こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


安田均

著者情報
著者名:安田均
やすだひとし
ヤスダヒトシ
生年~没年:1950~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      逆転世界
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      •  何とも奇妙なSFです。
         ここは、宇宙のとある領域にある星です。そこにある列車のようにレールに乗った都市が舞台です。
         その都市は7層からなる大都市で、大勢の人達が住んでいます。
         レールに乗っていることから分かるように、この都市は移動し続けなければなりません。
         毎年、36.5マイルずつ、北へ北へと移動し続けます。
         予めそんなレールなど敷かれているわけはないので、どんどんレールを作り続けていくのですが、その距離をかせげないと大変なことになってしまうのです。

         過去、その都市が過ぎ去った後には、それまで移動してきた分だけのレールがあるので、それをはがして都市の先に移設します。
         一般人が都市の外に出ることは厳禁なのです。ただ、レールを敷く作業員だけを除いては。
         都市の住民は、一生を都市の中で過ごして死んでいきます。都市の外に出ることはとても恐ろしいことなのです。
         そして、都市がひたすら北を目指すのは、南は危険だからです。

         主人公は、成人してレール施設員となります。
         日々、都市の後ろに残されたレールをはがしては都市の前に新しいレールを敷く仕事です。
         ある事情から、彼は、都市を離れて南に向かうことになります。
         ええ、危険な南へ。
         そこで彼が体験したことと言えば、それは……

         彼は二人の女性と一緒に南へ旅することになるのですが、南に近づくほどに、段々女性が太っていく……というか、平べったく伸びていくのですよ。これが南の危険なのですね。

         双曲線って覚えていますか?
         数学で、グラフを描きましたよね。
         太陽が、まるで双曲線のように歪んでいくのが南の世界なんです。重力異常が起きているのでしょうか?
         だから、都市はどんどん北へと逃げなければならなかったのですね。
         でも彼自身も、南にあまりに近づきすぎてしまったため大変なことになります。

         初読の時、一体どんな世界なんだっていう、ものすごいインパクトを受けた作品でした。 古い作品なのですが、いつまで経ってもその印象は残り続けています。
         私が読んだのは「サンリオSF文庫」でした。今はこの文庫自体なくなっちゃっていますが、今は創元SF文庫から出ているようです(ぱちぱち)。
         すごく不思議な感覚を味わえるとっても面白い作品です。
         えっとね、敢えて書かなかったけれど、もうひとつ「でんぐりがえし」があるのですよ。オチっていう奴ですね。唖然としました。その点はご自身でお楽しみください。
        >> 続きを読む

        2019/03/12 by ef177

    • 他1人がレビュー登録、 3人が本棚登録しています
      ロードス島戦記 灰色の魔女
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • 若かりし頃より、2度目の読了です。

        あいかわらずの面白さ。

        こういう、中世欧州っぽい雰囲気すきなのです。
        >> 続きを読む

        2014/02/11 by ころさん

      • コメント 4件
    • 2人が本棚登録しています
      ロードス島戦記 灰色の魔女
      3.7
      いいね!
      • うちの旦那サンが面白いよ!読んでみる?
        と出して来た本です。

        ドワーフのギムがレイリアの記憶を取り戻すために
        命を落とす場面は切なかった。
        そしてウッドはやはり皆を裏切るか。

        続きもあるようなのでそのうち読みたいと思います。
        >> 続きを読む

        2015/04/19 by すもも

      • コメント 4件
    • 3人が本棚登録しています
      メルニボネの皇子 エルリック・サーガ (587))
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • エルリック・サーガの第一巻。
        それを包含したエターナル・チャンピオンの一部ですが
        ナンに代表される肉体派のヒロイック・ファンタジーとは
        一線を画した哲学的な趣のある作風です。
        ・・・その分、暗いですが。

        剣を頼りに突撃!というのではなく
        世界の中での自分の立ち位置に悩むような主人公が読みたければ
        どうぞ。
        >> 続きを読む

        2011/06/23 by RZ350

    • 1人が本棚登録しています
      ドラゴンランス戦記 富士見ドラゴンノベルズ)
      5.0
      いいね!
      • まだ結果が出るに至っていないため本業とは言い難いのだが、ゲーム作りを志したきっかけのひとつであるドラゴンランス戦記を久々に再読してみた。

        当時は表紙の幻想的に光るドラゴンのホログラムを誇らしげに見せびらかしたものである。

        と言ってもドラゴンランス戦記自体がゲームなのではなく、アドバンスト・ダンジョンズ&ドラゴンズというテーブルトークRPGで作られたシナリオをノベライズしたもの。

        世界3大ファンタジーに名を連ねるような作品ではないが、ここまで緻密な世界観とキャラが立っている作品は他にないだろう。

        再読しても面白さは全く衰えない。やはり名作はいつまでたっても名作のままなのだ。
        >> 続きを読む

        2012/08/21 by suppaiman

      • コメント 3件
    • 2人が本棚登録しています

【安田均】(ヤスダヒトシ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本

暗闇の鬼ごっこ (論創海外ミステリ)