考にも影響があるのではないでしょうか。


        印象に残っているのはイエスの有名な説教について書かれているところ。
        自分を愛してくれる人を愛したり、自分をよくしてくれる人によくするのは、善意ではない。そんなことは罪人でもしている。
        お返しを何も期待せずに、善いことをするのが「敵を愛せ」の意味だそうです。

        3部の最後に、レヴィナスの思想の背景にはこういったヘブライ信仰があると。
        彼の著作をぜひ読んでみたいと思いました。

        ちなみに、巻末の読書案内には、『倫理と無限』がレヴィナス哲学へのもっともやさしい入り口として紹介されています。
        >> 続きを読む

        2014/11/04 by でま!

      • コメント 2件
    • 他1人がレビュー登録、 3人が本棚登録しています

【岩田靖夫】(イワタヤスオ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本