こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


さだまさし

著者情報
著者名:さだまさし
さだまさし
サダマサシ
生年~没年:1952~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      解夏
      カテゴリー:小説、物語
      4.5
      いいね! tanreinama
      • さだまさしさんは読者の心を揺さぶるのが上手い。
        淡々と表現されているのに涙腺のスイッチが押されてしまう。
        歌や音楽を聴いてて心が動かされるように。

        いちばん好きだったのは解夏。失明する恐怖におびえる隆之。そこにたどり着いたとき痛みも無くなる。覚悟を決めて支えてくれる陽子が健気で頼もしい。サクラサクも良かった。
        登場する子供も魅力的だったが亡くなったり呆けたりする義父や父親がさらに魅力的に描かれてた。

        いままで読んださださんの作品では一押しかな。


        >> 続きを読む

        2019/06/11 by miko

    • 他14人がレビュー登録、 27人が本棚登録しています
      眉山
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 確かにお龍さんは潔いし困ってる人を見捨てられず何でも出来ることはやってきたんだろう。
        だからいつも人に感謝されてる素晴らしい人だ。娘に対しても甘えることひとつしないで自分の人生の残りをどう過ごすか決めて咲子をさびしい気持ちにさせた。

        お龍さんがそんな生き方をしてきたのは道ならぬ恋で子供を宿してしまったからその償いなのかなと思った。
        子供が出来たとき相手の男性には家庭があったのだろう。きっと妊娠も知らせずにそれっきり会わずに。

        風に立つライオンで人を愛することは深くて辛いと思ったけど道ならぬ恋で出来た命をひとりで育てながら相手を思う愛も辛いだろう。お龍さんだからできた人生。

        >> 続きを読む

        2019/04/04 by miko

    • 他3人がレビュー登録、 9人が本棚登録しています
      アントキノイノチ
      カテゴリー:小説、物語
      4.2
      いいね!
      • さだまさしさんの作品を初めて読みました。
        劇場版は以前見たことがあったが内容に若干違いがあり戸惑った。
        命の重さをメインにおいた作品だったと思う。
        >> 続きを読む

        2016/01/01 by future

    • 他2人がレビュー登録、 8人が本棚登録しています
      アントキノイノチ
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 「元気ですかーっ!」

        少々説教くさいwさだまさしさん渾身の作。
        もちろん既に小説家として活躍されておりますが、シンガーソングライターらしい、曲のタイトルのつけかたみたいな本の題名が可笑しいw
        すごい、ストレートに「命」についての説教、とても感動的でありました!
        作風自体がさだまさしワールド!
        良かったコレ。
        >> 続きを読む

        2018/07/30 by motti

    • 他1人がレビュー登録、 8人が本棚登録しています
      精霊流し
      カテゴリー:小説、物語
      2.0
      いいね!
      • 正直、期待ハズレ。ハードルを上げた訳ではないが、時系列とかぼやけ気味。終盤で盛り返すが、そこまで。 >> 続きを読む

        2017/09/12 by hiro2

    • 1人が本棚登録しています
      案山子
      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      4.0
      いいね!
      • あたたかな気持ちになる一冊だった。

        人は一人で生きているわけではない。
        そのことをあらためて思わされた。 >> 続きを読む

        2013/06/07 by atsushi

      • コメント 5件
    • 1人が本棚登録しています

【さだまさし】(サダマサシ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