こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


岩合光昭

著者情報
著者名:岩合光昭
いわごうみつあき
イワゴウミツアキ
生年~没年:1950~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      きょうも、いいネコに出会えた
      カテゴリー:写真集
      5.0
      いいね!
      • うちの近所にはあまりいないんですよね。ネコは家の中で飼うものになってるみたいだし、それに交通量の多い道路がすぐ近くを通ってるので、外でネコを見かけることはめったにありません。まあその方が、安心です。

        でも、ちょっとさびしい・・・。

        猫好きの4ひき飼ってる友人に借りたネコ写真集。(私もネコ好き・・・あ、わんこもインコも…)

        にゃんこを見てると、ほっとするね。ふふって、頬がゆるむ。

        和む~~~

        みんな、それぞれの地域、街に馴染んで、のんびりマイペースで暮らしてます。

        にゃんこはにゃんこなりのニャンコ人生(にゃん生)があって、きっと色々な思いも(瞬間瞬間には)あったりするんでしょうが、きっとめんどくさいことは全っ然考えてなかったりするっぽいのが、いい・・・ 

        ネコ、ええなあ~

        どのにゃんこも、かわええ~

        ・・・柿右衛門ちゃん~^^
        >> 続きを読む

        2015/06/12 by バカボン

      • コメント 2件
    • 1人が本棚登録しています
      ネコに金星
      カテゴリー:写真集
      5.0
      いいね!
      • 世界的に有名な動物写真家であると同時に(筋金入りの)ネコ写真家である著者のネコ写真集。

        著者のネコ写真は、写真家らしい絵のような瞬間やおもしろおかしい瞬間は意外に少なく、写真の中のどこにネコがいるのか、パッと見ただけでは分からないようなものさえある。

        圧倒的に多いのはネコが生活をしている写真。
        著者はネコを求めて47都道府県すべて制覇し、2周目に突入しているほどの人。(海外でも撮影したネコ写真の本もある)

        そんな著者だからこそ、ネコ達も様々な顔を見せるのだろう。

        今にも話しかけてきそうな顔、
        警戒して睨みつけている顔、
        興味津々で見つめる顔などなど。

        ネコは(時にだが)人間など何するものぞ、と思っている、と言われるが、一緒に暮らしていると、やはり何かしら影響を受けるらしい。

        著者は
        「ヒトに余裕があれば、ネコにも余裕があるようにも感じます。
        忙しくヒトが動く都市部では、ネコの動きも慌しいように見えてきます。」
        と言っている。

        語れるほど、詳しくネコを観察しているわけではないが、やはり、ネコには気儘に、のんびりしていて欲しい。
        >> 続きを読む

        2013/03/03 by Tucker

      • コメント 5件
    • 2人が本棚登録しています
      ニッポンの猫
      カテゴリー:写真集
      4.0
      いいね!
      • 「地球上どこへいっても気にしているのは、そこに猫がいるかいないか」
        という無類の猫好きな写真家岩合光昭氏の写真とエッセイ。

        雑誌「SINRA」に連載の「ニッポンの猫」から1999年4月号~2000年3月号までの分を再編集した写真集。
        初版2000年。
        文庫も出ていて十数年たって今また再版が出るということは、もまだ売れているらしい。
        日本には猫好きが多いようだ。

        日本中のあちこちの町や村で猫を追う。
        土地の風景、猫に関わる人の顔と声。
        この写真集は猫の愛くるしい姿だけを眺めるものではなく
        猫がその土地で生きる暮らしそのものを切り取ったものだ。
        旅行記としての風情もある。

        那覇・竹富島・座間味島
        枚方(大阪)
        琵琶湖・沖島(滋賀)
        尾道・因島(広島)
        手売島(北海道)
        奈良
        喜多方・奥会津(福島)
        函館
        河辺・平鹿・田沢湖(秋田)
        谷中・根津(東京)
        長崎・五島列島
        横浜

        ちなみに表紙の猫は長崎の猫です。(=^・^=)

        各地の名を見るだけで旅心を誘うような土地の風景が心に広がるのではなかろうか。

        しかし、美景と猫のコラボ。
        という期待は概ね裏切られるかもしれない。
        なぜその土地に行く必要が、意味があったのか。
        それさえも不明な写真が大半なのだ。

        それは間違いなくどこかでありながらどこでもありえる風景にしか思えない。

        美しい写真はあるが、絵葉書のような写真はほとんどない。

        それでも写真家の心を捉える猫の姿は魅力的だ。
        猫写真を撮ったことのある人ならわかると思う。

        自然体の猫を間近で撮影するのがいかに大変かを。

        猫は興味シンシンのカメラ目線はくれるのだが、見知らぬ他人の前でくつろぐことは結構稀なのだ。


        「ニッポンの猫」はどこに住もうと日本猫なのだ。
        それは、沖縄の海岸の猫を別とすれば、どこで撮られた写真であろうと
        「日本のどこか」で通用するような、ある意味ありふれたシーンなのだ。
        わざわざ時間と交通費をかけて撮った写真がただの街猫、田舎の猫。

        しかしだからこそ、岩合は出かけていくのだろう。
        歩き、探し、人に訪ね、ようやく会えた猫をカメラに収めるために。
        ヒトとネコの繋がりをいつも心に感じながら。

        この日本の住民である仲間に挨拶をするために。
        >> 続きを読む

        2013/11/10 by 月うさぎ

      • コメント 8件
    • 2人が本棚登録しています
      地球の宝石
      カテゴリー:写真集
      5.0
      いいね! kentoman
      • 地球は、いろんなものがあってこそ、成り立っている。
        動物・植物・鉱物・・・いろいろあるからこそ、いい。
        驕りは慎むべきもの。
        それを忘れてしまうと、とんでもないしっぺがえしがある。
        それにしても、動物たちの様子が素晴らしい。
        しいて選ぶとしたらマンドリルの表情かな。
        う~ん、ゴリラも捨てがたいなあ~^^
        >> 続きを読む

        2014/08/19 by けんとまん

      • コメント 2件
    • 1人が本棚登録しています
      ねこ
      カテゴリー:写真集
      5.0
      いいね! kazuna-ri
      • 以前、岩合さんの写真展の会場で購入。
        我が家の愛猫に似た子もいて
        何度見ても癒されます(^^) >> 続きを読む

        2015/01/22 by すもも

      • コメント 4件
    • 2人が本棚登録しています
      ねこ歩き = Go with cats.
      カテゴリー:家畜、畜産動物各論
      4.0
      いいね!
      • 以前、岩合さんの写真展の会場で購入。
        番組で見た子達もいます。
        岩合さんのサインもいただきまして、
        大切な本です。
        >> 続きを読む

        2015/01/22 by すもも

      • コメント 4件
    • 3人が本棚登録しています

【岩合光昭】(イワゴウミツアキ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本

楡家の人びと