こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


TwistLynne

著者情報
著者名:TwistLynne

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      ソウル・オブ・マネー 人類最大の秘密の扉を開く
      カテゴリー:人生訓、教訓
      4.0
      いいね!
      • 以前はお金に失礼なくらい、お金の知識に疎かった。
        お金に真剣に向き合うようになったのは、実はこんまりさんの「人生がときめく片付けの魔法」がきっかけだった。
        (※いきなり他の本の紹介かいっ?!)
        家中の物を片付けてすっきりした時、ふと「そう言えばお金も物だね。少しは整理整頓するか。」
        そこで、お金の知識を付けるべく、資格を取ったり、あれこれ金融商品を実際に使ってみたりして、勉強してみた。
        そうする内に、今まで知らなかったお金の特性に気付く。
        「なんだかお金って不思議な物だな。」と思い、機会あるごとに色んなジャンルのお金本を読んでみた。
        ・株、投信、FX、仕組預金、資産運用
        ・金融業界の裏側
        ・通貨、為替
        ・簿記、企業会計
        ・金持ち父さん
        ・ウォール街の実態
        ・金融史
        ・資本主義、世界経済
        などなど。
        どうして、お金はこうも違う「顔」を持つのかなぁ???

        前置きが長くなったが、この本にはその答えが書いてあった。
        著者は慈善活動家であり、日本では馴染みのない「ファンドレイザー(資金調達)」として、資産家や一般からの寄付で困窮している人々の自立を助けることを使命としている方。

        お金の概念の無いアマゾンの部族・アチュアル族や、もっともっとと欲しがる富裕者の魂の貧困を教えるマザー・テレサや、イメージアップの為に寄付を演出する大企業、などとの交流から著者が得たお金に対する究極の気づきを綴っている。
        「お金に自分の魂を一致させること。どんな僅かな額でも、自分が意図を持って、そのお金が流れる方向を選択すれば、魂は豊かさを感じる。」
        なるほどねっ。だからお金は使う人によって全く違う「顔」を持つのね。
        あなたにとってのお金と、私にとってのお金は違う。
        当たり前だけど、皆に平等に同じ「道具」だと思っていました。
        それを上手に使うには、知識を付けるよりは「魂」に磨きを掛けたほうが良さそうです。

        この本の最終章に、「新しい時代」、「ひとつの世界・ひとつの国」「お金はただの交換のためのポイント(石ころや貝殻でもよい)」などのキーワードが出て来る。
        実は、今まで読んだお金本にも似たようなキーワードがあちこちで出てくる。
        単なる偶然なのかなぁ。
        さて、次なる時代には「お金」はどんな物になっているのだろう。




        >> 続きを読む

        2016/01/23 by FUKUchan

    • 2人が本棚登録しています

【TwistLynne】 | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