こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


片岡義男

著者情報
著者名:片岡義男
かたおかよしお
カタオカヨシオ
生年~没年:1940~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      缶ビールのロマンス
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 片岡義男にハマった最初の作品。やたらとビールにのめり込んだのが懐かしい。

        2011/03/29 by yasuo

    • 3人が本棚登録しています
      メイン・テーマ
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 映画化された作品。

        2011/03/29 by yasuo

    • 3人が本棚登録しています
      メイン・テーマ
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 映画化された作品。

        2011/03/29 by yasuo

    • 2人が本棚登録しています
      メイン・テーマ
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 映画化された作品。そりゃないでしょー的な場面があるが、先生なら許す。片岡先生は構想があって12巻くらいまで書くと言っていたが、結局3で終わってる。話は続いてますが・・ >> 続きを読む

        2011/03/29 by yasuo

    • 3人が本棚登録しています
      嘘はほんのり赤い
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 片岡ワールドを切り取った短編8編。

        片岡氏作品は内容というより雰囲気を楽しむものだと考えており満足できた。

        本作品のせいでは全く無いのだが、全くの偶然で手に取った。
        大量に文庫本を読むため、ほとんどの書籍をブックオフの100円均一コーナーで入手しているのだが、本作品はカバーと中身が違っており、別の作品を買ったつもりで手元に届いたわけである。
        (ちなみにカバーは「堤義明は語る」だった。)

        とはいえ、これも貴重な何かの縁。
        ある意味で新鮮な気持ちで手に取った。

        片岡氏作品は、作品の内容よりも読後の余韻みたいなものを味わうものだと思っているが、本作品も絶妙の余韻がある。

        最も印象に残ったのは「泣くには明るすぎる」だった。

        幾ら100円とは言え、ブックオフの怠慢を責めたい。
        >> 続きを読む

        2012/05/11 by ice

      • コメント 3件
    • 1人が本棚登録しています
      ナポリへの道
      4.0
      いいね!
      • 片岡義男によるナポリへ続く旅をつづった紀行文、では全くないところがお薦め。

        2011/04/19 by hirokoshi

      • コメント 1件
    • 2人が本棚登録しています

【片岡義男】(カタオカヨシオ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本

貴婦人の条件 (ハーレクイン文庫)