こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


松本清張

著者情報
著者名:松本清張
まつもとせいちょう
マツモトセイチョウ
生年~没年:1909~1992

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      点と線
      カテゴリー:小説、物語
      3.6
      いいね!
      • 昔読んだ「点と線」、有名な東京駅の4分間の見通し。一体どんな話だったのだろう。
        書店で見かけて、薄い本だし読み直してみるのもいいかなと思った。
        博多の志賀島には数年前に行ったがそこが舞台だったのかと感慨も深かった。

        志賀島の手前で発見された心中死体、料亭で働くお時と、汚職事件で摘発された政府役人、課長補佐の佐山。

        心中というには少し不審な点が感じられた、東京駅で目撃された二人連れなら食堂車の領収書が「お一人様」となっていたのはなぜだろう。佐山は一人で旅館に泊まり、5日後に女性の電話で出かけてそのまま死んだ。

        二人連れを見かけた人は、女性が「ずいぶん寂しいところね」と言っていたという。

        古参の鳥飼刑事は状況を確かめようと足で調べ始める。
        東京から知能犯捜査係り警視庁捜査二課の三原警部補がやってくるが、古参刑事の勘と執念も生きている。
        そして、この事件は三原警部補の捜査に移る。
        三原は4分間の目撃者について調べを進める。あまりにこの偶然の出来事は出来すぎではないか。
        しかし事件当日の目撃者安田は、北海道にいたという鉄壁のアリバイがあった。しかし病弱な安田の妻の随筆から彼女は 「時刻表」の愛読者であることが明らかになり、疑惑が深まっていく。

        この時代は、まだ時刻表を見ていた、今よりは旅の実感も深かったし距離感もあった。時刻表の謎ときもこの頃はあった。

        ワンタッチで発着時間を調べホテルの予約が出来る今の旅は、ミステリもスピードアップされ、作品の形も変わってきた。
        時代を反映した社会派の作品も時の流れを感じるようになった。

        松本清張のスタート時点の短編作品「ある小倉日記伝」「西郷札」は今でも変わらずに面白い。
        「点と線」の心理描写のすばらしさは時代を超えているが、もう一方で双璧をなす「砂の器」は哀切さが極まる名作だ。


        「点と線」ビートたけし主演のドラマは当時を再現したもので、重厚な雰囲気がある作品だった。
        >> 続きを読む

        2014/11/25 by 空耳よ

      • コメント 8件
    • 他3人がレビュー登録、 23人が本棚登録しています
      黒い画集
      カテゴリー:小説、物語
      4.5
      いいね!
      • この松本清張の短編集の「黒い画集」は、当時の「週刊朝日」に連載され、"読み切り連作"という推理小説の新しい形式を切り開いた画期的な作品だと思う。

        この短編集には、松本清張の短編推理小説の粒ぞろいの秀作七編が収録されています。殺人容疑者の無実を立証出来る目撃者の立場にありながら、自分の秘密を守るために、その事実を否定し続ける男を描いた「証言」、真面目な小売店主が若い女に入れ上げて破滅し、遂には殺意を抱くまでの経緯を丹念に描いた「坂道の家」、同期入行の上役に愛人を奪われた銀行の支店長が、最後の賭けに出る「寒流」、山岳ミステリーの傑作「遭難」、その他にも「凶器」「紐」、そして今回レビューするのは、三村晴彦監督によって映画化もされた、私の大好きな「天城越え」です。

        この「天城越え」は、川端康成の初期の名作「伊豆の踊子」と同じ天城峠を舞台に、ひとりの少年の暗い情念が生んだ犯罪を、詩情豊かに描いた短編推理小説の秀作であり、松本清張が初めて自分の文学的な旗幟を鮮明にした重要な作品ではないかと思っています。

        静岡県の中都市で印刷業を営む「私」は、県警刑事部嘱託の田島老人から、「刑事捜査参考資料」という冊子の印刷を依頼される。そこには30年前、当時16歳の私が関わった「土工殺し」の捜査経過が詳細に記されていた。

        下田の鍛冶屋の息子に生まれた私は、口やかましい母親に反発して家を飛び出し、静岡にいる兄を頼って天城峠を越えようとしていた。しかし、疲労と不安のために諦めて家に引き返す途中、修善寺の花街から足抜けをして来た酌婦、大塚ハナと道連れになる。ハナは前方を行く土工の姿を認めると、私を先に行かせて土工に言い寄っていった。

        後日、天城トンネル下の本谷川で土工の死体が発見され、所持金が奪われていた。私も警察に事情を聞かれたが、深く疑われることはなかった。やがてハナが容疑者として逮捕されたが、証拠不十分でまもなく釈放され、事件はそのまま風化した。だが、当時この事件を担当した田島老人は、私にそれとなく犯人はわかっているとほのめかす----。

