こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


司馬遼太郎

著者情報
著者名:司馬遼太郎
しばりょうたろう
シバリョウタロウ
生年~没年:1923~1996

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      燃えよ剣
      カテゴリー:小説、物語
      4.6
      いいね! chao
      • 思えば初めて司馬遼太郎の本を読了したかもしれない。
        中学生の時に龍馬がゆくを読もうとして挫折した時に以来か。。

        控えめにいって、とても面白かった。舞台は幕末。主人公は新撰組副長土方歳三。
        彼の不器用な、それでもどこか惹かれてしまう生涯に、自分の人生を重ねようとしてその差に虚しさを感じる自分がいた。

        上巻では田舎のバラガキから、出世して京を震え上がらせる新撰組副長として新撰組の最盛期に貢献してきた姿が描かれている。
        >> 続きを読む

        2017/09/04 by Oh_Tsuji

    • 他6人がレビュー登録、 54人が本棚登録しています
      坂の上の雲
      カテゴリー:小説、物語
      3.9
      いいね! tadahiko tomato
      • 再読。
        初めて読破したのが20歳くらいだから、ほぼほぼ10年ぶり。
        20代のうちに再読したい、って当時思った記憶があるからギリギリ間に合うことになる。

        『まことに小さな国が、開化期をむかえようとしている。』
        この冒頭の文章を読むだけで胸が熱くなる。
        明治初期に自分がタイムスリップしたかのような錯覚。登場人物たちの会話を側で自分が聴けているような嬉しさ。司馬先生の書く文章が堪らない。

        それとNHKドラマ「坂の上の雲」のサントラを聴きながらの読書が捗りすぎてヤバい。
        >> 続きを読む

        2017/01/28 by ねごと

      • コメント 3件
    • 他5人がレビュー登録、 48人が本棚登録しています
      竜馬がゆく
      カテゴリー:小説、物語
      4.2
      いいね! tadahiko tomato kgr
      • 第1巻。再読。以前読んだのが大学生のときだったから約10年ぶり。
        「坂の上の雲」と同じく「20代のうちにもう一度読み直したい」って当時思った記憶があるから、その気持ちに素直に従ってみる。(20代には間に合いそうにないけど)

        1巻の竜馬はまだまだ青年。
        江戸でひたすら剣術を鍛えたり、いろんな女性に出会ったり。
        竜馬、もてるんよなぁ。羨ましい。そしてついにはじめて男女の道を知るところも描かれている。(童貞喪失)

        時代的にはペリーが黒船を率いてやってきたところ。
        竜馬が幕末の風雲のステージにあがるのはまだまだこれから。
        1巻で印象に残ったのは、桂小五郎との出会い、父親の死かな。

        年末年始は幕末の世界に身を置いて過ごすことになりそう。

        >> 続きを読む

        2017/12/02 by ねごと

      • コメント 3件
    • 他4人がレビュー登録、 47人が本棚登録しています
      新選組血風録
      カテゴリー:小説、物語
      4.2
      いいね!
      • 新撰組の記録は多く残されているので、多くの小説が史実に忠実と聞きます。
        この本だったと思いますが、沖田総司が独り小舟で仇討ちに向かうシーンが印象的でした。これから仇討ちに向かうというのに、敵を待つその間にスゥスゥと小さな寝息を立てて寝ていた姿に船頭が驚くというくだり。敵が姿を現した瞬間に、、、。
        この一部始終が私の沖田総司観となりました。
        >> 続きを読む

        2017/09/24 by nomura

    • 他2人がレビュー登録、 24人が本棚登録しています
      新史太閤記
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • 備中高松城攻めでの話↓
        秀吉「くわんぴようえよ、こんどは水で攻めればどうであろうかな」
        とこの男がいったとき、官兵衛は井戸や川といった水源を断つことかとおもった。それならば兵法の既成概念にある。唐土の兵法書にもあり、わがくにの戦国人は現にそれをやっている。それだけに、とっさに官兵衛は愚策だとおもった。この地形を察するに敵城のまわりは低湿地である。自然、城内で井戸さえ掘ればいくらでも水は出るであろう。
        官兵衛「さあ、それはどうでありましょう」
        煮えきらずにいると、秀吉はその官兵衛の思いをすぐ察し、
        「ちがう」
        と笑い出した。
        「湖をつくるのよ」
        官兵衛は、声をのんだ。

        秀吉の戦の方法は、武力ではなく、調略、土木作業で敵陣に攻め入るときは既に決着はついている。

        もの見方、考え方が視野が広く勉強になる。全身の毛が逆立つほど面白い本。
        >> 続きを読む

        2017/05/20 by atsu

    • 他2人がレビュー登録、 8人が本棚登録しています
      竜馬がゆく
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 第2巻。再読。
        桜田門外の変〜吉田東洋暗殺。

