こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


針谷勉

著者情報
著者名:針谷勉
はりがやつとむ
ハリガヤツトム
生年~没年:1974~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      原発一揆 警戒区域で闘い続ける"ベコ屋"の記録
      カテゴリー:社会福祉
      5.0
      いいね!
      • 福島第一原子力発電所から約14km。福島県双葉郡浪江町にその牧場
        はある。「希望の牧場・ふくしま」。原発事故後、警戒区域に指定された
        場所で牛を生かし続けることを選択した人がいる。

        本書は「希望の牧場・ふくしま」代表の吉沢正巳氏を中心に、被曝した家畜
        を助け、命を守る為に奮闘している前代未聞のプロジェクトの記録だ。

        牛舎に繋がれたまま、餓死した家畜がいたことは知っていた。だが、本書
        で死んだ牛や豚の写真を見ると改めて衝撃を受ける。

        家庭で飼われていたペットもそうだが、牛も、豚も、鶏も、何も悪いことはして
        いないんだ。それなのに、国は移動という手段ではなく殺処分を選び、飼い主
        たちに押し付けた。

        殺処分を選ばざるを得なかった飼い主たちの苦渋。なんとか殺処分を回避
        しようとする地元自治体。実際に殺処分に係わった人たちだって、そんなこ
        とはしたくなかったんだよね。でも、霞が関のお役人様たちは何も理解しよう
        とはしない。

        そして、苦渋の決断を強いられた飼い主たちを、更に追い詰めるような一部
        の動物愛護家たち。他の作品に記されていたのだが殺処分に同意した
        飼い主の元に非難の電話が殺到したり、警戒区域の牛舎に入り飼い主が
        エサやりに通っていたのに「置き去りにされた」と勝手に解釈して牛たちを
        解きはなったり。

        本書でも地元自治体に殺処分中止の抗議が寄せられ、電話回線がパンク
        寸前であったことが記されている。被災自治体に対してなんてことをして
        いるんだろうな、こういう人たちは。

        被曝した牛を生かす。それは助けた命だから。助けるだけではいけない。
        助けた命は守らなくてはいけない。「希望の牧場」は他の牧場からの牛
        も受け入れ、今もプロジェクトが続いている。

        例え商品価値のない家畜でも、命を守り続けることで私たち人間は何か
        を得られるかもしれない。命は、命なんだよね。人間も、家畜も。

        尚、本書に掲載されている写真にはショッキングな光景がいくつもある。
        しかし、これは現実なんだと直視したい。
        >> 続きを読む

        2017/08/22 by sasha

    • 1人が本棚登録しています

【針谷勉】(ハリガヤツトム) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本