こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


五味太郎

著者情報
著者名:五味太郎
ごみたろう
ゴミタロウ
生年~没年:1945~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      まどから・おくりもの
      カテゴリー:芸術、美術
      5.0
      いいね!
      • 季節はずれもいいところだけども、ついこの間、実家の本棚整理をしていたらこの本を見つけて懐かしく読んだ。

        子供の頃大好きで何度も読んだからボロボロだったけど、今読んでもこの本好きだなー♪

        ほのぼの和むイラストとユーモアたっぷりの仕掛け。

        サンタさんがヘリコプターに乗っている時点で笑える(笑)

        最近、初の姪っ子ができたのでクリスマス時期になったらプレゼントしよう♪
        >> 続きを読む

        2013/09/04 by sunflower

      • コメント 8件
    • 他2人がレビュー登録、 7人が本棚登録しています
      勉強しなければだいじょうぶ
      カテゴリー:教育
      5.0
      いいね!
      • 五味太郎さんの教育についてのエッセイは、この本にかぎらず、とても面白い。学校や学校化する社会を反省する視点を与えてくれる。教育に関係する人には必読であるように思える。読み終わったら、前より子どもや教育について深く考えられるようになっている。
        >> 続きを読む

        2016/03/11 by つよぽよ

    • 1人が本棚登録しています
      るるるるる
      3.0
      いいね!
      • 楽しく言葉とモホウができそうです。

        2016/03/03 by rapporti

    • 2人が本棚登録しています
      ゲームブック
      5.0
      いいね!
      • ゲーム・ブックシリーズ、No.3まで見ました。
        大人も一瞬あれれ??となるような問題も出てきて、子供と一緒に楽しめます。ちょっと難しかったりもして、対象年齢は広そうです。
        答えは載っていないので、お父さん・お母さん、おじいちゃん・おばあちゃん、頑張って下さい。
        >> 続きを読む

        2012/05/22 by kumahachi

      • コメント 1件
    • 1人が本棚登録しています
      ゲーム・ブック
      5.0
      いいね!
      • 子供が見つけ、ゲームブックって何だろうと思ったら、なかなか面白い。
        同じ車や同じ配色のボールを選ぶ。完成図を見て足りないパーツを見つける。展開図を参考に、完成した箱を様々な角度から見て、見えない面の色を当てる・・・等々。

        年中の息子にはちょっと難しいかなと思う問題もあったが、一生懸命考えて答えを出していた。意外と3歳の息子があっさり答えを見つける時もあったが。大人も軽く頭を使い、一緒に楽しめた。
        >> 続きを読む

        2012/03/13 by kumahachi

      • コメント 2件
    • 1人が本棚登録しています
      大人問題 おとなは・が・のもんだい
      カテゴリー:教育学、教育思想
      5.0
      いいね!
      • 絵本とか言葉図鑑とか、とっても自由で大らかな五味さんの本(子ども向け)は知っていたし好きで買っていたけど、こんなエッセイも出していたんだ。

        図書館で立ち読みしていてはげしく共感し、「さらに・大人問題」と一緒に2冊借りてしまった。

        子どもの問題って実は「大人」の問題。さらに学校の問題は学校という「システム」の問題。

        学校、教育委員会、文科省・・・ 不完全な人間の作った不完全なシステムの矛盾・問題。

        (本当の教育をしたくても、今のシステムでは思うように出来なくて悩み苦しんでいる教師がたくさんいるのです)

        大人が子ども(人間)というものをきちんと理解していないことや(大人の都合で見ている)
        子どもを大人の思い通りにさせよう、(問題のある)システムに合わせようとすることが問題なのです。

        人間は一人ひとり違っているもので、自由・平等であり、評価されるために生きてるわけでない。大人(世間、社会)の都合でなく「自分」の人生を自分が幸せだと思って生きていけるように教育はなされるものなんだと私は思う。 

        ・・・まあ 五味さんは 皮肉も込めて面白可笑しく書いているので 肩がこらず気楽に読めます。
        >> 続きを読む

        2013/01/13 by バカボン

      • コメント 2件
    • 1人が本棚登録しています
      日本語擬態語辞典
      カテゴリー:語彙
      4.0
      いいね!
      • 15年前に、著者の五味さんの周りに外国人が多くやってきて
        彼らとつきあう中で、文化的な交流がはじまり、そこであらためて
        日本語の特性について意識し、まとめたのがこの「日本語擬態語辞典」。