        1巻は竜馬の青春がメイン。2巻くらいからいよいよ幕末のきな臭い雰囲気が漂ってきて俄然面白くなってくる。
        竜馬が1人の「志士」として自分を自覚し、己をどのように生かす(活かす)か、考え行動する様に、、なんかこうやっぱり1人の男としてグッとくるものもあったり。

        あとこの2巻。個人的にお田鶴様が可愛いくて非常に萌えます笑
        手の届かないお姫様ってところがまたいい。
        以下、竜馬とお田鶴様の会話で痺れた場面。
        お田鶴様が竜馬に尊王活動をけしかけるも、竜馬は照れながらただ笑っている。

        竜馬「わしの舌が油紙でできちょったら、火さえつければめらめらと燃えもしますが、残念にも生身の舌じゃキニ、そうはいかん。ここで俄か仕込みの志士になって、べらべらと論を吐き出したら、お田鶴さまのほうがびっくりなさるでしょう」

        お田鶴様「でも、ここで意中を大いに弁じてくださっても、田鶴はいっこうにかまいませんよ」

        竜馬「まあ、やります」

        お田鶴様「やる?」

        竜馬「武士はそれだけです。坂本竜馬はいずれ機会をみて、天を駈け、地を奔るときがくるでしょう。まあ、待って賜んせ」

        そんな竜馬に階級意識が根強い土佐藩は窮屈でしかなく、囚われのない自由の身へ。
        ついに脱藩!
        >> 続きを読む

        2017/12/04 by ねごと

      • コメント 2件
    • 他2人がレビュー登録、 26人が本棚登録しています
      竜馬がゆく
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 第3巻。再読。
        寺田屋騒動〜勝海舟との出会い〜おりょう登場。

        竜馬がその眼を世界に向けさせるきっかけになった勝海舟。
        この巻は勝海舟の魅力がぎっしり詰まっている。日本の近代化を唱え、幕臣でありながら当時脱藩志士だった竜馬のような浪人とも付き合う。
        江戸城無血開城もあるし、勝海舟って幕末史でも忘れちゃいけない人だよなぁって改めて思った。『せごどん』では誰が演じるんだろ。

        竜馬が10代のころにつくった歌。
        『世の中の 人は何とも云はばいへ わがなすことは われのみぞ知る』

        良くも悪くも劇薬的な歌。
        城下で低能児呼ばわりされた竜馬のさびしさが込められているみたいだけど、、
        なんか凄い歌だなぁと、今の自分にめちゃくちゃ響きました。
        >> 続きを読む

        2017/12/10 by ねごと

      • コメント 2件
    • 他2人がレビュー登録、 24人が本棚登録しています
      竜馬がゆく
      カテゴリー:小説、物語
      4.3
      いいね!
      • 第4巻。再読。
        禁門の変〜武市半平太の死。

        時代の潮流がめまぐるしく変わっている。。
        つい昨日まで倒幕攘夷派が歴史の表舞台の主役だったのに、禁門の変で長州藩が表舞台から蹴落とされると一気に佐幕派の時代へ。
        そして土佐勤王党の親玉、武市半平太の切腹。
        武市の最期は息が詰まるところがあった。
        切腹って、、ほんと独特な文化やなぁと思う。と同時に広い意味でそんな人達を祖先に持つ自分を不思議にも思う。小説の言葉を借ります。
        『人間の最も克服困難とされる死への恐怖を、それをおさえつけて自在にすることによって精神の緊張と美と真の自由を生みだそうとしたもの』

        一方、竜馬は遂に軍艦を手に入れ、長崎へ。

        あぁ、あとさな子の竜馬への想いが辛すぎる。。
        恋愛小説を読んでるのかと勘違いしかけたくらい、切なかったなぁ。

        面白かった一文。
        長崎で竜馬がフランス製の香水を買うくだり。
        『笑うべきことかもしれないが、竜馬ほどおしゃれな男はまずすくない。ただおしゃれの才能が皆無なだけで、その気分だけは満々とあるのである。』

        >> 続きを読む

        2017/12/16 by ねごと

      • コメント 1件
    • 他2人がレビュー登録、 21人が本棚登録しています
      世に棲む日日
      カテゴリー:小説、物語
      4.3
      いいね!
      • 幕末に活躍する長州藩の志士、高杉晋作や桂小五郎が学んだ「松下村塾」を営んでいた吉田松陰の物語。この人については、小学生の頃静岡県の下田に行った際、この人の史跡がある神社(だったと思う)に行き、名前を憶えていてどのような生き方をした人なのかなという興味を持ったため。今回読んでみて、「思慮深い人に見えて、行動原理は稚拙な考えを持つ実は子供っぽいという人」という印象を持った。松陰の人柄よりも、長州藩の色々な所(考え方や伝統)が詳しく書かれていて、なるほどなあと思った。引き続き、作品の続きを読んでいきたいと思う。
        >> 続きを読む

