こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


海音寺潮五郎

著者情報
著者名:海音寺潮五郎
かいおんじちょうごろう
カイオンジチョウゴロウ
生年~没年:1901~1977

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      日本歴史を点検する
      4.0
      いいね!
      • 司馬氏が、明治時代の外務大臣であった小村寿太郎の「日本は国会によってつぶれる。なぜなら国会が開かれるや、政党は党利党略のみで、政党などというのは西洋では根のある存在だが、日本の政党はフィクションなんだ。フィクションが国家の運命を握っている。」という内容を引用されていますが、これは非常に含蓄のある内容だと思います。小村の時代から100年以上も経過しているのに、「政党は党利党略のみ」という現在の政治情勢は全く変わっていない…ことに愕然とする思いがします。
        また、「日本人の性格形成に、日本には地震、台風等、天災地変がひんぴんとしてあるということが大きく影響している。つまり、天災地変のように人間の力ではどうしようもない不愉快なことは早く忘れるよりよい方法はないのですから、こくよくよしてもしかたがない、新しくやり直そうというので、日本人は淡泊で楽天的な性質になった…。ただ、楽天的な性質は良いのですが、反面あまりにも地震・台風等の天災地変が多いので、『健忘症』にもなった。その証拠に関東大震災だって、第二次世界大戦の多大な犠牲や被害だって、きれいに忘れて、前以上に無防備な東京をつくり出している…たった一度の大火災にこりて、ロンドンを石造建築化した英国人とは大ちがいですよ。」という海音寺氏の話等も非常に面白いです。
        >> 続きを読む

        2011/08/05 by toshi

    • 1人が本棚登録しています
      真田幸村
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 真田ものを読みたくて読んだのに、
        未完だった。残念。
        真田丸まで話が進まなかった。

        2016/02/04 by なおみ

    • 1人が本棚登録しています
      絆
      カテゴリー:叢書、全集、選集
      いいね!
      • 2も面白かったー。
        収録作品は、海音寺潮五郎の「善助と万助」、延原謙訳 コナン・ドイルの「五十年後」、山本周五郎の「山椿」。
        “絆”というタイトルだけあって、義兄弟、恋人、夫婦に従姉妹に部下…と、いろいろな繋がりが描かれていて、それぞれのお話が感動的でした。
        1に比べて格段に読みやすい気がしたのは、書かれた時代の違いのせいですかね?
        >> 続きを読む

        2014/07/26 by koh

      • コメント 3件
    • 2人が本棚登録しています

【海音寺潮五郎】(カイオンジチョウゴロウ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