        「くるくる」と「ぐるぐる」はどう違う。「ぺらぺら」と「へらへら」、「べらべら」は、
        五味さんが、にやりとできる「絵」と、こう訳すかと「英語訳」、
        そして改めて辞書的説明するとこうなる「日本語」と、
        一粒で三度味わえる、お買い得品。

        ながめるだけで、“にこにこ” “わくわく” “ほのぼの”と、愉しめまっせ。

        >> 続きを読む

        2017/04/17 by ごまめ

      • コメント 3件
    • 2人が本棚登録しています
      大人問題
      カテゴリー:教育学、教育思想
      5.0
      いいね!
      • 子どもが問題だと思っている大人の方が、いかに問題であるかを分かりやすく面白く描かれている。真・善・美をいかに大人が考えていないか、それなのに子どもに特定の価値観を強く押し付けようとしているかが、よく分かる。学校に行っていたら安心という安易な価値観に反省を促してくれる。 >> 続きを読む

        2016/03/12 by つよぽよ

    • 1人が本棚登録しています
      ことわざ絵本
      カテゴリー:伝説、民話(昔話)
      3.0
      いいね!
      • お正月にことわざかるたをやって以来

        「もっもくっりさんね~ん、かっきはっちね~ん」

        など、ノリノリで歌っている4歳の息子のために買いました。

        右ページにことわざとその説明。
        左ページに例えや、使い方などの例が五味さん流に書かれていて
        ことわざを楽しむことができます。
        寝る前に50ページも読まされました(笑)

        ただ左ページのユーモアは
        4歳の息子にはまだ通じないですけど(当たり前か。)
        >> 続きを読む

        2015/09/15 by アスラン

      • コメント 2件
    • 1人が本棚登録しています
      ことわざ絵本
      カテゴリー:伝説、民話(昔話)
      3.0
      いいね!
      • 五味太郎さんの「ことわざ絵本」第2弾。
        ユーモラスなイラストとちょっとブラックな目線の入ったジョークがペアになって詰まっています。
        ことわざは全部で100個。
        まじめにことわざを勉強しようとする人向きじゃあないと思います。
        むしろ言葉を遊ぼうという姿勢。
        五味さんは子供の絵本でも決して説教をたれません。
        多分、それ、ポリシーなんじゃないでしょうか。

        「ぶたに真珠」・・・
          ぶたに真珠はもったいない似合いません、
          というわけだが、
          でもさ、
          よく見てみると、案外かわいい、よく似合う という気もする…
        なんて書かれていたり、するんですよ。このコメントが彼らしくて楽しいです。


        私のお気に入りは
        「絵にかいたもち」・・・「字でかいた遊園地」
        「鉄は熱いうちに打て」・・・「ごはんは熱いうちに食え」
        「さわらぬ神にたたりなし」・・・「つけぬ予定表くるいなし」
         
        そうそう。あとこれ、最高。「天は二物を与えず」
          ですから、なんでもかんでも上手にできるというのは
          つまり、ずるいのであって、
          そのうえ、かわいくて、かしこくて、心がやさしくて、なおかつ家柄がいい なんてやつは、
          もうぜったいに神様の意志にそむいているわけで
          ゆるせないのである 

          ・・・「なんでも優秀な人には天罰を!!」

        すごいよ。五味さん。

        でも、これ本当に子どもの本?
        >> 続きを読む

        2015/09/09 by 月うさぎ

      • コメント 12件
    • 2人が本棚登録しています
      たべたのだあれ
      4.5
      いいね!
      • 「いちご たべたの だあれ」
        あ!ライオンの鼻がいちごに!

        「さくらんぼ たべたの だあれ」
        お!ゾウのしっぽがさくらんぼに!

        30年以上も愛され続けている、かくれんぼ絵本です。

        「きんぎょがにげた」や「かくしたのだあれ」よりも少し難しいかな~。
        でも何度も読んでいるうちに、すぐに見つけ出せるようになってきます。
        子供の成長を感じられて、読んでいる親も楽しいですね。

        2歳前後のお子さんへのプレゼントにもいいと思います♪
        >> 続きを読む

        2012/12/26 by アスラン

      • コメント 5件
    • 4人が本棚登録しています
      正しい暮し方読本
      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      5.0
      いいね!
      • そうそう、そうなんだよねえ~~^^ 
        それに尽きる。
        変な風に欲張らないことかな。
        この根っこにあるもの、それにならった世の中になっていれば、今というこの時代も、随分かわっていただろうなと思う。
        もちろん、これからでも、まだまだ挽回できるぞ!
        >> 続きを読む

