こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


片岡しのぶ

著者情報
著者名:片岡しのぶ
かたおかしのぶ
カタオカシノブ
生年~没年:1943~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      きいてほしいの、あたしのこと ウィン・ディキシーのいた夏
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 原題『Because of Winn-Dixie』
        精読。
        初めて読んだ英語の本。
        図書館で、初心者にも読めそうな本を聞いてオススメしてもらった。その時にニューベリー賞の存在も知る。 >> 続きを読む

        2016/05/04 by Chanin

    • 1人が本棚登録しています
      あなたがもし奴隷だったら…
      カテゴリー:社会科学
      5.0
      いいね!
      • 圧倒的な迫力のある絵と、深い文章によって、深く心に響く一冊となっていた。

        奴隷船の悲惨さ。
        途中の海で投げ捨てられた多くの人々。

        単なる商品として、労働力として、ひどい扱いを受け続けた、多くの奴隷にさせられた人々。
        そのような立場に、もし自分がなったとしたら、どれほどの悲しみや嘆きや怒りがあるだろうか。

        ただ、この絵本を読んでいて思ったのは、それほどの苦しみの中でも、しっかりと生き抜いた人々がいたからこそ、今もアメリカに多くのアフリカ系の人々がいるということなのだろう。
        「気高さには無数の顔がある。」とこの絵本で語られるが、フレデリック・ダグラスのようなリーダーも、ほとんど歴史に名が残ることもなく、ただ黙々と耐えた人々も、それぞれに、本当によくぞ耐えて生きた人々だったと思う。

        あと、この絵本に書いてあって、はじめて知ったのだけれど、逃亡した奴隷の中には、インディアンの住む土地に逃げ、そこでインディアンの人々にかくまわれた人々もいたそうである。
        中には、インディアンと一緒に、さらに多くの奴隷を逃がすために引き返してきた人々もいたそうだ。

        また、何もかも剥奪されている生活の中で、自分たちの物語を語り継ぎ、歌をうたいついだ人々の姿には、本当に胸を打たれる。

        白人たちの暴力と残酷さにはただただ唖然とするほかないが、すべての白人がひどかったわけではなく、中には命がけで黒人奴隷の逃亡を助け、奴隷制廃止のために尽くす白人もいたことも、きちんとこの絵本は描いている。
        奴隷を助けることを禁じる法律までのちにできたことを考えると、それでも命がけで黒人奴隷の解放のために尽くしたアボリショニストの人々の勇気は、本当にすごかったと思う。
        自分が同じ立場だったとして、同じ事ができたろうか。

        南北戦争では、多くの黒人が、北軍の兵士となって戦った。
        リンカーンだけが自由を与えたのではなく、黒人たちが、自らのために、また国家のために、なしたことを忘れてはならないのだろう。
        「自由は与えたり、与えられているするものではない。だれかが戸の鍵をはずすことはできる。戸を少し開けることもできる。だが、そこを歩いて出るのは本人だ。」
        というこの本のメッセージは、本当にそのとおりと思う。

        「自由。自分と自分の生き方に責任を持つこと。
        自由。自分を所有すること。
        自由。自分が自分の主であること。
        自由。それは責任をともなうひとつの約束ごとだ。それをどう守っていくかのか、われわれは今なお学び続けている。」

        ラストで語られるこのメッセージは、本当に考えさせられる。

        おそらく、奴隷制を考えることは、自由とは何かを考えることでもあるのだろう。
        そして、人間とは何か、人間の権利とは何かを考え、学ぶことでもある。

        多くの人に、ぜひ一度は読んで欲しい一冊。



        (この本の姉妹版である、同じ著者のジュリアス・レスターの『奴隷とは』(岩波新書)のレビューも以下に書く。というのは、なぜか読書ログではこの本がリストにないからである。)



        この本には、膨大な文献から、南北戦争以前のアメリカの奴隷制度を体験した人々の、さまざまな体験談や証言がまとめられている。

        奴隷制がいかに、想像を絶するものだったか。
        この本におさめられている生のさまざまな証言にまさる証拠はない。
        鞭と暴力と、搾取と、欺瞞と。
        アメリカが自由と平等の国だなんていうのは、奴隷制の時代には全くもって欺瞞そのものだったと思わざるを得ない。

