こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


森岡孝二

著者情報
著者名:森岡孝二
もりおかこうじ
モリオカコウジ
生年~没年:1944~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      就活とブラック企業 現代の若者の働きかた事情
      カテゴリー:労働経済、労働問題
      4.0
      いいね!
      • ブラック企業を是正することで、そうでない企業の経営をも支援することになるという考え方には賛同。
        この中にもあるが、俗に言うグレーの企業も多いのだろうが、そこもいろいろ変化していると思う。
        時代の流れとともに、環境の変化とともにかわっていく部分だ。
        ただ、働く人を人として扱わないとか、説明をしないとか、脅すとかそういった類のことはあってはいけないことだ。
        今の時代の一面でもあると思う。

        と、読んでから間もなく4年近くになるが、状況はより深刻化していると思う。
        また、ブラックという言葉が一人歩きしている部分もある。
        >> 続きを読む

        2015/02/21 by けんとまん

      • コメント 1件
    • 2人が本棚登録しています
      就職とは何か 〈まともな働き方〉の条件
      カテゴリー:労働経済、労働問題
      4.0
      いいね!
      • まさに、今が真っ最中の就職戦線。
        今のこの国の有り様を、複数の視点から的確に捉えていると思う。
        メデイアから伝わってくる数字は、本当の姿ではないことは、誰もが感じていることだと思うし、その一旦が垣間見える。
        実際、自分自身が採用担当として動いていることもあり、その中で感じていることにも、たくさんの気づきがある。
        自分でできることは何か・・・・採用に関する自分なりの視点から、学生の皆さんへ伝えるべきことを伝えているつもり。
        どこまで、感じ取っていただけいるか?は、自ずと結果としてでてくる。
        >> 続きを読む

        2014/10/07 by けんとまん

      • コメント 3件
    • 1人が本棚登録しています
      浪費するアメリカ人 なぜ要らないものまで欲しがるか
      カテゴリー:生活・消費者問題
      5.0
      いいね!
      • 面白かった。
        ちょうど良い難易度で信憑性があり良書。

        仕事が人生の中心になりがち。
        もっとやりがいのある仕事を
        もっと給与の良い仕事を
        そのためにスキルアップやら齷齪する日々。

        それで良いのかと自問自答していた。
        なにもかも仕事のための人生。

        この本を読んだおかげで少し違う考え方を得たようにも感じた。

        より良い仕事がより良い人生と思っていたことが
        そもそも違っていた。

        私のことはさておき
        消費するから働かなければならない
        働くから消費をするこの悪循環を止めることの大切さが
        本書には書かれていた。

        消費をすることは悪いことではないが
        それが本当に幸せなことなのだろうか。
        >> 続きを読む

        2017/07/02 by snoopo

    • 2人が本棚登録しています

【森岡孝二】(モリオカコウジ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本

気になる科学 (中経の文庫)