こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


丸野内棣

著者情報
著者名:丸野内棣
まるのうちとおる
マルノウチトオル
生年~没年:1940~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      ミツバチの世界 個を超えた驚きの行動を解く
      カテゴリー:昆虫類
      5.0
      いいね!
      • ミツバチは、思った以上に、働きものだった。
        ミツバチの巣は、よく「はちみつ」にイラストで描かれている。
        よく知られた形だ。

        ハチの巣にも、沢山のヒミツがある。
        女王バチになるための、子ハチの巣穴は、やや大きいそうだ。
        やや大きい巣穴にだけ、ローヤルゼリーが、与えられる。

        これも、おどろきだった。
        ほかの、巣穴は、普通の蜜が与えられる。
        普通の巣穴からは、働きバチが生まれる。

        働きバチの、仕事の役割分担の話も、興味ふかい。
        私は、ローヤルゼリーについてだけ、知りたくて、この本を読んだ。
        でも、最後は、ハチの不思議なことについて、もっとよくしりたくなってしまった。

        この本は、養蜂家の話や、研究者の実験に基づいたものだ。
        専門的なむずかしいさも、あったけど、十分理解できて、おもしろかった。
        >> 続きを読む

        2015/08/19 by mmayu

      • コメント 2件
    • 1人が本棚登録しています

【丸野内棣】(マルノウチトオル) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本

闇の底