こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


加藤尚武

著者情報
著者名:加藤尚武
かとうひさたけ
カトウヒサタケ
生年~没年:1937~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      脳死・クロ-ン・遺伝子治療 バイオエシックスの練習問題
      カテゴリー:医学
      5.0
      いいね!
      •  哲学の授業の課題「健康であることは美しいことか?」という遺伝子工学、堕胎、障害についての小論文の参考文献として読んだ。以下に、気になった部分を書き記す。

        ・医療とは異常な状態を正常な状態にして初めて正当なものとされるが、果たして正常とは何なのか?―p.25
        ・異常とは、変動するものである。ミシェル・フーコーの記述に近いものがある―p.98
        ・「正常と異常の差異は客観的ではない」。たとえ異常だとしてもそれは生存権の否定にはならない。必要なのは、正常でないなら排除しても良いという偏見である。―p.99
        ・ハンス・ヨナスの影響でドイツ憲法は「人間性に背く行為をしてはならないとして」遺伝子操作を禁じていた。
        ・ヒトゲノム解析によって―p.198
         ①治療法のない遺伝病の保因者であると告知される悲劇が起こる
         ②人種的に優秀であるものとそうでないものが区別され、人種差別が正当化される
         ③雇用、就職、結婚、保険の加入について新たな差別の問題が発生する
         ④優生主義を加速させる
        といった問題が起こる。―p.204
        >> 続きを読む

        2017/07/05 by shinshi

    • 2人が本棚登録しています

【加藤尚武】(カトウヒサタケ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本