こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


佐々木譲

著者情報
著者名:佐々木譲
ささきじょう
ササキジョウ
生年~没年:1950~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      廃墟に乞う
      カテゴリー:小説、物語
      3.6
      いいね!

      • 直木賞ってのは良い作品を書いた次回作あたりに受賞する傾向にある(?
        )そうなんで前作を読んでみようと思います。
        >> 続きを読む

        2018/07/11 by motti

    • 他6人がレビュー登録、 11人が本棚登録しています
      警官の条件
      カテゴリー:小説、物語
      4.3
      いいね!
      • 僕の警官小説人生の火蓋を切った「警官の血」。
        僕にとっては重量級の警察小説のチャンピオンです。
        この本は、その「警官の血」の3代目安城和也が主人公、そして四課の独立愚連隊「加賀谷仁」は主人公に倍する圧倒的な存在感で登場します。

        あらすじ

        祖父、父を警官に持つ安城和也は、加賀谷仁の警官としての腐敗を内偵する為に部下として接近。加賀谷が捜査の為に所持していた麻薬を証拠とし逮捕、警察を追われる。
        2年半に及ぶ裁判で警察も暴力団もどちらの事も売らず、黙秘を続けとうとう無罪を勝ち取る。
        彼は誰の事も裏切る事無く潔白を証明して見せ伝説となるが、警察を退職後は三浦半島の漁村で釣り船の親父として生計を立てていた。

        安城は若き警部としてチームを率いるが、加賀谷の持っていた人脈、カリスマ性等とは並ぶ者も無く、暴力団の在り方自体の変貌も有り捗々しい成果を得る事が出来なかった。
        そんな中、覚醒剤の流通ルートの内偵を進めていた安城は、取り返しのつかないミスを犯してしまう。

        そんな中、加賀谷には警察への復職の要請が来ていた。
        彼の持っている人脈もさることながら、裁判での誰も売らず身の潔白を証明した事により、「最高最強の刑事」として警察内でも、裏稼業人間からも一目置かれる存在となったのだ。
        彼は要請を固辞するが、かつての部下の殉職を切欠に復職する事を了承する。



        この本もまた僕の中では新たな金字塔として確かな位置を占める事となりました。堂々の700ページオーバー。
        安城の警察としての足場を固め、その中で最大限動こうとする姿勢。警察という枠組みから大きく逸脱しながら、その強力な求心力で清濁併せのみ最短ルートをひた走る加賀谷。

        どう見ても僕らの思う警察は安城の姿勢。
        けれども加賀谷の中で踏み越えてはいけない場所には踏みとどまりながら、誰にも手が届かない事柄も無造作に鷲掴みするその剛腕は、僕ら男の血を騒がせる事間違い無し。加賀谷の一挙一動から目を話す事が出来ません。

        さて、もっとこの本について知りたい人は、課長代理さんのレビューが非常に参考になる事でしょう。読後にもう一回課長代理さんレビュー読ませて頂きましたが、はっきり言って最高。僕のはスルーしても彼のレビューを読むべし読むべし読むべし!!
        >> 続きを読む

        2015/06/21 by ありんこ

      • コメント 6件
    • 他2人がレビュー登録、 6人が本棚登録しています
      ベルリン飛行指令
      カテゴリー:小説、物語
      3.7
      いいね!
      • この佐々木譲の「ベルリン飛行指令」を初めて読んだ時の衝撃は、今でも鮮やかに覚えています。

        デビュー作の「鉄騎兵、跳んだ」以降、バイク小説や青春小説、モダンホラー小説に活劇サスペンス小説と多彩なスタイルの作品を発表してきた佐々木譲が、初めて本格的な政治サスペンス活劇小説に挑んだのです。しかも、期待を遥かに上回る迫力と興奮に満ち溢れた傑作を----。

        日独伊三国同盟が締結された1940年の秋、日本海軍の新鋭戦闘機を極秘裏にドイツへ送る計画が持ち上がりました。そのパイロットに選ばれたのは、海軍の札付きパイロットの安藤と乾。

