こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


JacobsenAnnie

著者情報
著者名:JacobsenAnnie

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      エリア51 世界でもっとも有名な秘密基地の真実
      カテゴリー:軍事施設、軍需品
      5.0
      いいね!
      • アメリカ最大の政府管理区域に存在するエリア51。

        公でないのにかかわらず、誰もが知っているという不可思議な秘密(?)基地だ。アポロ月面着陸捏造説や、ロズウェルの未確認飛行物体墜落説とともに語られ、長らく大衆の好奇の目に晒されているからに他ならない。

        本書は関係者のインタビューと、機密解除された公文書をもとに、エリア51の真実に迫るノンフィクションである。

        当然ながら僕は、未確認飛行物体や宇宙人にまつわる噂の真相が知りたくて本書を手に取った。だが、ここにロマンを求める読者は、期待を裏切られることになるだろう。

        著者は、エリア51(および隣接するをネヴァダ核実験場)で実行された数々のプロジェクトを、アメリカとソ連の核開発におけるチキンレースや、国防総省とCIAの権力闘争を絡めながら述べていく。本書は、現実をとことん追求しているがゆえに衝撃的である。

        第二次大戦、マンハッタン計画、朝鮮戦争、ケネディ暗殺、キューバ危機、ベトナム戦争、湾岸戦争、アルカイダという70年におよぶ歴史上のトピックの、ちょうど裏面史になっている。

        第二次大戦終結にともなってアメリカとソ連がドイツ人科学者の争奪合戦を繰り広げ、軍事研究に従事させているのには驚かされる。ネヴァダでは、杜撰な管理下で、地上、地下計1千発に近い原発実験がおこなわれていたという。人体に対する放射能の影響がわかっていなかったときから、実験が繰り返されていたのだ(これが後の人体実験につながる)。

        訳者あとがきにもあるとおり、汚染された土壌をミミズが摂取し、それを鳥が捕食して、拡散するという恐ろしさは永遠に続いていく。プルトニウムの半減期が2万年であることを考えると、対岸の火事ではない。

        エリア51内での従事者は、情報適格性によって区分けされ、誰が何をしているかを理解していないという。情報適格性のもとでは、大統領ですら触れることのできない情報が存在する。ここでおこなわれているプロジェクトの全体を把握し、統制しているのは、いったい誰なのだろう。全世界の命運を、得体の知れない組織体が握っているという危うさが、ここにある。

        エリア51での、CIAによる高高度音速偵察機の開発経緯や、知られざる事件・事故、試行錯誤するステルス技術、ソ連の対抗策、空軍による主導権の奪取、ミグのリバースエンジニアリング、無人爆撃機等、読み所はてんこ盛りになっている。すらすらと読み進めることは難しいが、知的好奇心は十分に満足させてくれるだろう。

        特に興味を引くのは未確認飛行物体についての著者の論述だ。ここだけは、多くの人が突拍子もないと思うのではないだろうか。どちからというと、僕は未確認飛行物体そのままの方が理解しやすかった。この珍説を拝見するだけでも、本書を読んだ価値はあったかな。
        >> 続きを読む

        2013/02/04 by hit4papa

      • コメント 10件
    • 4人が本棚登録しています

【JacobsenAnnie】 | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本