こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


堺屋太一

著者情報
著者名:堺屋太一
さかいやたいち
サカイヤタイチ
生年~没年:1935~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      平成三十年
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 官僚の立場から、閉塞感漂う日本社会が描かれています。今年は平成26年、この本の初版が平成16年ですから、今から約10年前に当時から約15年後の世界を描いた未来小説です。

        当たっている描写も少なからず散見され、これから社会がどのように変わっていくのか考えるネタになります。また一方で、官僚や政治家の記述も多く、その考え方や行動規範を確認できます。

        以下は、本書の中で提言されていた項目です。

        【5つの開放】
        ①医療介護の開放
        :有資格者ならいつでも医療介護サービスができるよう官民の規制を全廃する。
        ②農耕の開放
        :誰でも好みの農耕ができるよう土地の利用や作付けの制限を全廃、土地の貸借、売買も自由にする。
        ③土地移動の開放
        :宅地の売買や利用の制限を緩和、土地の流通も無税化、建築制限は容積率のみとする。
        ④教育の開放
        :学区制を全廃、学校設立を自由化する。すべての学校に情報公開を義務付ける。
        ⑤公共施設からの開放
        国有公共施設の過半数を市町村に移管、その存廃、売買、維持管理は、市町村に任せる。

        【3つの削減】
        公務員の数と財政支出と税金の3つを、来年度中に一割ずつ削る。

        新聞やテレビ等のニュースを考察する際、肥やしにしたいです。
        >> 続きを読む

        2014/09/22 by こいこい

      • コメント 4件
    • 1人が本棚登録しています
      団塊の秋
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 団塊の世代(1947~49年生)の視点から、日本社会の将来(2015年~2028年)を読み解きます。

        登場人物は、厚生官僚、銀行員、政治家、弁護士等で、団塊の世代の中でもエリートとされる人々。ただいずれも、格下異動、生涯独身、再当選目指して東奔西走、孫に会えない等の問題を抱えており、幸せな老後とはいえません。

        総じて、エンタメ性の高いものではありませんが、今後の生き方の反面教師になりました。本登場人物の中で唯一、肯定的に書かれていたのは、会社倒産から立ち直り、家族経営型の新事業に乗り出した上杉憲三のみ。

        会社組織の枠組み(ハード)に依りかからず、職場とは別のゆるやかな人間関係等(ソフト)を構築して自活できる人が成功しえるのかとあらためて思います。

        最後に、気になったフレーズを書き留めます。

        ●頁86
        「われわれの若い頃にはあったよねえ、その見栄と辛抱が。それをどうして、いつ、誰がなくしたのかねえ、この日本から・・・・・」
        「それも・・・・、実はわれわれ(団塊の世代)やと思うよ」
        >> 続きを読む

        2014/05/18 by こいこい

      • コメント 2件
    • 1人が本棚登録しています
      大激震 堺屋太一かく語りき
      4.0
      いいね!
      • 10年前の本ですが古くありません。
        □ まず、第一に長くやっても疲れないものが「好き」です。もう一つはそのことについて誰にでもしゃべりたい。相手が迷惑でもしゃべりたい。または、それについての情報なら聞きたい。そういうものなら「好き」です。
        □ 私たち自身も主観的に生きるべきです
        □ 本当の生産手段は、その自身が持っている知識と経験と感覚です
        □ 人類社会において、経済力で尊敬されるのは消費力であって、生産力ではありません
        □ 「価格は変動する、されど価値は変わらず」と考えられた近代工業社会の金融思想はもう過去のものです
        >> 続きを読む

        2017/01/07 by Minam

    • 1人が本棚登録しています
      日本を創った12人
      カテゴリー:日本
      5.0
      いいね!
      • とりあえず手元にあった前編だけ読んでみました。
        聖徳太子 光源氏 源頼朝 織田信長 石田三成 徳川家康と歴史上の人物の中では特に有名な人について書かれていますが、中学レベルの日本史の知識しかないと「何言ってるんだ???」となってしまうかもしれません。
        大学受験を日本史で受験した(もしくはする予定)の高校生とか大学生なら読みやすいかもしれません。(日本史が好きな人なら全然読めるレベルです)
        >> 続きを読む

        2017/12/07 by Mishiro

    • 1人が本棚登録しています

【堺屋太一】(サカイヤタイチ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本