こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


桂三枝

著者情報
著者名:桂三枝
かつらさんし
カツラサンシ
生年~没年:1943~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      師匠、五代目文枝へ
      カテゴリー:大衆演芸
      4.0
      いいね!
      • 落語会にて、三千円で高かったですが、三枝さんのサイン入りなので、購入。

        早くから売れて、内弟子時代も少なく、師匠のことは知らなすぎるし、親密という言葉も使えないと。
        売れれば売れるほど遠のく、師匠と弟子。後ろめたさと感じる弟子、扱いかねる師匠。
        古典がうまくいかず、自然と創作の道へと、相談すれば「好きにやったらええやないか」と言われるのは分かっていたが、
        直接聴いたわけでもない。

        自分自身が知らな過ぎる溝を、五代目文枝を、弟弟子とのインタビューで埋めようとする。

        最初は、三枝さんの得意の聞き役に徹した、「文枝の弟子、いらっしゃい」で、あまり興味は湧かなかったのですが、
        トリを締める文珍さんとの芸に対する話は面白く、「しっかり、うっかり、ちゃっかり」の三人も
        外から思う以上に結束は強そう。

        読み通すと、文枝師匠の、多種多彩に自由に個性を持って育て上げた、懐の深さを感じる。
        師匠は、細かいテクニックを説明するのが苦手で、名コーチではなく、
        細かいことは言わず、根っこの部分だけいうと落合型監督だと。

        三枝、きん枝、文珍、文太、小軽、文福、文喬、文也、小枝、枝女太、枝光、あやめ、坊枝、文昇、枝曾丸、文華、こけ枝、文三、かい枝、阿か枝。
        が、五代目文枝を語り、六代目を全員で支える、一門にとって大事な襲名でおますな。
        >> 続きを読む

        2013/06/24 by ごまめ

      • コメント 7件
    • 1人が本棚登録しています

【桂三枝】(カツラサンシ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