        敵の包囲網を潜り抜け、給油のための中継地点を経て、二人はベルリンへと飛行を続けたのです----。

        大胆な仮説にもとづいた、極めて破天荒な物語なのですが、活劇小説の基本的な設定を骨格として、戦闘機の知識をはじめ植民地インドの情勢など、戦時のディテールを丹念に積み重ね、そのフィクションを見事に激動の歴史の中へ、リアルに展開させているのです。

        そして何よりも、主人公の人物造型と幾つもの感動的な挿話が、この作品の大きな魅力になっていると思います。知性は勿論の事、豊かな感性や強い意思をもつ彼らは、それゆえにモラルなき組織や国家などと対立、反発し、世間からはみ出してしまうのかも知れません。

        しかし、その対立のエピソードがどれも胸に迫り、彼らが気高く見えるのです。このような感情を抱かせるのは、佐々木譲ならではの文章力のなせる技だと思います。

        更にこの作品は、真珠湾作戦をめぐる日系人スパイの追跡劇「エトロフ発緊急電」、戦争終結へ向けて奔走する人たちの冒険行を描いた「ストックホルムの密使」とあわせて、"第二次世界大戦三部作"となっていますので、次回は最終作の「ストックホルムの密使」を読む予定で、この他にも佐々木譲の作品はたくさんありますが、新宿歌舞伎町が舞台のベトナム難民の少女をめぐる活劇サスペンスの「新宿のありふれた夜」へと読み進めていきたいと思っています。
        >> 続きを読む

        2016/10/16 by dreamer

    • 他1人がレビュー登録、 3人が本棚登録しています
      エトロフ発緊急電
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 今回、再読した佐々木譲の「エトロフ発緊急電」は、彼の"第二次世界大戦三部作"と言われる、「ベルリン飛行指令」「ストックホルムの密使」の中で二作目の作品で、第43回日本推理作家協会賞(長編賞部門)と、第3回山本周五郎賞を受賞している傑作です。

        零戦をベルリンまで運ぶという途方もない計画を描いた1作目の「ベルリン飛行指令」も彫りの深いキャラクターを造形した点では傑作だと思いますが、物語の後半部がやや駆け足になったのが少し残念な気がしていて、開戦前夜の状況ドラマと同じ比重で大空の冒険のエビソードをもっと書き込んで欲しかったなという印象を持ちました。

        その前作に比べて、この2作目の「エトロフ発緊急電」は、文句のつけようがないくらいに素晴らしい傑作だと思います。

        とにかくこの作品には、実に膨大な人物が登場してくるのです。日系移民の子で、スペイン内戦に国際義勇軍として参加した後、アメリカの闇社会で生きている男。ロシア青年と日本娘の間に生まれ、数奇な運命を生きる択捉島出身の娘。北の島までアメリカのスパイを追って来る軍曹。

        更には、日本で諜報活動に従事する宣教師。日本に憧れ、講師として来日後は幻滅し、海軍情報部に勤務するアメリカ女性。情報部の極東課に勤務し、地下工作専従者を日本に送り込む巨漢の少佐などなど----。

        そして、アメリカのスパイとなって日本に潜入して来る男を中心に、その一人一人のドラマが丁寧に、こと細かく描かれ、やがてそれらが渾然一体となって、真珠湾奇襲作戦をめぐって緊迫したドラマが展開していくのです。

        アメリカ海軍情報部が日本に送り込んだスパイ、ケニー斉藤は真珠湾攻撃の真実を本国に打電出来るのか?----というサスペンスを核に展開するこの長編小説は、過不足なく北の島の冒険の行方を描いていて、我々読者をハラハラ、ドキドキさせながら、たっぷりと楽しませてくれるのです。

        この作品は「ベルリン飛行指令」に続く、"第二次世界大戦三部作"の第二部にあたりますが、物語自体は前作とは全く別物なので、この作品だけでも独立して十分に読む事が出来ます。

        連作の匂いは、前作の登場人物の数人がこの作品にもだぶって登場する事だけです。例えば、前作の作戦を指揮した大貫中佐と山脇書記官は、この「エトロフ発緊急電」にも登場しています。

        ベルリンに飛んだパイロットの安藤大尉の妹、真理子と前作で知り合った山脇書記官は、この作品で彼女と結婚する事になりますが、その結婚式が行われる教会の宣教師が、潜入したアメリカのスパイの連絡係という関連もあったりしますし、安藤大尉の馴染みだったシンガーの消息がちらっと出て来るなどの"芸"も非常に細かいなと感心させられます。