        この作品が川端康成の「伊豆の踊子」を意識して書かれていることは、冒頭の一節からも明らかだ。

        《私が、はじめて天城を越えたのは三十数年昔になる。「私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出かけて四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊まり、湯ヶ島温泉に二夜泊まり、そして朴歯の高下駄で天城を登ってきたのだった」というのは川端康成氏の名作「伊豆の踊子」の一節だが、これは大正十五年に書かれたそうで、このころに私も天城を越えた。違うのは、私が高等学校の学生ではなく、十六歳の鍛冶屋の伜であり、この小説とは逆に下田街道から天城峠を歩いて、湯ヶ島、修善寺に出たのであった。そして朴歯の高下駄ではなく、裸足であった。なぜ、裸足で歩いたか、というのはあとで説明する。むろん、袴はつけていないが、私も紺飛白を着ていた》

        「伊豆の踊子」の語り手の「私」は、若き日の作者自身を思わせる旧制高校生だが、「天城越え」の「私」は作者と似ても似つかぬ静岡の印刷業者の伜だ。つまり、この作品はどのような意味でも「私小説」ではありえない。にもかかわらず、あるいはむしろそれゆえに、ここには当時「純文学」文壇の大御所的な存在だった川端康成に対する、松本清張の強烈な対抗意識がかなりストレートに表現されていると思う。

        例えば時代設定だ。この作品には「伊豆の踊子」と同じ時代に時制を設定する必然性はなく、殺人事件の時効が完成する15年以上昔であれば、いつでもよかったはずである。松本清張は、それを敢えて"ちょうど、このころ"に時制を設定した上で、今度は彼我の違いをひとつずつ数え上げていくのだ。

        「彼」が"高等学校の学生"だったのに対して、「私」は"十六歳の鍛冶屋の伜"であり、彼が修善寺から天城を越えて下田へ向ったのに対して、私は逆に下田から湯ヶ島、修善寺へ向っていた。彼が"朴歯の高下駄"をはいていたのに対して、私は"裸足"だった。共通点は二人とも"紺飛白"を着ていたことだが、彼がその下に袴をはいていたのに対して、私は着流しだった----。

        恐らく、ここに松本清張の学歴コンプレックスの根があり、"清張文学"の根幹があると思うのです。この作品における"朴歯の高下駄"と"裸足"の対比には、「伊豆の踊子」の作者に対する松本清張の反撥と批判が含まれているような気がするのです。

        語り手に即して言えば、親がかりの学生の分際で踊り子の一家を憐み、いっぱしの庇護者を気どるエリートの思い上がりを、"鍛冶屋の伜"は許すことが出来なかったのだろうと思う。

        「伊豆の踊子」の「私」は、峠の茶屋で五十銭銀貨を一枚、茶代として置いてくる。一方、「天城越え」の土工殺しを引き起こしたのは、たった一枚の五十銭銀貨だった。そして「天城越え」の「私」が家出の際に"全財産"として帯に巻き付けていたのは、わずか十六銭にすぎなかった。

        この金額が意味するものは、単なる貧富の差ではないと思う。それは、いわば"身分と階級の格差"なのだと思う。つまり、ここで松本清張が描き出したのは、昭和初期のプロレタリア文学が企画して果たせなかった、「階級的視点による現実社会の描写」だと思うのです。

        考えてみれば、松本清張は、その初期において、まず江戸川乱歩に代表されるトリック主体の"探偵小説"を、"お化け屋敷の掛小屋"として斬り捨て、動機重視の社会派ミステリーの地平を切り開き、返す刀で川端康成、三島由紀夫に代表される"純文学"に斬りかかる。そういう意味から「天城越え」こそは、高踏的かつ独善的な日本の"純文学"に突き付けた挑戦状に他ならないと思います。

        こうして、松本清張は、"純文学"という名の峠を越え、従来の"純文学"とは比較にならない圧倒的多数の読者の支持を得て、"日本の文学地図"を塗り替えていくのです。
        >> 続きを読む

        2016/12/29 by dreamer

    • 他1人がレビュー登録、 8人が本棚登録しています
      黒革の手帖
      4.0
      いいね!
      • これまで嘲り笑ったやつらを
        ちょっと頭を働かし見返してやる。
        子供じみたようで誰もがもっている考え
        元子がそれを実行したのがお金渦巻く銀行や夜の街
        ああ大成功、すっきり?というところで
        市子の言葉は重いと思う。
        >> 続きを読む

