こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


藤浦敦

著者情報
著者名:藤浦敦
ふじうらあつし
フジウラアツシ

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      三遊亭円朝の遺言
      カテゴリー:大衆演芸
      3.0
      いいね!
      • 落語三遊派宗家と名乗る、藤浦敦の作「三遊亭円朝の遺言」という本。
        著者の父が、円朝一門総勢200名の丸抱えで面倒を見ていたようで、円朝の死後、
        その名跡である“円朝”も宗家であずかり、藤浦家は名実ともに、宗家と円朝名跡継承者、
        とを兼ねたとある。・・・・まあ、昔のタニマチは想像を絶っしますな。


        東京の落語であり、それも30年ほど前から15年間、月一で連載された文章なので、その当時に
        ついていけない違和感がある。例えば、小朝さんが注目され始めた時であり、1985年1月には、
        期待できる若手として、小さん門下に柳家さん喬という人がいると、誉めながら、注文もつけている。
        その当時のことは解らないので、惜しむらくはということが、実際おこっていたのか、確かめようがない。

        でも、そのなかで、「東京へ移った大阪落語」と詳しく書いてあるので、紹介する。
        明治から大正にかけて、百席ぐらいが移し植えられた。
        それなりの名人が移しており、単に凡人では成しえない。大阪と東京の土地柄の相違。言葉遣いの違い。
        大阪人の生活のニュアンス。人情、風俗、習慣、言葉をことごとく熟知して成り立つ。

        その、天才的仕事をした人をあげると、

        「鳥屋坊主(万金丹)」「床(寝床)」を移したのが馬楽。
        「宿替え(粗忽の引越)」「二階ぞめき」「にらみ返し」「提灯屋」「ちしゃ医者」「高津の富(宿屋の富)」
        「碁どろ」「時うどん(時そば)」「めか馬」「宿屋仇(宿屋の仇討)」「青菜」で三代目小さん。・・凄い数。
        「壺算(瓶算)」「へっつい幽霊」が二代目円馬。
        「菊江の仏壇」「三枚起請」「が初代円右。
        「浮世床」「浮世根問」が小せん。
        「初天神」「愛宕山」「子ほめ」「猫忠」「後家ごろし」が三代目円馬。芸風は文楽に伝承。
        「二番煎じ」「電話の散財(電話室)」は、五代目円生。
        「三十石」は、名人円喬。
        「浄瑠璃息子(義太夫息子)」「親子茶屋(夜桜)」が先々代の桂文冶。

        なんと、多くの噺が、移植されたことか・・・・逆に移されたのは「酢豆腐(ちりとてちん)」ぐらいで
        (作者は、移せるほどの実力者が大阪にはいなかった、言っているが)やはり、大阪人は心広いですな。
        >> 続きを読む

        2013/06/08 by ごまめ

      • コメント 3件
    • 1人が本棚登録しています

【藤浦敦】(フジウラアツシ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本

とまどい (ライムブックス)