        再読して思う事は、とにかく、全編を通して静かな物語ではありますが、彫りの深いキャラクター、テンポのいいスピーディーな展開と、全く言う事がありません。

        北の島で交錯する、手に汗握る日米開戦前夜の諜報戦を、迫真のディテールで描き切った傑作だと断言してもいいと思います。
        >> 続きを読む

        2016/09/15 by dreamer

      • コメント 4件
    • 他1人がレビュー登録、 5人が本棚登録しています
      ストックホルムの密使
      カテゴリー:小説、物語
      3.7
      いいね!
      • この方のストーリーは私にとって
        とても情景が浮かびやすくて
        そして現場にいる感覚になりやすいから、好き。
        あとにおいたつものが、好き。
        >> 続きを読む

        2017/06/13 by 自由じゃん

    • 他1人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています
      警官の血
      カテゴリー:小説、物語
      4.3
      いいね!
      • この小説
        ほんとすき。

        昔映像化してるそうですが
        キャスト見たら私のそれぞれのイメージと
        なぜかぜんぜん違う

        私なら誰でみたいかなーと考えるだけで
        ゾクゾクするような。

        そして早瀬を誰にするかがだいじ。
        >> 続きを読む

        2017/02/13 by 自由じゃん

    • 他1人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています
      武揚伝
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!

      • 佐々木譲の第21回新田次郎文学賞受賞作「武揚伝」(上・下巻)を読了しました。

        歴史のヒーローたちの物語は、いつでも読み手の心を熱くさせるものです。
        今回そこに加わったのは、榎本武揚の物語だ。

        榎本武揚は、江戸幕臣の子として生まれ、幕末期の長崎の海軍伝習所に入り、維新の動乱の中でオランダに留学し、機関・造船・操船術を学んでいる。

        もともと関心があったのは、科学技術だった。この幕末の留学生の生態が、とても興味深く描かれていると思う。

        彼が学んだのは技術ばかりではなく、当然、戦術も学んでいる。
        そして、帰朝して幕府の海軍の中心的存在となっていく。

        戊辰戦争の時、官軍に抗して開陽丸をはじめとする艦隊を率いて脱走、箱館に渡った。

        榎本武揚が外国で学んだものには、さらに国際法がある。
        また、共和政体に対する関心がことさら深く、箱館の地で「蝦夷ガ島自治州」を作り、選挙によってその総裁となり、諸外国にこれを政権として承認させたんですね。

        この幻の共和国の実態、特に外国との互いに腹に一物持っての交渉が、非常に面白い。

        結局、敗北して箱館五稜郭が滅び、官軍に降伏する三十三歳の頃までが「武揚伝」上下二冊の内容になっているが、実際の武揚は、七十二歳まで生存し、明治政府に出仕し諸大臣を歴任している。

        榎本武揚の写真を見ると、そこにはとても日本人とは思われないような人物が写っている。
        司馬遼太郎によると、オランダ留学中に、彼はスペイン人に違いないと思われていたそうだ。

        顔だけではなく、精神が当時の日本人からは大きく離れていたのだと思う。
        むしろ現在の日本人、あるいは、これからの日本人に近いのかもしれない。

        日本の歴史小説は、今まで"日本人とは何か"ということを追求してきたが、榎本武揚のような人物を描くほどには成熟していなかったように思える。
        この人物は、明らかに過去よりは未来に属しているのではないかと思う。

        「武揚伝」が、伝記ではなく小説であることが、とてもいいと思う。
        この未来型の日本人を描くには、書き手の情熱が直接表に出る小説というスタイルこそ望ましいと思いますね。

        >> 続きを読む

        2018/08/12 by dreamer

    • 他1人がレビュー登録、 2人が本棚登録しています
      廃墟に乞う
      カテゴリー:小説、物語
      3.8
      いいね!
      • 6編に及ぶ連作短編集。

        過去の事件を捜査中に、深い心の傷を負ってしまった刑事。
        英気を養うために休職している彼の元に次々と事件が持ち込まれる。そんな設定です。

        刑事で有るにも関わらず、休職中の彼は、警察組織を使った捜査ができません。
        もちろん、内情に通じているし、同じ警察官のよしみで協力を得られたり(得られなかったり)はしますけれど。