        2015/07/31 by kotori

    • 他1人がレビュー登録、 7人が本棚登録しています
      黒革の手帖
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • 登場人物が終盤大集合
        話がにぎやかにわいわい集まるとは
        全く違って静かに目を光らせるように寄ってきた感覚。
        忘れそうになっていた人物までもいる。
        恐ろしい恨みをそれぞれ抱えて近づいてくる。
        最後のとどめは穴にがヒュッと閉じられたよう
        穴は閉じられ日常が続く、しかし穴は決して開くことのない
        >> 続きを読む

        2015/07/31 by kotori

      • コメント 1件
    • 他1人がレビュー登録、 7人が本棚登録しています
      松本清張傑作短篇コレクション
      カテゴリー:小説、物語
      4.5
      いいね!
      • 宮部さんの作品、作者への愛がよく伝わる
        解説、捕捉も簡潔でわかりやすく読むのにとても重宝した。
        真贋の森が個人的に好き
        あとがきのようにある編集者の話も貴重で楽しませてもらった
        まだまだ時代物に抵抗を感じてしまい
        読みくだくのに時間を要して
        真髄にはほど遠いが
        なんとなくおもしろいだろうなぁと
        漠然と抱く
        >> 続きを読む

        2017/04/13 by kotori

    • 他1人がレビュー登録、 3人が本棚登録しています
      信玄戦旗
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 当時最強を誇った武田信玄の生涯。

        志半ばで散った上、死後その繁栄が続かなかった悲劇の名将の生涯は感慨深い。

        山岡荘八の徳川家康を読んでいる最中だったため、武田信玄には特別な思い入れを持って臨んだ。

        信玄の生い立ちから、実父追放など、家中の話を抑えつつ、ライバルで有る上杉謙信との死闘。
        生命を落とすこととなる上洛戦。そのドラマチックな人生はとても刺激的で有る。

        彼を名将たらしめているのは、結局のところ類まれなるバランス感覚のように思う。
        領内の生産力に十分な配慮をし、付加価値の高い金の産出と独占。

        また、戦時に関しても、机上で十二分にシミュレートした上で必勝を期しているのが印象的。
        とくに印象的なのは、敵同士を噛み合わせたり、睨み合いの状態に持ち込んで動きを取れなくしてしまう術策の妙。

        基本は力と力のぶつかり合いのように見える武者合戦も、裏では現代戦に負けない
        権謀術策が乱舞していたことを考えると、まさに歴史に学ぶことは多いというのが頷ける。

        松本清張、武田信玄と2つのビッグネームに大きな期待を持っていたが肩透かし気味。
        >> 続きを読む

        2011/11/28 by ice

    • 1人が本棚登録しています
      奥羽の二人
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 表題作を含む歴史物の短編集です。著者は超有名な推理小説家の松本氏ですが、歴史にも非常に造詣が深く、読み応えのある一冊です。
        特に表題作の「奥羽の二人」は、豊臣秀吉の奥州仕置により会津に移封された蒲生氏郷と、若き東北の覇者とも言える伊達政宗を主人公にしたものです。奥州の伊達政宗(会津は伊達政宗の旧領)を抑えるための配置をし、伊達政宗のみならず蒲生氏郷の天下取りの野望さえも抑える、という老獪な秀吉の仕置、また会津を取り返す為の伊達政宗の巧妙な謀反の計画とそれを見事に受け止めた蒲生氏郷の機知や胆力等非常に面白い内容です。 その他、室町幕府管領であった細川家を再興させた細川藤孝(幽斎)を描いた「細川幽斎」等も歴史好きには非常に面白い内容です。
        >> 続きを読む

        2011/09/27 by toshi

      • コメント 1件
    • 2人が本棚登録しています
      日本史七つの謎
      カテゴリー:日本史
      4.0
      いいね!
      •  帯に書いてあるように、歴史をテーマとした鼎談が七つ入っている。定価470円なので、一つの鼎談が70円未満、かなりお得な気がする。わたしは二つめの鼎談、”短詩形文学はなぜ日本文学の中心なのか”、これが読みたくてつい買ってしまった。鼎談者は、丸谷才一、大岡信、山崎正和。話の核心部はさらりと流したいので、いきなり結論をいうと、とにかく日本人は短いものが得意らしい。そして、このあとのやり取りがおもしろかった。

         <山崎> あいさつと女のスカートは短いほどいい(笑)
         <丸谷> なるほど。それで短詩形文学中心になったんだ(笑)
         <大岡> スカートは長いほうがいいときもあるけどなあ(笑)

         わたしもそう思います。これではただのスケベで終わるから、もう一つ真面目なやり取りも。

         <山崎> たとえばこのまま能や茶の湯や歌舞伎が世界の芸術になるとは思わない。だけど、その精神とか哲学というところに戻していくと、ほとんど全部が二十世紀後半のもの、ないしは二十一世紀のものだっていう感じがします。