        2014/09/08 by けんとまん

      • コメント 3件
    • 2人が本棚登録しています
      おしゃべりしていればだいじょうぶ
      カテゴリー:雑著
      4.0
      いいね!
      • 【そう、おしゃべりは素ッピンがいいのさ。そのまんまがいいのさ。それゆえにおしゃべりは貴重なわけよ。どんなことにも効く、五味太郎の痛快おしゃべり哲学。おしゃべりトレーニングテキスト付き。】

        大人問題ですっかりファンになった五味太郎さんのおしゃべり。

        エッセイ?いやただのおしゃべりです。でも、法話と思って読むと法話です。

        お釈迦様の言われることが随所に感じられます。(と思います)

        おしゃべりの極意は「考えないこと」。”悪い頭”を回転させないこと。(なるほどね)

        「今、ただしゃべる」(今を生きる、みたいな・・・)



        ま、ただのおもしろいおしゃべりだけど。

        無駄話のようでムダじゃない、けっこう深い。かなり深い。^^
        >> 続きを読む

        2014/08/25 by バカボン

      • コメント 1件
    • 1人が本棚登録しています
      かずのえほん1・2・3
      4.0
      いいね!
      • くまくんがうさぎさんのお家に手土産をもって遊びに行きます。
        うさぎさんのうちはこどもが7人の9人家族。
        誰に何のおみやげをあげるのかな?

        幼い子供に絶大の人気を誇る五味さんのイラストが楽しい。

        ストーリー仕立てなので、数字のことなんかまったくわからない赤ちゃんから、
        足し算引き算がわかるようになった小学生まで、長年楽しめそうなお得な絵本でだと思います。

        うさぎさん宅ではおみやげを配ったら、数をつかった遊びやクイズが始まります。
        お子様用と侮るなかれ。数のクイズ、結構難しいです。

        数のページにはさりげなく数を数えるしかけもあって、
        「数字」を教えることよりも、数そのものを体感する絵本かもしれません。

        実生活の中で、ものを分け与えたり、平等ってどういうことか理解したり、
        足したり割ったりというのがごく自然にわかるようになっています。

        数字クイズは、園児には無理だと思いますが、それでいいんでしょう。
        お勉強のため。という絵本ではないと思います。
        数を嫌いにならないように絵本で遊ぼうよという本です。
        だからママ。無理に知育絵本で子供を調教しないでね。
        幼い子は訓練すれば驚くようなことができるようになるかもしれません。
        でも、足し算ひき算が5でできようと、6歳で始めようと、
        ゴールが一緒ならいいじゃないですか。

        計算で正答をだせることよりも数の概念をわかるほうが大切ですよね。
        この絵本を繰り返し読んで長いお付き合いしましょうね。

        そんな五味さんのメッセージが聞こえてくるのです。
        (と、勝手に解釈しております)
        >> 続きを読む

        2014/10/05 by 月うさぎ

      • コメント 2件
    • 1人が本棚登録しています
      注意読本
      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      5.0
      いいね!
      • 一人の女の子の日常を通して
        いかに注意をしていくことが大事かと説いた
        教訓に満ち溢れた本・・・ではなく。

        「母親に注意」
        一般に 親は心配することが仕事ですから 
        かるい心配とかるい安心をさせてあげるように
        注意しましょう

        という感じで、なかなか言葉にしにくいことを
        さらりと表現する著者の腕には感服します。

        (絵と文章も、とてもよくマッチしています)

        個人的には
        「御親切に注意」 「団体に注意」 
        「仲間に注意」 「先生に注意」
        「勇気に注意」 「根性に注意」 
        「話し合いに注意」 「つげ口に注意」
        「貸し借りに注意」 「きらわれに注意」
        「ガキに注意」 「大人に注意」
        「今日はどうだったの?に注意」
        「一家だんらんに注意」

        などなど

        小学生の子供には
        今後の為に(いろんなことの耐性をつける為にも)
        本音と建前・人間関係の機微を知っておくためにも
        読んでもらいたいような

        かといって、単なる生意気な子になる可能性も否定できないので
        読んでもらいたくないような

        複雑な(笑)気持ちにかられる本です。

        大人が読むと「ああ、あるある」と
        著者の物事への見方、視点の鋭さ
        それを楽しく表現(毒は含んでいますが)
        していることに笑いながらも
        驚かされる本だと思います。
        >> 続きを読む

        2013/06/14 by きみやす

      • コメント 10件
    • 1人が本棚登録しています

【五味太郎】(ゴミタロウ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本