        この辺りの描写が、トラブルが発生して警察に相談に行っても、おざなりな対応しかしてもらえないというよく聞く話を思い出させ、イライラハラハラさせてくれます。

        全体的に静かというか暗い感じで、独特の雰囲気を醸し出しているのは良いのですが、それほど印象に残る作品ではなかったため、直木賞受賞作品という期待感には応えられていないかも。

        風景描写が豊かなので、北海道に住んでいる人だったら、もっと楽しめるのではないかと思いました。
        >> 続きを読む

        2012/10/04 by emi

      • コメント 3件
    • 他1人がレビュー登録、 7人が本棚登録しています
      うたう警官
      カテゴリー:小説、物語
      4.5
      いいね!
      •  警察小説をまた読むのにまたちょっと覚悟が必要だった。
         でも、面白かった!。
         たしかに殺人事件は起きるんだけど、強姦殺人とか、子供を殺すとか、そういう私が苦手な部分が無かったのと、どちらかといえば、人間の良心に重きが置かれているので。
         組織が一枚岩ではない事が救い。無実の仲間を殺されてたまるか!という気概。長い者に巻かれて、あわよくばおこぼれにあずかろうという人は必ずいるし、自分の保身の為に人を切り捨てる、というのは警察に限った話ではないと思う。隠蔽とか捏造とかも、現実にあり得るけど、それ、おかしいですよね、って思う人も絶対にいるはず。それに立ち向かうのは相当勇気がいるけど、その希望がこの小説にはあった。
         もっと色々な見方ができると思うけど、ど素人のただの読者が完全に趣味として読書をする分には、面白いの一言。変なストレスが無く、読み切れた。
        >> 続きを読む

        2018/05/26 by チルカル

    • 他1人がレビュー登録、 2人が本棚登録しています
      五稜郭残党伝
      カテゴリー:小説、物語
      3.5
      いいね!

      • 佐々木譲のゴキゲンな痛快小説、「五稜郭残党伝」を一気に読了。

        著者・佐々木譲「初の時代小説」というキャッチコピーに、つい油断してしまったが、読み始めてからしばらくしてハッと気付いたんですね。

        これは"西部劇小説"ではないのかと。
        それも、佐々木譲版「明日に向って撃て!」なのだと。

        1869年(明治二年)五月十六日、箱館・五稜郭で榎本武揚率いる幕府軍の命運が、尽きようとしていたその夜、歩兵隊指図役の蘇武源次郎は、降伏投降を潔しとせず、脱走を決意する。

        彼は、榎本軍随一の狙撃の腕を誇る名木野勇作と共に、奥蝦夷を目指し、海岸線を北上していく。
        彼らは、途中で知り合ったアイヌのシルンケと共に蝦夷地を渡り歩いていくが、その過程で各地を支配する和人たちがアイヌを虐げ、暴利を貪っている実態を目の当たりにする。

        一方、その頃、箱館では戊辰戦争で数々の戦功を上げた仮軍監・隅倉兵馬が討伐隊を組み、執拗な追跡を開始していた-------。

        ストーリー自体は、実にストレートなんですね。
        新たな随行者であるアイヌとの出会い、悪行を重ねる街の支配者たちとの小競り合い、切支丹を初めとする様々な入植者たちとの交流、そして討伐隊との追いつ追われつの死闘と、実にオーソドックスな追跡活劇になっている。

        冒険小説好きの私にとってこの展開は、それだけでも応えられないところですが、著者の佐々木譲は、さらに主人公の二人に、アイヌを率いて新政府軍を打ち破った後、蝦夷地のアイヌに一斉蜂起を呼び掛けるという"自主独立の夢"を託すことによって、はみ出し者=異人の再生ドラマをも織り込んでいくんですね。

        その意味では、蘇武と名木野は、従来の佐々木譲の小説に登場したヒーローの原型と言うべきなのかもしれません。

        この作品でも、例によって、著者はこの二人の熱い戦いぶりをクールな筆致で描いていくんですが、ラストに至っては、まさに目頭が熱くなるほどの盛り上がりを見せてくれるんですね。

