こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


皆川博子

著者情報
著者名:皆川博子
みながわひろこ
ミナガワヒロコ
生年~没年:1930~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      開かせていただき光栄です DILATED TO MEET YOU
      カテゴリー:小説、物語
      4.1
      いいね!
      • 「双頭のバビロン」が余りに読み応えがあって、今でも雰囲気に呑まれた感じがある。

        皆川さんのミステリで、聞いたことのある作品が少し前に話題になっていたのを思い出した。
        早速読み始めたが、こんどは解剖教室の話、グロテスクな描写は前のものでお手合わせ済みなので、余り気にしない。
        ただ、読み始めると、教室の五人の生徒が、本の中や頭の中を走り回るので、登場人物一覧をジッと眺めて、ひとまず先生と生徒の名前を覚えた。

        容姿端麗、眉目秀麗のエド(エドワード)が一番出番が多いが、彼と同室の天才細密画家ナイジェルも重要。
        後は、おしゃべりなクラレンス、太目のベン、やせっぽっちのアル。

        さて、時は18世紀のロンドン、舞台は外科医ダニエル先生の解剖教室。

        わが国では「解体新書」の腑分けが始まるよりも7.80年先んじているのかな。やはり江戸幕府の下で、西洋医術は遅れに遅れている。

        英国でも外科医の地位は低く、特に解剖医となると、薄気味悪い印象で住みやすくはない。解剖死体を手に入れるのもやすやすとは出来ない。裏から手を回し、墓あばきに金を払ってやっと手に入る貴重品だった。
        弟子の5人は先生を慕って集まっていて、向学心に燃えている。
        そこに妊娠6ヶ月の貴族令嬢の死体が運ばれてくる。視察団から隠した暖炉から取り出してみると、下に重なっていた覚えのない死体が出てくる。
        そうこうしているうち開けてなかった隣の部屋の解剖台に、四肢を切断された少年の死体が乗っかっていた。

        この三体の死体を巡って、事件が展開する。

        死体になって解剖台の乗っていた少年は、町に出たときエドとナイジェルがふと知り合った詩人志望の少年だった。
        彼は、独学で中世の文学を学び、当時の筆致(古語)で文章や詩が書けた、その上教科書にしていた貴重な古文書を持っていた。
        この少年と弟子たちのつながりが物悲しい挿話になっている。

        ダニエル先生は世事に疎いが、兄の内科医は上流階級に取り入り、富と名声を手に入れていた。屋敷の一部を解剖教室にし、経費の面倒を見ていた。

        それが、どうも詐欺に会って高額な投資に失敗し破算寸前らしい。その上許せないことは、貴重な標本を抵当にして資金を借りているらしい。

        弟子たちは、解剖室の将来と尊敬する先生のために、増えた死体の真相を探り始める。

        そこに、盲目の名判事、ジョン・フィールディングが登場する。
        貧民が増え世情が乱れている、彼は裏金では転ばない高潔な人物だった。盲目のハンデは微妙な声を聞き分ける聴覚と、手に触れることで感じる触覚を備えていることで補って余りある。そのうえ、明晰な頭脳をもち行動力もある、出来事の経緯を整理して分析する。厳格な中に柔らかいハートも持ちあわせている。
        眼の代わりをする賢い姪もついている。

        右往左往しながら、死体が増えた原因になった殺人事件が解決する。

        法廷場面で、思いがけなく胸が熱くなるシーンもある。

        エンタメ要素満載で堪能した。
        弟子たちが歌うアルファベットの歌が楽しい、話の最後でやっと「Z]の部分が完成する。
        皆川さんの作詞らしい。

        題名は、解剖前に弟子たちが揃って言う言葉。



        うれしいことに続編もあるとか。解剖教室を解散した弟子たちのその後の話で、また見つけて読もうと思っている。
        >> 続きを読む

        2014/11/04 by 空耳よ

      • コメント 2件
    • 他4人がレビュー登録、 12人が本棚登録しています
      開かせていただき光栄です DILATED TO MEET YOU
      カテゴリー:小説、物語
      3.6
      いいね!
      •  表紙の絵、装丁が美しいのがまず、一番の印象です。
        赤といってもこの赤は完全に血の色でしょう。そして身体を解剖された一見グロテスクな絵も繊細で美しく、解剖されている人の顔は完全に恍惚状態。
        また、本にも見立てられていて非常にすぐれた表紙絵と装丁です。

         舞台となるのは18世紀のイギリス。
        混沌としたロンドンでの私設解剖室の解剖から話は始まります。

         まだまだ人体解剖というものが、未知の領域であり、それは宗教的な観点から邪悪とされている時代の解剖医、ダニエル・バートン医師と若い5人の弟子。

         解剖する死体は、こっそりと買いとらなければならない。医学の為に、犯罪医学の為に、解剖はそして標本は必要なのだ、とどんなに説いても世間の目は冷たい。

         同時に語られるのは詩人をめざしてロンドンに来た17歳の少年、ネイサン。
        ネイサンはダニエル医師の弟子の中で特に愛弟子のエドワード・ターナーとナイジェル・ハートと知り合いになります。

