こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


小池真理子

著者情報
著者名:小池真理子
こいけまりこ
コイケマリコ
生年~没年:1952~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      墓地を見おろす家
      カテゴリー:小説、物語
      3.6
      いいね!
      • 新築・格安・都心に位置する条件抜群なマンション。
        ―広大な墓地に囲まれていることを除けば。

        引っ越してきて、次々と不吉な出来事が起こります。
        怖・・・・・・・くないです。笑
        ツッコミどころ満載で、怖くなるどころじゃなかったです。

        管理人さんと主人公一家のみになってしまった辺りからおもしろくなってきたのですが、結局彼らが何をしたいのかが全く見えず、数々の伏線をそのままにして終わらせてたりと、中途半端なもやもや感だけが残りました。

        彼らは最後の住人を外に出さないために、たくさんの人を殺しましたが・・・事件として警察は動かなかったのかなぁ。
        あと、あれだけのことが起こっているんだから、最後の1世帯になる前にウィークリーマンションへ避難すればいいのにーとか。

        ラストに関しては、マンションの外の出来事にも呪いをかけまくってた彼らが、律儀にエレベーターに乗って恐怖を演出している姿に笑いが込み上げてきました。
        ・・・こんな感想ですみません(;´Д`)
        >> 続きを読む

        2014/12/11 by あすか

      • コメント 4件
    • 他2人がレビュー登録、 7人が本棚登録しています
      無伴奏
      カテゴリー:小説、物語
      4.5
      いいね!
      • 仙台が舞台。80年代に仙台で学生生活を送りました。住んでいたところも物語どおり。小説は学生運動で街や大学が荒っぽく書かれていますが、私がいたころはバブルのころで、楽しく浮かれていました。懐かしくて何度も読みたくなる本です。 >> 続きを読む

        2015/01/19 by berry

      • コメント 1件
    • 他1人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています
      恋
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • 三角関係の話。
        ワイドショーが大喜びで報道しそうな、インモラルな夫婦と女子大生のドロドロな愛憎劇。
        その中で、主人公である女子大生の、純粋な憧れの感情が刺々しくキラキラに書かれています。
        遠いロマンチックな世界に憧れたことのある人は、この主人公の気持ちが痛いほど理解できる気がします。
        私は共感できました。
        好きなもの、憧れるもののためなら、人は子供みたいに我儘になります。
        それを壊された時の癇癪も、何というか、身に覚えがあります。
        この主人公の場合は、身近に「凶器」があったために、取り返しのつかないことになってしまいますが…。

        そして主人公の刺々しくキラキラな世界は、寂れた優しい世界に収束していきます。
        主人公に対して少々過保護にも感じる結末は、人によっては「出来過ぎ」「御都合主義」と白けてしまうかもしれません。
        私は、ホッとしました。
        主人公を「良かったね」と抱きしめてあげるような終わり方は、主人公に共感しながら読み進めた私にとっても、優しい結末でした。
        >> 続きを読む

        2016/01/19 by yukiko

    • 3人が本棚登録しています
      見えない情事
      3.0
      いいね!
      • 情事とゆう言葉で不倫ものかなぁと想像していたけど、「見えない情事」は事件もの?でした。
        ただ、情事ではないからこそ、「見えない情事」だったのかな?と・・

        全部で7つお話が入っているのですが、読んでいてそれぞれちょっと怖いところが「世にも奇妙な物語」の原作になりそうでした。
        特に、「ディオリッシモ」と「車影」と「寂しがる男」が・・・

        「寂しがる男」が心霊的で怖かったです。
        一人暮らしに憧れてるのに、もし新築の部屋を見に行ったりしたらこの話を思い出してしまいそうで・・・
        お店に入った時に、もし人数を間違えられたら・・と思うと怖いです。

        あとがきに小池真理子さんも書かれてますが、確かにミステリー集ではなく、サスペンス集だなぁと感じました。
        >> 続きを読む

        2012/05/09 by uspn

      • コメント 1件
    • 1人が本棚登録しています
      精選女性随筆集
      3.0
      いいね!
      • レビューで、この随筆集を知った。
        名前は知ってて興味があるけど読んだことがない作家の、厳選した随筆を読ませてくれそうだったので手に取った。
        第2巻であるこの本は、森茉莉と吉屋信子。
        それぞれに良さがあるけど、森茉莉の文章に衝撃を受けた。