        >> 続きを読む

        2018/05/06 by dreamer

    • 3人が本棚登録しています
      制服捜査
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • 「BOOK」データベースより

        札幌の刑事だった川久保篤は、道警不祥事を受けた大異動により、志茂別駐在所に単身赴任してきた。十勝平野に所在する農村。ここでは重大犯罪など起きない、はずだった。だが、町の荒廃を宿す幾つかの事案に関わり、それが偽りであることを実感する。やがて、川久保は、十三年前、夏祭の夜に起きた少女失踪事件に、足を踏み入れてゆく―。警察小説に新たな地平を拓いた連作集。


        僕の中では警察小説を書く方の中で打順を組んだら必ずクリーンアップとなる佐々木譲さんの連作集です。
        長編では無く連作なので若干後回しにしていたのですがこれが大ヒット。僕の中では警官の血に迫る勢いで心のランキングを駆け上って行きました。
        元々刑事だった川久保が駐在さんとして赴任した先で出会う事件を連作として書いています。
        遭遇する事件としてはとても現実味が有って、やたらと重大事件に遭遇したり、やたらと姿死体が発見されたりせず、人と人の軋轢によって生じる心の闇の部分を描いていて違和感が無く読めました。
        比べる訳ではないのですが、笹本稜平さんの「駐在刑事」はあまりにも事件起き過ぎ人死に過ぎという違和感がぬぐえなかったので、これだ!と膝をはたと打つ思いでした。
        そしてそして粛々と村の闇の部分に目を向けながら、最後の中編で十数年前の祭りで行方不明になった少女と、村の闇の部分が重なり合い新たな事件が発生します。
        十数年ぶりに復活した祭りに人々が訪れ、忌まわしい失踪事件とあまりにも類似する新たな誘拐事件が勃発するのでありました。
        これが最後のフィナーレにふさわしい手に汗握る物語で、あまりに強く握ったので本がよれよれになってしまいました。

        >> 続きを読む

        2015/08/13 by ありんこ

    • 5人が本棚登録しています
      カウントダウン
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 後半はだいぶ駆け足でした。

        敵役の反撃等、若干の物足りなさもあり。

        2014/03/18 by gas4476

      • コメント 4件
    • 3人が本棚登録しています
      黒頭巾旋風録
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 佐々木譲氏の作品を最近は再読している。
        直木賞を獲る以前から気になっていた
        作家であ
        ──この人はいつ評価されるのか?──
        と思っていた作家のひとりだった。

        本書では過去の郷土史を研究していた
        佐々木氏が見つけた「黒頭巾」とは
        何者かについて書かれている。
        一読してこんな人も居るのかと驚いた。
        蝦夷地は榎本のあと和人が占領し
        アイヌの民人を苦しめているという
        ところから始まる。
        そこに黒頭巾を被った男が現れて
        鞭を自由自在に動かしながら
        次々と悪事を働く和人をこらしめる。

        ここまで読んでまるで「水戸黄門」の
        ようだなと思った人もいるかもしれない。
        しかし黒頭巾の正体は決して権力者では
        なかったのである。
        ある意味、和人とアイヌの人々の
        橋渡しとしては意外な存在かもしれない。
        アイヌの人々はそれぞれのコタン(村)
        を守りながら平和に暮らしていた。
        しかしそこに新政府軍がやってきて
        アイヌの人々を苦しめたのである。
        そこに登場した黒頭巾はアイヌの人と
        交流を持ち、やがてはアイヌの人に
        助けられるという物語が自分を勇気づけた。

        佐々木譲氏は北海道の作家だという。
        確かに北海道を舞台にした作品が多い。
        隠れた名作が眠っているので
        興味のある人はぜひ読んでほしい。
        >> 続きを読む

        2013/10/29 by frock05

      • コメント 4件
    • 1人が本棚登録しています
      警官の血
      カテゴリー:小説、物語
      3.5
      いいね!
      •  いやホント 面白かったです。
        私個人のレビュー評価基準から
        作品の性質上★4つになってしまいますが、
        面白さや読み応え度でいったら★5つでもいいくらいです。
         
         最後はお爺さん(清二)の死の真相やら
        父親(民雄)の殉職時の心境、
        さらには子(和也)自身のストーリーが
        一気呵成に進行して
        読者をラストへ押し流していきます。
          