         <丸谷> まったく同感だなあ。
        >> 続きを読む

        2014/12/28 by 素頓狂

      • コメント 2件
    • 3人が本棚登録しています
      黒地の絵
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • ひやっとしてどきっとして
        ああもう一貫の終わり

        自堕落な自分への戒めとしても捉えてしまう。
        特に空白の意匠など、現代でも全く同じ事が起こっている事でしょう。
        読み出したらとめどなく読んでしまう。
        >> 続きを読む

        2016/10/18 by なとほん

    • 2人が本棚登録しています
      砂の器
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      •  まず、このレビューには少しネタバレが含まれます、ということを述べておきます。ご注意ください。

         社会派推理小説家と呼ばれる松本清張の作品の中で、昭和という時代の闇を描き、それを読む平成の時代の一般人に当時の人々が何を求めていたか、何を嫌悪していたかを理解せしむる作品を挙げろと言われれば、この『砂の器』を私は挙げる。

         現在は立身出世という言葉はあまり聞かれなくなったが、昭和を描き出す本作は犯人や犯人を囲む人々は出世を欲している。
         また、現在はハンセン氏病と呼ばれているライ病。犯人はハンセン氏病の父を持ち、それを戦後という混沌たる時代を利用し隠し生き抜いてきた。それが白日の下に曝されれば、築き上げてきた自らを取り巻く幸せは一挙に失なわれてしまう。

         この「立身出世」と「ハンセン氏病」とが複雑に絡み合いながら、時代に翻弄され殺人という罪を犯してしまう人間の弱さ、並びに、病を理解しない人間の悲しさとを『砂の器』は見事に描いている。

         そして、この小説の最も評価すべき箇所は、唯々推理小説である、というわけではなく、今を生きる人間にも弱さはないか、理解しない心はないか、と問いかけて来ることである。

         私にとって『砂の器』は、他の人に是非とも一度は読んで欲しいと紹介していきたい作品の一つである。
        >> 続きを読む

        2015/07/10 by drone

      • コメント 2件
    • 8人が本棚登録しています
      十万分の一の偶然
      カテゴリー:小説、物語
      2.0
      いいね!
      • アマチュアカメラマンが撮った6人もの死者を出した悲惨な交通事故の写真。それが新聞で年間最優秀賞に選ばれあまりに事故直後を写せている事から、1万分の1か、いや10万分の1の偶然をものにした写真ですと評価されていた。

        しかし、偶然こんな写真が撮れるだろうか?と、この事故で婚約者を亡くした人が疑い調べていく・・・。

        ちょっと最初から先がよめすぎてつまらない印象でした。
        >> 続きを読む

        2014/10/20 by yan

      • コメント 2件
    • 1人が本棚登録しています
      点と線
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • シンプルで読みやすいのは勿論、
        サスペンスもしくは推理小説の入門として
        最初に読むのに適してる小説だと思う。
        今でこそまぁ、これといって面白いと
        いうわけじゃないけれど、松本清張で
        最初に手に取った作品なので思い出があったりする。
        >> 続きを読む

        2015/08/02 by トマズン

    • 1人が本棚登録しています
      火神被殺
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • 古代史のモチーフも興味があった上、関西出身なので身近な話題も多く
        楽しめた。
        清張作品は飲みたいときにごくごくっと飲んで、ぷはー満たされた
        といった気持ちのよい小説だと感じる。
        題材は暗いけど、活字欲を満たしてくれる上にその暗さがくせになる。
        人間のどろっとした部分が見えたときに初めて満たされる欲求のような。
        >> 続きを読む

        2016/10/18 by なとほん

    • 1人が本棚登録しています
      柳生一族 傑作時代小説
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 幾つか光る作品は有ったものの、やはり短編では物足りない。

        8作品を収録した歴史物短編集。

        表題作をはじめ、幾つか光る作品は有るのだが、正直感動というよりは、ある印象的な場面を切り出したという程度のものだった。

        そもそも長編と短編では、狙うところが異なっているのが当たり前なので、もちろん長編の方が優れているという意味ではないのだが満足度という点では長編の方を志向してしまう。

        印象的だった作品は、知人の息子の結婚の仲介役を買って出た男と申し込み先の娘の父親との話。
        どちらの立場も分かるのだが、頑固一徹な武士ならではの結末にやるせないものを感じる。

        同時に、縁談の対象で有った男女と、その親達が感じたで有ろう後味の悪さは察して余り有る。

        松本氏の作品は、幼少の頃以来だったが、それほど際立ったものは感じなかった。
        >> 続きを読む

        2012/05/24 by ice

      • コメント 1件
    • 1人が本棚登録しています

【松本清張】(マツモトセイチョウ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本