        選者も外せなかったといっている「幼い日々」。
        随筆でこんなにも印象に残ったのは初めてかもしれない。
        くどいくらいこれでもかこれでもかと書き込まれた情景描写に、初めは消化不良を起こしていたが、我慢して読んでいると、明治時代の上流階級の美しい家族・美しい生活にどんどん引き込まれていって、読むのをやめられない。
        お化粧をしてもらって、美しい母と軍服を着た精悍な父に手を引かれ、園遊会や料亭へと楽し気に足を運ぶ幼い作者。
        親からの愛情を一切疑うことなく、また確実に愛されて育った作者の瑞々しさが、文章から溢れていた。
        とても良いものを読んだ。
        >> 続きを読む

        2016/07/02 by shizuka8

    • 1人が本棚登録しています
      天の刻
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • わたしの読書は実利主義的。小池真理子の小説は、けっして哲学的ではなく、歴史小説でもなく、実利的とは言えない。そういう意味からわたしの読書の路線からはずれるのだが、小池真理子をけっこう好き。

        この短編集の主人公はみな40代後半の女性。
        今わたしも40代後半の女に恋しているから、とても興味をもって読んだ。

        主人公それぞれの人生はあったが、そろそろみなオンナとしての終わりを迎えようとしている頃である。どこか死を意識しているのは、オンナの終わりは人生の終わりなのか。

        付き合う男たちがまた一様にどうしようもなく、歳相応の肉と脂肪がついているつまらない中年男だったりするのが、わたしには心地よい。男の恋は、ナイスミドルだけのものではないのだ。

        恋に理由はなく、くっつきあってしまうのが女と男の不思議である。

        【このひと言】
        〇私は改めてつくづく、何故今頃になってこの人と---という不思議な、永遠に答えの出そうにない問いを繰り返したものでした。(天の刻)
        〇抱き合わなくてもいい、肌を合わせなくてもいい、そんなことは何もしないで、時々こうして会えるだけでいいし、その代わり、こういう時間が永遠に続いてくれればいい---そう思いました。年を重ね、容貌が衰え、誰も振り返ってもくれない、気にも止めてもらえないような、ただのおばさんになってしまっても、この人とだけはこうやって時々会って、未知のものを手さぐりで探し合うような、そんな不思議なひとときを共有していたい---こみあげてくる熱いものをこらえながら、私はその時、心底、そう思ったのでした。(天の刻)
        〇石堂に誘われたバロック音楽の室内楽が聴きたくないわけではなかった。着飾ってコンサートホールに行くのが面倒なのでもない。ただ、石堂と会って、石堂の自分を見る目に、抑えに抑えた官能のしるし、決して表に出ることのない淡い恋のしるしをみとめるかもしれない、と思うと億劫だった。(無心な果実)
        >> 続きを読む

        2017/04/26 by シュラフ

    • 1人が本棚登録しています
      存在の美しい哀しみ
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 異母兄がいることを母から知らされた榛名(はるな)。その後母は病気で亡くなるが、榛名はプラハでチェロ奏者を目指す兄に会いに行く。
        これを発端として、家族それぞれの抱える事情・思いがオムニバス的に一章一章で語られる。
        全ての事情を知るのは読者だけ。

        同じ男でも、妻から見るのと部下から見るのとではその関係性によって見え方は一面的になる。
        100%のいい人もいないし、100%悪い人もいない。
        一方の語りが他方に光を当てて、照射の繰り返しによって人間の多面性が見えるのが面白かった。

        でもこんなこと本当にあったらすごい。。

        >> 続きを読む

        2014/06/11 by はるきち

      • コメント 2件
    • 1人が本棚登録しています
      With you
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 匿名

        女性作家の官能小説。

        2016/12/20 by 匿名

    • 1人が本棚登録しています
      美しい時間
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • 2冊組のうち、村上龍の冬の花火を読んだ。
        自分自身、定年後はゆっくり妻と旅行にいきたいとぼんやり思っていたが、それがなぜなのかわかった気がする。多忙な日々を終え、時間ができれば永遠の他人である隣人を理解することに時間を使いたい、と思っていた(に違いない)。

        読み終えたあと、すっきりした1冊。
        >> 続きを読む

        2014/09/21 by aldebaran

      • コメント 2件
    • 1人が本棚登録しています

【小池真理子】(コイケマリコ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