         物語が終わってしまうのがもったいないというか
        残念だなぁ と思っていたら、
        和也時代を舞台にした続編があるんですね。
        もちろんそちらも読みます!
        >> 続きを読む

        2015/02/05 by kengo

    • 3人が本棚登録しています
      警官の条件
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      •  大作「警官の血」の続編、
        というかスピンオフ作品です。
          
         三代目警官:和也と前作にも和也の上官として登場した
        加賀谷の2人を主人公にした物語。
        和也よりも加賀谷の方が魅力的というか気になる存在で、
        780ページ近くありますが一気に読めてしまいます。
         
         若くして警部にまで昇進した和也と
        かつての上司 加賀谷の対決という構図を設定していますが、
        その実 ラストシーンではそうではなかったんだなぁ
        と思わされます。
        余韻の残るエンディングです。
        ちょっとホロッとくるかも。
         
         読了して、
        厳格には許され得ないのかもしれませんが、
        加賀谷みたいな捜査スタイルの刑事は
        必要なんじゃないかなぁと思いました。
        実情を知らないから、いるのかいないのかは分かりませんけど。
         
         いずれにしても十分楽しめました。
        著者の作品はこのシリーズが初めてでしたが、
        他のものも読んでみたくなりました。
        >> 続きを読む

        2015/02/05 by kengo

    • 2人が本棚登録しています
      獅子の城塞
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 「天下一の築城師となれ」信長の命を受け一人の男が戦火の欧州を駆け抜けた。
        天正遣欧使節団とともに遥かリスボンの港に降り立った若き石積み職人・戸波次郎左は、貪欲に西洋の技を身につけ、たちまち名を上げていく。
        異国人に対する嫉妬の目、密告、逃避行、戦乱の日々。
        帰国を夢見つつも、イスパーニャ軍の暴虐に反旗を翻すネーデルラント共和国軍の力となり、鉄壁の城塞を築き上げた男の波乱の生涯を描く。

        新潮社から2013年10月刊行の、佐々木さんの歴史小説です。
        ハードボイルド・サスペンスにおいても、本作のような歴史物においても登場人物たちの会話はブツッブツッと切れる感じ。
        また、情景描写は詳細ながらも、心象風景は最低限度に感じるほど少ないというのも著者のスタイル。
        どちらも著者独特の硬派な小説を醸成する欠かせないスパイスです。

        安土の城も完成し、日に日に信長の世が定まりつつあった天正9年。
        信長直々に欧州へ城塞作りの技術習得のための留学を命じられた戸波次郎左は石積みを生業とする穴太(あのう)衆の若きホープでした。
        折しも、ローマ教皇への使節団が編成される中、イエズス会の協力を得て、次郎左は九州の大名の使者たちから成る使節団の随行員として長い船旅にでます。
        道中、瀬戸内航行の際、用心棒として船に乗り込んできた浅井牢人・瓜生小三郎・勘四郎兄弟と意気投合し、互いに胸襟を開く間柄に。
        瓜生兄弟は、次郎左の旺盛な探究心と、未知なる土地へ臆することなく未来を求める冒険心にあてられ、自分たちも東インドを経てヨーロッパへと向かう決意を固めるのでした。
        やがて2年以上に渡る長く苦しい航路。
        脱落者が続く中、ついに次郎左はヨーロッパの地を踏むことに成功します。
        ローマ使節団が、その役割を終え、日本へ帰ることとなったのでしたが、次郎左はイタリアに残り、現地での石積みの修行を続行することを決断します。
        それは自然とイエズス会の支援を受けられなくなるという事でした。
        もし支援を続けて欲しいならば改宗せよとの言に、次郎左はかたくなに首をふります。
        支援も縁故もない次郎左は、ただひとり己の腕と、日本人らしい実直さや新しい技術習得の執念だけを武器に、戦乱の只中のヨーロッパの大地へと双眸を向けるのでした。
        他方、瓜生兄弟は長崎から合流した武田牢人衆と傭兵団を組み、ヨーロッパ各地を転戦していました。
        ここにも、慣れぬ異国で己の青春を戦争に散らす、若者たちの峻烈な姿がありました。
        やがて、それぞれが名を上げ、成果を得だしたころ、次郎左と瓜生兄弟は異国の地にて運命の再会を果たすのでした。