         そんな時、解剖室に、解剖ではない死体が2つも出てくる。両手両足を切断された少年の死体と顔がつぶされた男の死体。

         そこで、治安判事、盲目であっても聴覚と嗅覚で真偽を見極めると言われるサー・ジョンとその姪であるアンが、捜査に乗り出します。

         日本人が18世紀のロンドンの話を書くというのは、藤本ひとみさんなど、前例はあるのです。

         しかしやはり翻訳ものとは違う、どこか日本的な清潔感のようなものがありますので、題材は解剖であるとか殺人であるけれど、抑えに抑えた部分がとても大きいのでそんなに嫌悪を感じる事はありません。
         
         読んでいて思い出したのは、池田理代子の名作漫画『ベルサイユのばら』ですね。
        または、美少年の弟子などは萩尾望都の『ポーの一族』(エドガーとアラン)、『トーマの心臓』(ユーリ、トーマ、オスカー)のあの日本の少女漫画でありながら独特のヨーロッパ世界を描いた漫画。

         事件の迷走ぶりとさらなる事件の発覚、ネイサンの持参した古い詩編の真偽の行方など内容もりだくさん。しかも、迷走する事件に対して、今度は自分がやりました、という自白合戦となりどういうことだ?というかなりきめの細かいミステリ小説で、余韻を残すラストとなっています。

        >> 続きを読む

        2018/06/13 by 夕暮れ

    • 他2人がレビュー登録、 10人が本棚登録しています
      恋紅
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!

      • 好きで好きでたまらない作家というものがいるものです。
        そんな作家の中のひとり、皆川博子の第95回直木賞受賞作「恋紅」を読了しました。

        この作品は、幕末から明治にかけての吉原と芝居の世界を対比して扱い、吉原から芝居の世界へと足を踏み入れた女の成長のさまと、情念の模様を描き出した時代小説の傑作だと思います。

        この物語には、遊女屋と旅役者と大名題の役者、母と娘、花魁と禿、徳川幕府と明治新政府など、いくつもの対比がなされています。

        こうした対比の中から、遊女を束縛する側に立つよりも、漂泊の暮らしを選んだゆうの情念が浮き彫りにされていく。

        こうした二重三重の構造を物語の内部に抱えることで、著者の皆川博子が狙いとした「縛り縛られることの無惨を幼くして自覚させられた少女の成長小説」を密度あるものにしているのだと思います。

        そして、著者のもうひとつの狙いは、「正史の裏に隠れた芸能の流れ」をたどることにあったのではないかと思うんですね。

        人の心の奥に潜む魑魅、華やかな狂気を追求した、このような作品として、続篇の「散りしきる花」をはじめ「花闇」「二人阿国」があり、続けて読み進めたいと思っています。

        >> 続きを読む

        2018/09/20 by dreamer

    • 1人が本棚登録しています
      死の泉
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!

      • 私の大好きな作家のひとり、皆川博子の第32回吉川英治文学賞を受賞した「死の泉」を読了。
        高貴と野蛮の相貌をそなえた絢爛たる、ゴシック・ロマンの豊饒な物語世界に魅了されてしまいました。

        カストラート-----去勢手術によって、変声期前のソプラノを保ったまま成人した男性歌手たち。
        十七~十八世紀のヨーロッパで全盛を誇ったその歌声には、一種、魔性の魅力があったというが、今日では最末期に残された不鮮明な録音から、わずかにその片鱗をうかがうしかない。

        この「死の泉」は、西欧的な高貴さと野蛮の双貌をそなえた倒錯的な存在と、同じく西欧的な高貴さと野蛮の産物であるナチス優生学の悪夢とを結び付けるという、卓抜な着想から生み出された、華麗にして絢爛たる長篇ロマンの傑作だと思いますね。

        第二次世界大戦末期のドイツ。
        アーリア民族純血化計画の一環として設けられた、児童養育施設に入所したヒロインは、生まれてくるわが子を守るため、SS幹部で所長のクラウスの求婚を受け入れ、類まれな美声の持ち主である二人のポーランド人孤児の養母となる。

        科学と芸術の狂的崇拝者であるクラウスは、怪しげな生体実験を繰り返すかたわら、少年たちに厳しい声楽のレッスンを課し、さらに-------。

        帝国崩壊によって四散した"偽りの家族"の絆が、十五年の歳月を経て再び結び合わされた時、凄惨な復讐劇の幕が上がるのです。

        複雑に絡み合う愛欲恩讐の因縁の糸で、絢爛と織りなされる"運命の悲劇"であるこの作品には、ミステリやサスペンスよりも、むしろ古色蒼然たるゴシック・ロマンという呼び名こそが、ふさわしいのではないかと思いますね。

