こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


沢田一矢

著者情報
著者名:沢田一矢
さわだいっし
サワダイッシ
生年~没年:1935~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      落語で楽しむ江戸ことば事典
      カテゴリー:方言、訛語
      3.0
      いいね!
      • 落語のことば事典。江戸用であるが、この頃江戸落語を聴く機会も増えているし、
        落語は基本、東西一つなので、ア行から順に見ていく。

        周知の言葉であるが、今まで違って理解している言葉も多く、多少紹介すると、


        “安家来そう”【あんけらそう】
        あっけにとられるような言動をとる安物の家来をいう。

        仁鶴さんの落語で、意味もないところで“チョウチブスとか”“あんけらそう”が
        でてくるので、てっきり“あんけら草”という草の名と思っていました。・・・・・アハハ。


        “お茶の子”【おちゃのこ】
        早朝の茶漬け飯。農民が野良に出る前にお茶漬けなどを流しこみ、
        ひと働きのあと朝食にとりかかった。
        たいして腹の足しにならないことから、物事の容易、簡単なこと。

        お茶の子、さいさい、で簡単なことはわかっていたが、お茶漬けとは・・・近い。


        “木で鼻を括る”【きではなをくくる】
        正しくは〈木で鼻をこくる。〉木で鼻をこするように冷淡にあしらう、
        無愛想にもてなす、味も素っ気もないの意。

        木で鼻をこするって、どういうこと、
        言葉の意味は理解できていたが、行為が納得できず。


        “ふりの客”【ふりのきゃく】
        馴染みや常連ではなく、一見の客のこと。
        雨宿りのつもりで寄席などへ入り客を〈雨宿りの客〉、つまり〈ふりの客〉である。

        てっきり、「フリーの客」の縮まったものと、勘違いしてましたな・・・。


        “ぼんくら(盆暗)”【ぼんくら】
        頭の働きが鈍い、気がきかないの意。
        賭博用語の盆ござの、盆の上のことに暗い、賽の目が読めない人を馬鹿にした言葉。

        これは知っていたが、土蔵造りは普通冬場に建築し、“盆”のころの夏場にに建てた“蔵”は
        永持ちしないところから“盆蔵”という説もあると・・・・・・これは知らなかったですな。


        “六日知らず”【むいかしらず】
        一日、二日と指折り数えて、三日、四日、五日で握り拳ができる。
        一度握ったものは、二度と開くことができないから、六日、七日と数えることができない。
        ゆえに、“六日知らず”はケチ、しみったれということ。

        落語の“始末の極意”に、棒にぶら下がり、小指から順に離してゆき、
        親指と人差し指だけになってそれが極意というのがありますが・・・・その逆のバージョンですな。


        “弥助”【やすけ】

        すし、鮨のこと。
        歌舞伎の「義経千本桜」の鮨屋の場に弥助という美男子が登場し、奉公人でありながら
        店主の娘といい仲になる。以来芝居通の間から鮨、鮨屋を称して「弥助」と呼ぶようになったと。

        あちこちで“弥助”という鮨屋を見かけますが、そういうことだったのか。
        ちなみに大阪の住吉に「やろく」というコロッケの美味しい洋食屋があります。
        (何繫がりや)

        まあ、言葉の語源っていろいろあるんですな。
        >> 続きを読む

        2013/08/20 by ごまめ

      • コメント 7件
    • 1人が本棚登録しています

【沢田一矢】(サワダイッシ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本