        見慣れぬ土地の名や、知らない歴史背景が舞台の本作のような作品は、僕はたいがい敬遠してしまうのですが、佐々木譲さんの作品という事で、外れがないという安心感から手に取りました。

        日本の戦国時代、貪欲に進んだ西洋文化に興味を抱き、取り入れようとした革命王・織田信長。
        彼の存在や、その目線の遠さ・高さが「進んだ異文化を取り入れる」という、旧態然をよしとする者たちを震撼させるような文化革命を推し進めていました。
        格式は重んじず、ただ、才のみ用いる。
        それは次世代を担う血気盛んな若者たちには光り輝く未来を夢見せ、わが世のぬるま湯に浸った権力者たちには戦慄を覚えさせます。
        しかし、時代はいつの世も、そうして切り拓かれてきました。
        切り拓いた者が早逝するのも世の習い。
        その後の世は、開拓者の志を継いだ、ひとまわりスケールが小さい者達が、それなりに時代の成熟に向かって政治を行います。

        その先駆者・信長から、西欧式の築城術を習得してくるよう命を受け、主人公・次郎左は勇気雀躍します。
        現在からは想像もできない程、物理的に遠かったヨーロッパ。
        技術を習得し、日の本の大地を、再び踏むことができるのか定かではない中、新しい文化を肌で感じたい、時代を創りたいという若者の欲求は、そのリスクをたやすく越えてゆきます。
        まばゆいほどの躍動感、好奇心。
        ヨーロッパの地に降り立ってなお続く試練の数々、困難と同じだけ出会えた暖かい人々や幸福な出来事。
        日本の世はいつしか徳川へと移り、次郎左の帰還する目的や必要性は無くなってしまいます。
        それよりも、必要としてくれている現地の声に応えたい。
        やがて壮年期を迎える次郎左は、ヨーロッパでも指折り数えられるほどの、名の高い築城士へと成長してゆくのでした。

        壮大なスケールの物語をお金を掛けずに、脳内で想像を逞しくして悦に入ることができるという事も読書の利点です。
        本作で取り上げられるような城塞建築の場面など絵で著すのもたいへんでしょうし、映像なら何をかいわんやです。
        具現化しにくい世界に、飛んで連れて行ってくれるのも、活字の醍醐味ですね。
        本作で痛感しました。
        佐々木さんの中世西洋の築城技術の知識、それからなる丹念な記述は、会話は無くとも、そこで働く労働者の息遣いが聞こえてくるほどです。
        やはり、優れた書き手さんであることは間違いないですね、実力者です。

        個人的には、やっぱり人名が横文字なのは辛かったです。
        カタカナ表記が単なる記号に思えて、人物像が頭の中で形になりません。
        翻訳ものを読破するのは、もっとたいへんそうです。
        >> 続きを読む

        2015/02/19 by 課長代理

      • コメント 6件
    • 2人が本棚登録しています
      愚か者の盟約
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 1970年12月。
        選挙に出馬、初当選を果たした社会党の寺久保は、党から秘書を押し付けられた。
        それが野崎との運命の出会いだった。
        北海道の同じ町で同じ年に生まれた二人の男―片や若手論客として頭角を現わし、一方は裏工作をこなしていく。
        幾多の軋轢を乗り越え、理想と謀略を両輪に政権交代へと邁進する二人に千載一遇のチャンスが。
        「世界は変わる」と熱く語る政治家像が胸を打つ、傑作ポリティカル・サスペンス。

        1993年に講談社さんから刊行されたものを、早川書房さんが新装版として2009年に再販した小説です。
        佐々木譲さんの埋もれた作品を探し出して、そのネームバリューで売上アップを狙ったものと思われます。
        ポリティカル・サスペンスと紹介されているように国政の政局にまつわる物語なのですが、僕のように背表紙を見ずに先入観無しで読もうと決めているファンにとってはタイトルとカバーのイメージ写真が、読む前の全情報なので、佐々木さんのハードボイルドと思い込み読み始めてしまい、そのあまりの違いにふふんと鼻を鳴らしてしまいました。

