こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


工藤精一郎

著者情報
著者名:工藤精一郎
くどうせいいちろう
クドウセイイチロウ
生年~没年:1922~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      罪と罰
      カテゴリー:小説、物語
      4.5
      いいね! tomato charo
      • 読んでいる期間、自分も誰かに追われているような錯覚に陥った。


        >> 続きを読む

        2016/11/04 by charo

    • 他1人がレビュー登録、 19人が本棚登録しています
      未成年
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • ヴェルシーロフ公爵の私生児、アルカージィの自伝のような描写。

        一部では、アルカージィの生い立ちから理想への追及が描かれてます。
        アルカージィの理想。
        それは、ロスチャイルドになること。
        貧しきながら富豪なり。
        ホームレスになり、パンと水だけで暮らしながら金を乞う。
        莫大な金額を残して死んでいくのが、彼の理想であり、また試験的に実践する。
        実践により、その意志はより固くなり、第二部へ。

        挫折と堕落を味わうアルカージィ。
        理想は甘美な誘惑に呑まれ、意志が崩れ落ちるも、理想への肥やしで流れ落ちる。
        父性愛が一部では求められ、二部では手に入れたアルカージィは、ほとんどこれを理由に堕落してゆく。

        妹のリーザが、敵の男に凌辱され、前からあった決闘の約束がより間近になる。

        当時のロシア情勢のこと、思想の為に命を絶ったり、凌辱のために命をを絶つといった、殺伐とした、階級の差が激しい様が描写されています。

        色々と勉強にもなるところが良い。
        >> 続きを読む

        2016/06/16 by 扉の向こう

      • コメント 2件
    • 3人が本棚登録しています
      戦争と平和
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • 『戦争と平和』[全四冊](トルストイ/工藤精一郎訳)<新潮文庫> 読了です。

        充実した読書時間を過ごすことができた! というのが第一感です。

        今年の「年越本」に選んだのですが、読み終わったのが結局今になりました。 :-)

        ロシアの長編小説というと、何だか難解で退屈なイメージもありますが、この作品は全く違います。
        多彩な登場人物と次々と起こる出来事で書面が埋め尽くされており、非常に濃密な作品で、全く飽きることがありません。

        登場人物が多いのがややネックではありますが、
        ・誰と誰が兄弟/姉妹なのか。
        ・誰が誰の息子/娘なのか。
        ・誰と誰が一緒に住んでいるのか。
        ・誰と誰が友達なのか。
        といったところに留意して読んでいれば、普通に読んでいても理解できる人間関係になっています。
        また、物語の構成に直接関わっている重要な人物はそれほどいませんし、だんだん明らかになってきます。

        一人の人物を表現する(呼ぶ)方法はいくつもあって、そこは混乱するかもしれません。
        例えば、
        「マリヤ・ニコラーエヴナ・ボルコンスカヤ」
        という人物がいます。
        「マリヤ」が名前、「ニコラーエヴナ」が「ニコライの娘」という意味、「ボルコンスカヤ」が姓です。
        彼女は「マリヤ」と呼ばれたり、「マリヤ・ニコラーエヴナ」と呼ばれたり、「公爵令嬢マリヤ」「ボルコンスキイ公爵令嬢」と呼ばれたり、単に「公爵令嬢」と呼ばれたりします。
        しかも、「マリイ」「マーシャ」などの愛称で呼ばれることもあります。
        こんな風に、一人の人物をいろんな方法で表すことを知っていれば、大体問題ないと思います。
        # なお、女性と男性とでは少し呼び方が異なります。
        # 「アンドレイ・ニコラーエヴィチ・ボルコンスキイ」は彼女の兄ですが、
        # ごらんのとおり、「ニコライの息子」という言い方や姓が妹と異なります。

        とにかく、ロシア人の名前に関する少しの知識と注意力さえあれば、全く問題なく読める作品です。
        ぜひとも、この読書体験をみなさんにも味わって欲しいです。
        >> 続きを読む

        2016/02/04 by IKUNO

      • コメント 13件
    • 1人が本棚登録しています

【工藤精一郎】(クドウセイイチロウ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本

赤めだか (扶桑社文庫)