        とりわけ、作中の人物が次々に、甘美なる死の暗冥へと退場していく最終章には、"悪意と惑乱"のストーリーテラーたる作者・皆川博子の面目が、まばゆいほどに輝いていると思う。

        >> 続きを読む

        2018/05/10 by dreamer

    • 2人が本棚登録しています
      アルモニカ・ディアボリカ
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • 前作『開かせていただき光栄です』の続編。
        前作を読んでないと話の内容が判らない。
        回も皆川ワールド。
        18世紀のイギリスの風景が目に浮かぶ。

        あの事件から5年。
        エドとナイジェルを失い
        残された解剖医ダニエルの弟子達は
        犯罪摘発情報新聞『ヒュー・アンド・クライ』の発行編集をしていた。

        採石場の坑道内で空を舞う天使の目撃情報と共に屍体が発見され
        その事件の情報が欲しいという広告依頼が
        『ヒュー・アンド・クライ』に……。
        この屍体には謎の言葉が書かれていて…
        ダニエルの元弟子達と
        盲目の治安判事ジョン・フィーリング、助手で姪のアンが
        事件の謎を追う事になるが
        坑道の中で発見された屍体はなんと
        5年前に出奔したダニエルの弟子・ナイジェルだった!!(゚Д゚;)

        何故、ナイジェルが殺されたのか?
        ナイジェルの屍体に書かれてる
        “ベツレヘムの子よ、よみがえれ!アルモニカ・ディアボリカ”とは?
        調べていくうちに判る
        ナイジェルの過去と精神病院ベドラムの実体
        14年前に隠蔽された洞窟事件

        視点変わり話が進む
        そしてナイジェルの手記
        過去が現在に繋がった時に判る真実
        重厚な物語。

        最後の一行が物悲しい…。


        読み応えがあり面白かったけど
        切なさと悲しみが後を引く。
        まさかこんなに悲しくなるとは……。


        『アルモニカ・ディアポリカ』とはグラスハープのこと。
        >> 続きを読む

        2014/06/07 by あんコ

      • コメント 2件
    • 3人が本棚登録しています
      聖餐城
      カテゴリー:小説、物語
      いいね!
      • 17世紀初頭の欧州とか遠すぎな世界やろと思いきや、さにあらず。まるですぐそこで生きて呼吸する当時の人々の間に潜入したかのような生々しさを体感できた。
        学生のとき読んでたら三十年戦争あたりの世界史はかなり面白く頭に入ったに違いない。
        激動の時代を生き抜くために誰も彼もがキョーレツな個性を放つなか、主人公アディの普通っぷりに癒される。
        読後の達成感と爽快感は、ハンパない。
        (なにせ分厚いですから。でもいったん読み始めたらギャロップでいっちゃった)
        >> 続きを読む

        2014/09/08 by 中山佳映

      • コメント 1件
    • 1人が本棚登録しています
      双頭のバビロン = Doppel-Babylon
      カテゴリー:小説、物語
      7.0
      いいね!
      • 単行本、二段組、540ページ。分厚くて重たかった。それに見合うように、最高に面白くて読み続けた。
        作者の博識が、ストーリーの展開、時代背景、登場人物の動きまでいきわたって、興味が尽きない上に勉強にもなった。
        文章は耽美的、幻想的なのに読みやすく、舞台になった都市の描写も、物語にしっくり馴染んでいた。

        題名のように、双頭は双子の意味で、脇腹で癒着した子供が4歳の時、手術で分離されて、お互いに数奇な運命を辿る。
        オーストリアの貴族の家に生まれた子供は二人になり、ひとりは家の跡を継ぎ、一人は存在を消されて「芸術家の家」と呼ばれる施設に入れられる。
        そこは精神に異常がある人たちを収容した施設だった。

        あとを継いだゲオルクは順調に教育を受け陸軍学校にすすむ。そこで決闘騒ぎを起こし、家からは廃嫡され、アメリカにわたる。
        もう一人ユリアンは施設で高度な教育を受けて育つ。そこには一つ年下のツヴェンゲルという少年がいた。

        ゲオルクはアメリカで死亡したとされ、折から勃発した戦争に、ユリアンはゲオルクになり、ツヴェンゲルとともに志願して戦場に出て行く。
        そこで初めて非在であった身分が公に認められ、国籍を持てることになる。

        だが、ゲオルクはアメリカで映画監督になっていた。

        二人の運命が交差する様子は夢のようで、胎内の記憶が現れること、自動書記の形で覚えのない出来事が記録されること。まだ会ってもいない頃から不思議な現象で繋がっている。