        昭和45年、弁護士である寺久保浩也は、急逝した父の地盤を継ぎ、国政へうってでることを決意します。
        物語は、第一回の当選を辛くも勝ち取ったシーンから始まります。
        社会党代議士である寺久保の出馬には、選挙前から党内反発がありました。
        世襲は認めない、ブルジョア階級の右派じゃないのか…。
        時は、未だ戦後です。
        地盤の北海道の炭坑町は、労働者階級の運動盛んなお国柄です。
        社会党が、ソビエト連邦がとる社会共産主義社会を模範と言って憚らぬ時勢のこと、東大卒業後、弁護士として一時は実社会に出た寺久保はおとぎ話のような理想論よりも、現実的な民主社会主義政治の実現を目指し、さらには政権交代までの青写真を広げます。
        そんな勢いに掉さすのは社会党の旧態依然とした体質でした。
        寺久保には当選直後から、野崎浩平という党のつけた第一秘書がつきます。
        言ってみれば人気はあるがはねっかえりの新人議員のお目付け役。
        しかし、野崎には密かな野望がありました。
        寺久保と、その考え方を全面的にバックアップすることで、自分の欲望(政界の裏で蠢くフィクサー役)を実現するということでした。
        野崎のサポートのもち、順調に当選回数を重ねてゆく寺久保。
        政局は大きな奔流をみせ、大平内閣総辞職からリクルート社疑獄までの55年体制崩壊までを、政権側からではなく、社会党代議士の目線で描いた政局サスペンスです。

        様々なジャンルが書けるというのは作家として強みに他なりません。
        警察小説や冒険小説でおなじみのビッグネームですが、こうした政治的色合いが強い作品も、それなりの体で書くことができます。
        しかも、時代背景や、政治の裏面など相当量の資料の読み込みや、取材がなければ書けないレベルの現実感を伴った重厚な一冊です。

        道警シリーズなどのクライムサスペンス、スピード感のあるハードボイルドを期待してしまうと、こむつかしく人物描写の深堀も少ない作品に思えますが、一方で、事象を正確に追いかける丁寧な仕事に感心もする評価の別れる一冊と言えるでしょう。
        >> 続きを読む

        2015/12/03 by 課長代理

      • コメント 2件
    • 3人が本棚登録しています
      ユニット
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 佐々木譲氏の「ユニット」を再読。
        少年に妻を陵辱された男と
        警察官の夫にDVをされる女のふたりが
        出会う。
        そこで互いの目的のためにユニットを
        組むのだが。対する悪党たちも同盟を
        結び、彼らを追い詰めるという内容。

        構成が練りに練られていて面白い。
        それぞれの立場から考える方法
        特に暴力をふるう警察官の独善的な
        までの思考に怖気をふるわせられる。
        結末は意外な形で終わるのだが
        最後まで話をつめていく佐々木氏は最高。
        >> 続きを読む

        2013/11/16 by frock05

      • コメント 4件
    • 3人が本棚登録しています
      地層捜査
      カテゴリー:小説、物語
      3.5
      いいね!
      • 警官の血ほどの何世代にも渡る
        ほとばしる激情と静かな狂気は感じられないものの
        この作家さんの作品でいつも感じる緻密さと静けさがベースなのに、何か音をたてて流れる激流みたいな部分もある作品の色?香り?がとてもすき。
        このお話にもそれがあった。
        >> 続きを読む

        2017/07/10 by 自由じゃん

    • 4人が本棚登録しています
      代官山コールドケース
      カテゴリー:小説、物語
      2.5
      いいね!
      • 縺れた紐がほどかれる楽しみはあったが、縺れ方も緩く、期待したような盛り上がりもなかった。
        時間の経過が17年、極端に深い心理描写などを省いた、ダイジェスト版に近い印象を受けた。


        ハードカバーでページ数にしては重い、定価は税抜きで1850円 紙質が厚いためか、上質製本だからか分厚すぎる。少し待ってもやはり図書館で借りる。
        珍しく机の前に座って読んだ。
        少し期待はずれ。
        >> 続きを読む

        2014/10/02 by 空耳よ

      • コメント 2件
    • 2人が本棚登録しています

【佐々木譲】(ササキジョウ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本

ROLA'S CLOSET