こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


岡倉禎志

著者情報
著者名:岡倉禎志
おかくらただし
オカクラタダシ
生年~没年:1963~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      さがしています
      カテゴリー:社会福祉
      5.0
      いいね!
      • 広島の原爆の時に、誰かが身につけていた服や手袋、あるいは持っていた弁当箱やビー玉やメガネ、鍵。

        それらが言葉を語りだした。

        という設定で書かれている、詩の数々と写真でつくられている絵本である。

        あらためて、突然、中途で人生を断ち切られた人々の無念の思いと願いが、心に響く。

        二度とこのようなことがないようにするためには、核兵器が二度と使われないように、各人がこれらの言葉に耳を傾け、思いを受け継ぎ、広め、強めていくしかないのだろう。

        文章を書いているビナードさんという方は、アメリカ人だが、日本に来て原爆について調べ、広島で多くの人の話を聞き、この本を書いたという。
        国境を越えて、多くの人に読み継がれて欲しい、重いが、大切な一冊と思う。
        >> 続きを読む

        2013/09/23 by atsushi

      • コメント 10件
    • 他1人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています

【岡倉禎志】(オカクラタダシ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本