こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


安生正

著者情報
著者名:安生正
あんじょうただし
アンジョウタダシ
生年~没年:1958~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      生存者ゼロ = SURVIVOR 0
      カテゴリー:小説、物語
      4.1
      いいね!
      • まるで映画をみているような(実写化されても見る勇気はありませんが・・・)スリリングな展開と、巧妙にはられた伏線が見事です。
        テンポよくストーリーが進み、原因を追うチームの動きと、並行して起こる大量死の様子が、スピード感と緊張感をもって描かれています。また、それにからめて、富樫博士の悲しい過去や薬物が人格を蝕んでいく過程、廻田陸佐の葛藤などもきちんと描かれていて、単なるパニックものにはとどまらない広がりを感じます。
        この話がこわいのは、わたしたちの想像の届く範囲の恐怖に訴えかけてくるからだと思います。ネタバレになってしまうので結末は明かしませんが、得体の知れない「致死率ほぼ100%」の何かが迫ってくる恐怖といったらありません。

        それに、原発事故を経験したわたしたちは知っています。生きるか死ぬかの恐怖にさらされたとき、人間がいかに愚かな行動をとってしまうのかを。恐怖のあまりパニックに陥った人々が暴走した行動を起こしてしまうこと。国家存亡の危機のさなかにあっても、責任を押し付けあい、逃げ腰で後追いの対応しかできない政府。どれも現実に起こり得る可能性があるからこそ、恐怖心をあおられるのだと思います。
        >> 続きを読む

        2013/06/08 by miwa

      • コメント 2件
    • 他3人がレビュー登録、 16人が本棚登録しています
      生存者ゼロ
      カテゴリー:小説、物語
      3.1
      いいね! yana annya
      • エンターテイメントとしてはなかなか読ませるし、文章も悪くないと思う。が、登場人物の掘り下げがいまいちで、エピソードを盛り込みつつも回収が不十分で色々消化不良。生存者ゼロになるくらいの惨劇に巻き込まれた主要人物がすんなりにげられたりして辻褄合わなかったりとツッコミ所多数あり。
        最後の最後の章の意味わからない辺りは狙ってやってると思うのであえてツッコミ入れてあげないのであった。ここに文句を言うと作者の思うツボなんであります。
        言及すべきは稚拙な整合性ですが、エンターテイメント性を失う程ではないので、素直に読めばまあ楽しめるかなと。
        >> 続きを読む

        2015/03/02 by ありんこ

      • コメント 3件
    • 他3人がレビュー登録、 17人が本棚登録しています

【安生正】(アンジョウタダシ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本

手紙