こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


山中恒

著者情報
著者名:山中恒
やまなかひさし
ヤマナカヒサシ
生年~没年:1931~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      ぼくがぼくであること
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • 1969年に刊行され、その後出版社が変わりながらも版を重ねている名作。
        婿養子に入り母親の尻に敷かれっぱなしの父親。
        兄弟4人は全員優等生なのにただ1人出来が悪いと秀一(ひでかず)をいつも叱り、抑圧する母親。
        学校での秀一の素行をとことん調べあげ母親に密告する妹のマユミ。
        母親に押さえつけられ、妹に見張られて、自分のやりたいことがすべて否定され、奪われている様子に胸が苦しくなります。
        自分だけが勉強ができない、他の兄弟のようになれないことにもがき苦しみ、ある日、抑圧に耐えらえなくなった秀一は家出を決行します。

        その途中、ひき逃げを目撃したり、転がり込んだ山中の家が武田信玄の隠された財宝に関係する家で、住人のおじいさんと少女は何か事情をもっていそう。
        色んな冒険や事件が待ち構えています。

        学校と家という狭い世界で暮らしていた少年がおじいさんと少女に出会うことで新たな世界が見え、影響され、少年の心の中が少しずつ変化し、整理されていきます。

        一見、母親の敷いたレールを素直に走っているかのように思えた兄や姉も、きちんと自分の考え、主張を心の中で持っていたことも秀一は知ることができました。

        子どもだって親の庇護は必要ではあるけれど、親の所有物ではなく、いつまでも思い通りにはならない、ひとりの人間、一個人なのだ、ということを最後には教えてくれます。

        大人である自分も胸が苦しくなったりハラハラさせられたのです。
        子どもが読んだら…子どもの心にも激しい化学反応が起こるでしょうか。
        >> 続きを読む

        2020/03/04 by taiaka45

    • 1人が本棚登録しています
      このつぎなあに
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね! foolman
      • 油断禁物、長いです。

        淋しいおじいさんと、化けるのが下手なたねきのコント絵本!?

        最後は素敵なので、読んで悔いなし(^_-)
        >> 続きを読む

        2013/04/01 by fraiseyui

      • コメント 4件
    • 3人が本棚登録しています

【山中恒】(ヤマナカヒサシ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