        2017/09/18 by oniken0930

    • 他2人がレビュー登録、 22人が本棚登録しています
      世に棲む日日
      カテゴリー:小説、物語
      4.6
      いいね!
      • 松下村塾の頭吉田松陰から幕末攘夷運動の先駆けとなった高杉晋作へと主役が交代する。松陰は理詰めで攘夷論を唱えたのに対し、晋作は外(外国)を見て、徳川幕府の倒幕、攘夷を決意する。また晋作は戦いを起こし新しい秩序を作ろうとする俗にいう「破壊者」なのかなと読んでいて感じた。この辺は封建制から近代にどのようにして移り変わったのか自分の中でとても興味深い所である。引き続き、物語の続きを読んでいきたいと思う。
        >> 続きを読む

        2017/09/23 by oniken0930

    • 他2人がレビュー登録、 13人が本棚登録しています
      世に棲む日日
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 長州藩や高杉晋作が色々な出来事を経るたびに攘夷・佐幕・開国と立場がコロコロ変わっていくのが興味深い。また奇兵隊を作った高杉晋作が、自分のために奇兵隊を使わず、他の人間に運用を任せていたという点も興味深い。幕末を経て近代の日本の国家ができるまで、色々な人間が関わるため、日本の細かい歴史を知る点では非常に興味深く読むことが出来た。攘夷・佐幕・開国と揺れに揺れた長州藩が、最終巻でどうなっていくのか?。引き続き読んでいきたいと思う。
        >> 続きを読む

        2017/10/11 by oniken0930

    • 他2人がレビュー登録、 11人が本棚登録しています
      世に棲む日日
      カテゴリー:小説、物語
      4.7
      いいね!
      • 文章中の記述で「革命は3代で成立する」という言葉が印象に残った。これは戦国時代の信長(既成勢力をぶち壊す)、秀吉(新しい基盤を確立する)、家康(確立した基盤をより安定したものにする)で言えると思う。主にこの本は長州藩の革命について記されているが、そのことが長州藩の改革にも当てはまるなと思った。あと高杉晋作は巷で神格化されているほどあまり活躍をしていないという印象が残った。(残したものが少ないという意味です。革命を実行に移した功績は称えるべきですが。)感想はこんなところです。
        >> 続きを読む

        2017/11/01 by oniken0930

    • 他2人がレビュー登録、 9人が本棚登録しています
      街道をゆく 甲州街道、長州路ほか
      カテゴリー:日記、書簡、紀行
      4.0
      いいね!
      • 25年にも渡る「街道」の旅の始まり。
        行く先々で当たり前のように寄り道があり、寄り道の話がどんどん深くなっていく面白さはいつも司馬さんの著作を読んでいて感じること。

        まだ行ったことのない琵琶湖の湖西の道から始まり、甲州街道、最後は長州路。
        特に長州・防州はいつかは行ってみたいところで、歴史的な意味合いよりも美味しいものがたくさんありそうというイメージ。

        このシリーズを読んでいくうちに、きっと歴史を感じながら旅ができるようになるのではないかと楽しみに読むことにする。
        >> 続きを読む

        2014/03/10 by freaks004

      • コメント 3件
    • 他1人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています
      街道をゆく
      カテゴリー:日記、書簡、紀行
      3.5
      いいね!
      • 7巻まで読んで、改めて自分が関西方面に行った経験が少ないと思った。
        司馬さんは大阪に住んでらっしゃったので、その文章からも近くでよく知っているように感じられる。

        甲賀と伊賀なんて忍者イメージしかないのだが、実際に戦場諜報の技術にたけ、戦国期の諸国の大名や小名に役立っていたらしい。
        山の中歩くのがあんまり好きじゃなくて、行ってみたいとは思わないのだが、話自体は興味深い。


        読書ログって、「街道をゆく」が43巻もあるのに、タイトル表示が常に「街道をゆく」としか出ないから、何本レビュー書いても同じ本を読んだみたいに表示されるのが不満。
        きっといつもレビュー読んでくれている方々も読んですらくれなくなって寂しい。
        >> 続きを読む

        2014/04/12 by freaks004

      • コメント 1件
    • 他1人がレビュー登録、 2人が本棚登録しています
      街道をゆく
      カテゴリー:日記、書簡、紀行
      3.5
      いいね!
      • 安芸・備後における毛利氏の統治の歴史の考察と神戸・横浜という歴史ある港町での散歩について。