        ゲオルクは映画を作るために上海に来ていた。

        ユリアンは映画館のアルバイトでピアノを弾いていた。そこで画面にゲオルクの名前を見つける。

        教育係で父親のように親しんでいたヴァルターが殺された、ゲオルクの影を見たと思う、かれの仕業ではないか、問い詰めるために彼もアメリカへそして上海に渡る。

        いつ二人は出会うのか、読むのが止められなかった。

        ツヴェンゲルもアメリカにわたり、速記士のなってゲオルクのもとで助監督をしていた。

        こうしてそれぞれの行く先は奇妙な偶然が重なり、時に意図的で絡まった糸が次第にほぐれてくる。

        ゲオルクの生家(養家)は戦後の民主化で没落していたが、教育係をしたブルーノもまたユリアンのいた収容所で死んだ。

        これらの真相がミステリの部分で、最後には悲劇的な形で明らかになる。

        ゲオルクとユリアンの交互の語りという形で時間が進み、それにツヴェンゲルが絡む。

        上海の、眼を覆うばかりの汚泥と糞尿、貧民屈、鴉片の臭いの立ち込めた風景を生生しく描写した所もある。

        無声映画時代のハリウッドの映画事情、当時の俳優たち、まさにトーキーにうつる頃の映画界も興味深い。

        二人の見る悪夢のような共通の記憶も、距離のある場所でそれぞれに現れる幻影も、それに悩まされ、過去の姿を見ることが悲劇的で哀しい。
        忘我の中で白紙の書き連ねられる文字、現れる過去の出来事など。不思議な繋がりを重厚な物語にした、実に読み応えのある作品だった。
        >> 続きを読む

        2014/11/01 by 空耳よ

      • コメント 4件
    • 2人が本棚登録しています
      結ぶ
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!

      • 凄味に満ちた妖艶な語り口で、いつも私を魅了して、異世界へと誘ってくれる作家・皆川博子の幻想的な短編集「結ぶ」を読了しました。

        むずむずする。ぞわぞわする。体中の毛穴という毛穴に、悪い風が吹き込まれる。
        じわじわ、じくじく、毒がまわる。怖い。恐ろしい。叫びたくなる。

        そんな不穏な気持ちにさせられてしまうのが、この小説だ。

        「そこは縫わないでと頼んだのに、縫われてしまった。昨日も一昨日も、縫われた。こんなに縫われると、見た目もよくないと思う」

        表題作の「結ぶ」の冒頭の書き出しからしてこうなのだ。
        語り手は、完璧な球形を目指す縫い師によって、ふくらはぎを縫われ、腕をかがられ、耳の縁を縫い縮められている。

        縫われる理由は、全く明らかにされない。ただ、語り手が展開する存在論が、書きつけられるだけだ。

        縫い師が目指す球形は、存在の究極の形なのだ。
        完璧な球形は、すなわち宇宙モデルの写しなんですね。
        太陽だって球形で、逆に、アジのひらきを作るみたいに、限りなく開いていったら、いったいどういう事態が生じるものであるか、といった具合なのだ。

        このあたりの描写が、言葉に尽くせぬほど、生理的に怖い。
        言うまでもないが、そんな宇宙的・存在論的なアイディアをいじりまわしているうちにも、縫製は進んでいるんですね。

        そこはいや、と訴える声を聞きながら、敏感に柔らかい腋の下に、木綿針は進んでいるのだ。

        この短編集は、最初から最後まで、ずっとこの調子だ。
        敢えて、ジャンル的に言えば、幻想怪奇小説ということになるのだろうが、それまで泉鏡花をはじめ、男性作家によって書きつがれてきた幻想譚とは、全く異質の作品になっていると思う。

        男性作家の語る幻想譚は、アイディア=理念の化身だが、女性作家である皆川博子が紡ぎ出す世界は、アイディアを笑うためにアイディアを駆使し、それを怪奇に仕立てているのだと思う。

        男の理念=頭を、大鍋でぐつぐつ煮込み、女だけの宴会のスープに仕立てているというイメージなんですね。

        この皆川博子という作家の語りの手腕の凄みには、ただただ呆れ、打ちのめされ、戦慄を覚えてしまいます。

        >> 続きを読む

        2018/08/02 by dreamer

    • 3人が本棚登録しています
      少年十字軍 = La Croisade des enfants
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 実際に起こったとされる出来事をモチーフに描かれた作品。

        果たしてエティエンヌ達がエルサレムへたどり着くことができるのか手に汗を握り、一気に最後まで読んでしまった。

        2014年に劇団スタジオライフが舞台化。
        >> 続きを読む

        2014/02/19 by HITTON

      • コメント 2件
    • 2人が本棚登録しています

【皆川博子】(ミナガワヒロコ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本