こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


松本一男

著者情報
著者名:松本一男
まつもとかずお
マツモトカズオ
生年~没年:1925~2001

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      中国の思想
      カテゴリー:中国思想、中国哲学
      4.0
      いいね!
      • 管子は、古代中国の諸子百家の一人だけれど、非常に現実的で、とても面白かった。

        心にのこった言葉は、

        「曙戒勿怠」

        (曙に怠るなかれと戒めよ)

        という言葉。

        毎朝起きては、国家の安泰や繁栄、人民の生活に心を配り、心を砕いていた管子の様子が彷彿とされるし、管子自身の自戒の言葉だったのだろう。

        管子は、とても現実的で、

        「財、天下を蓋わざれば、天下を正す能わず」

        と、いかに理想や信念があろうとも、それを実現するための物質的条件がなければ何もできないというリアルな認識がある。

        そのために、市場の需給バランスを図ったり、さまざまな施策による富国を目指している。
        単なる精神論ばかりになりがちの儒教に比べると、管子の方がはるかに経済や富国のための実際的な知恵や工夫の精神に満ちていると言えよう。

        管子は、政治の要諦は、「人民の願いを察してかなえることにある」(在順民心)とし、庶民の苦労を除き、生活を豊かにし、安全を図り、繁栄を図ることを提言する。

        苦労を除き、生活を豊かにし、安全を図り、繁栄を図ること。
        たしかにこの四つを政治がきちんとできていれば、国民はおのずとその国を愛し、政府を信頼するだろうし、逆であればいかに美辞麗句を重ねようともそうはならないかもしれない。
        精神論やスローガンよりは、まずこの具体的な施策こそ、本当に管子の時代から今に至るまで必要なことだろう。

        「愛之、利之、益之、安之」

        ((国民を)愛し、利し、益し、安んじる)

        ことこそ、最も大事だという管子の思想は、今でもあらためて胸に刻むべきことのように思う。

        法令重視の発想も、空理空論の儒教よりはよほど実際的である。

        「経臣、経俗、経産」、
        つまりまっとうな人材とまっとうな生活スタイルとまっとうな産業があってこそ国は成り立ち、この三つがなければ亡国だというのも、なるほどなーっと思った。

        国にとって最も根本的に大事な精神を四つ、「四維」として、礼・義・廉・恥の四つを挙げているけれど、この四つも、本当に大事なものだと思う。
        一方で法令を重視しながら、こうした精神・道徳も重視しているところが、管子のバランスがとれていて面白いところかもしれない。

        人のめざすべきこととして、「長年・長心・長徳」、つまり、健康や寿命を伸ばし、心を広げ伸ばし、徳を広げ伸ばす、という三つをあげているのも、なるほどと思った。

        管子は、現代人にもいろんな示唆を与えてくれるとても面白い賢者の書物だと思う。

        あと、個人的に面白かったのは、「不牧の民」という言葉だった。
        管子自身は、この「不牧の民」を悪い言葉として使っている。
        管子の理想としては、本当の政治は「牧民」で、よい羊飼いや牛飼いが牧場の牛馬を飼育するように、きちんと国民を世話できる役人が良いということで、その世話に素直に従わない不逞の輩が「不牧の民」ということなのだと思う。

        ただ、管子の政治理想の良し悪しはとりあえず置くとして、あんまり政治権力に飼いならされた人間ばかりになれば、それはそれで問題だろう。
        良き牧民官をめざす人も世の中には必要かもしれないが、一方で独立不羈の「不牧の民」がいくばくかいる方が、社会や時代は元気かもしれない。

        たぶん、春秋戦国は、一方では管子や晏子のようなすぐれた牧民官がいた一方で、決して飼いならされない墨子や侠客の人々がいたから、あれほど思想も文化も活況を呈したのだろう。

        その後の中国が、空理空論ばかりの儒者になり、管子のような大政治家も乏しく、「不牧の民」も乏しくなったことを考えると、管子や墨子は、後世、やっと今こそ、あらためて注目されて、読み直されるべき本かもしれない。
        >> 続きを読む

        2012/12/22 by atsushi

    • 1人が本棚登録しています
      諸葛孔明に学ぶ
      カテゴリー:個人伝記
      3.0
      いいね!
      • 孔明を例に社会を見る。
        リーダーとしての振る舞い
        部下に対する接し方等
        会社にまつわる話が多く
        かなり前の本だからか、松下幸之助がよくでてくる。
        >> 続きを読む

        2015/09/01 by トマズン

    • 1人が本棚登録しています
      「三国志」この人間的魅力をみよ!
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 三国志登場人物の分析。

        タイトル通り、確かに三国志は登場人物それぞれが魅力的な作品としては稀有なものかもしれない。

        劉備、曹操、孫権。諸葛亮、呂布。一線級のキャラクターは当然としても、あげればきりがないほど、魅力溢れるキャラクターの宝庫で有る三国志を味わい尽くす。

        基本的には、魏呉蜀の三国について、それぞれ曹操、孫権、劉備周辺を掘り下げる形。
        やはり圧巻なのは曹操。劉備や孫権は配下武将とセットで偉大な気がするが、曹操の場合、彼個人で既に偉大な気がした。

        おそらく強烈なリーダーシップがその原因だと思う。
        部下に諮ることは彼も得意としていたようだが、何かを決定する場面をイメージした際、曹操が一番ぴったり来る。
        彼個人も強かったことから、方針を決定するだけでなく、自ら戦地に赴いて、現場で遂行する能力を併せ持っていたのも大きいように思う。

        三国志ファンの中で、今の自分は三国志の武将で言うと誰的なトークをすると本当に楽しい。
        そして、読者それぞれの中に、それぞれの三国志ワールドが存在することに驚く。

        憧れの人物になったつもりで思考すると意外と成長できる要素が簡単に見つかる。
        >> 続きを読む

        2011/10/22 by ice

    • 1人が本棚登録しています

【松本一男】(マツモトカズオ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