        30年前の街というと、大震災のあった神戸は勿論、横浜だってだいぶ変わってしまっているはず。
        歴史の流れが感じられる程度に、数年に一度くらいは気に入った街を散歩してみるのもいいのかもしれない。
        少しばかりじゃ全然足りないかもしれないが、歴史の勉強も積み重ねておくと、自分でも少しは深い考察ができるようになるのかなぁと。
        >> 続きを読む

        2014/06/21 by freaks004

      • コメント 1件
    • 他1人がレビュー登録、 2人が本棚登録しています
      街道をゆく
      カテゴリー:日記、書簡、紀行
      3.5
      いいね!
      • 最終巻。
        連載中の急逝により途中で途絶えている。

        大好きな戦国の三英傑、信長・秀吉・家康について書かれているので、途中で終わってしまうのが残念でしょうがないが、それでもこれまで同様に知識の薄い自分にもわかりやすく楽しく読める内容だった。

        シリーズものは長ければ長いほど終わってしまった時の喪失感が大きい。
        今度は小説を読んでみようかなと思う。
        >> 続きを読む

        2014/10/04 by freaks004

      • コメント 2件
    • 他1人がレビュー登録、 2人が本棚登録しています
      真説宮本武蔵
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 剣豪・宮本武蔵と父新免(後に宮本と名乗る)無二斎との異様な「親子関係」や、その影響の為か、武蔵が少年時代から既に「暴力的」で大人を殺傷して平然としていた例や、別の面で書画能力や非常に文才(「五輪書」はまさに名著)があった…等、宮本武蔵に関する興味深い内容が記された表題作「真説・宮本武蔵」の他、北辰一刀流四天王と呼ばれた森要蔵親子(父子)の剣に生きる武士らしい最後を描いた「上総の剣客」等、剣の道を目指す男たちを描いた短編集です。 >> 続きを読む

        2011/06/22 by toshi

    • 他1人がレビュー登録、 2人が本棚登録しています
      播磨灘物語
      カテゴリー:小説、物語
      4.5
      いいね!
      • 匿名

        一巻は如水が信長に拝謁をしに行く場面の前まで。
        文化と政治の中心だった京都への憧れが強く感じられる。
        如水はキリスト教の教えを請いたり、足利将軍の問題にも首をつっこんだりと新しいものへの好奇心が強く、それが如水を大きく成長させたのだと感じた。
        >> 続きを読む

        2014/07/16 by 匿名

      • コメント 1件
    • 他1人がレビュー登録、 9人が本棚登録しています
      播磨灘物語
      カテゴリー:小説、物語
      4.5
      いいね!
      • 来年の大河の主人公ということで、予習も兼ねて黒田官兵衛について書かれたものをほんの数冊読んでみたのですが、「播磨灘物語」は面白かった。
        官兵衛が産まれる前から死ぬまでが書かれていて、時代背景とか人間関係とかも随所に盛り込まれているので、解りやすかったというのがあるからかも。
        しかしながら、関西から中国にかけての地理がなんとなくしかアタマに入っていないので、姫路や明石と言われても位置やそれぞれの距離間が判らず、戦場の布陣とかが書かれていても、上滑りの状態に…。地図を見ながら読んでたら、もっと臨場感があったやも。(^_^;)

        黒田官兵衛は、私は今回の大河のことで初めて聞いたような人物。息子の長政のほうが、名前を聞くことが多いような。
        それなりに有名な方みたいだけど、それほど表立って活躍した人というわけでもないので、有名な史実を、官兵衛と共に後ろから横から斜めから見ている感じがして、そういうイミでも面白いのかもしれません。

        …で、何冊か読んだけど、官兵衛が有岡城に幽閉されている頃から助け出された後のあたりの、心身共にぼろぼろになりつつも、それでも生きていく…みたいなところが、どの本でも一番萌えた…っていうのは、ちょっと歪んでるかしら。(;´∀`)
        >> 続きを読む

        2013/10/31 by koh

      • コメント 6件
    • 他1人がレビュー登録、 8人が本棚登録しています
      梟の城
      カテゴリー:小説、物語
      4.2
      いいね! niwashi
      • 戦国末期の忍者のお話。

        自分の場合、歴史物って著者の創作と史実の割合を意識して読んじゃう。

        他の司馬作品よりも歴史の表舞台の描写が少なく、創作が多いかなと思って読み進めてた。
        でも最後に一気に史実に迫ってグッと来た。

        忍者の持ち物や術や思想のディテールがしっかりしていて、且つ男女の話もちゃんと書かれていてストーリーもエンタメ。
        長いけど面白かった。
        >> 続きを読む

        2016/10/06 by W_W

    • 他1人がレビュー登録、 19人が本棚登録しています

【司馬遼太郎】(シバリョウタロウ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本