        この本では、人間を奴隷化するためには、二つの方法があり、ひとつは暴力による恐怖で、もうひとつは洗脳することだということが指摘される。
        そして、実際、アメリカの黒人奴隷制においては、その両方が巧妙に使われていた。

        にもかかわらず、黒人奴隷たちは、それらに耐えて、人間であり続けた。
        鞭や暴力に耐えて、絶望せずに生き続けた。
        キリスト教の教会において、欺瞞に満ちた説教を聞かされ、主人に忠実であることが神に仕えると教えられても、それらの説教を換骨奪胎して、旧約聖書のイスラエルの人々に自らを投影したり、宗教をかえって自分たちの心のよりどころとしてとらえなおしていった。

        奴隷制のもとで、いかに黒人の人々が人間の声をあげ、さまざまな形の抵抗を編み出したかもこの本には詳細に語られている。
        サボタージュや逃走、音楽やダンス。
        時には真っ向からの主人への言葉による抗議。
        あるいは諷刺や、歌を通じた皮肉。
        土曜日の夜は踊り明かして、人間としての喜びをなんとか確保すること。
        過酷な条件のもとで、もちろん多くの絶望や自殺もあったが、それでもなおかつ多くの黒人の人々が耐えて生きのびたことは本当に驚嘆に値すると思う。

        「奴隷であるとは、人間性が拒まれている条件のもとで、人間であるということだ。
        かれらは、奴隷ではなかった。
        かれらは、人間であった。
        彼らの条件が、奴隷制度であったのだ。」
        (17頁)

        というこの本の中の言葉は、簡潔に本質を指摘した言葉だと思う。

        また、この本には、リンカーンによる奴隷解放令を知った時の黒人の人々の喜びの証言もたくさん集められている。

        と同時に、現実には何も生きていくための手段も財産も与えられず、一文なしで放り出された元奴隷の人々は、多くが再び奴隷の時とあまり変わらない農業労働者の立場での酷使と搾取に甘んじざるを得なかったことも語られる。

        南部では、リンカーンの死後、急速にかつての南部の支配層が復権し、事実上の差別と「隔離」のための法律がつくられ、そのうえKKKが暴力と恐怖で黒人を支配しようとした。

        制度としての奴隷制の廃止のあとも、黒人の本当の自由への道は、険しいものだった。
        単なる形式的な自由だけでなく、自由の実質こそが大切なことが、黒人の奴隷解放前後の歴史を見ても、あらためて考えさせられた。

        また、この本を読んでいて、あらためて驚いたのは、南部においても奴隷を所有していた白人は、白人人口の四分の一に過ぎなかったということである。
        つまり、南部の白人の四分の三は奴隷を所有しておらず、奴隷制からは直接的な恩恵は受けていない人々だった。
        また、奴隷所有者も大半はほんのわずかな奴隷を所有しているだけで、百人以上の奴隷を所有する人は南部全体でわずか三百人ぐらいだったという。
        つまり、「風と共に去りぬ」に出てくるような、あたかも貴族のような豪華な暮しをしている南部の大地主というのは、ほんの一握りの存在だった。
        にもかかわらず、彼らが政治的な実権を握っていたために、南部全体が戦争に巻き込まれた。
        それは、この本にはそのことはあまり語られないけれど、黒人のみならず貧しい白人にとっても、本当は不幸な出来事だったと思われる。

        そしてまた、この本では、奴隷制度のもとでは、多くの奴隷所有者が、奴隷の反乱を恐れ、不安や恐怖を抱いていたことも指摘している。
        奴隷制というのは、結局、人を不幸にするシステムだったのだろう。

        この本は、奴隷制がいかにひどいものだったかということと、そのような制度のもとでも耐えて生き続け、人間であり続けた人々がいたことの、貴重な記録と思う。

        「今は名前を知られることのないひとびと。
        わたしは、かれらを知ることがなかったが、かれらの子孫のひとりであることを誇りとしている。
        かれらの生涯、その力強さ、その勇気に値するようになれることを、わたしは念願としている。」

        という冒頭の著者の言葉は、読み終えたあとにもう一度読み直すと、本当に魂に響く。

        多くの人に読んで欲しい、古典の一つに数えられるべき一冊と思う。
        過去を忘れずにいることが、なんらかの歴史に対して後世の私たちができる最大のことだとしたら、まずはこの本などを読んで、過去の声に耳を傾けることから、何かが始まるのだと思う。
        >> 続きを読む

        2013/02/24 by atsushi

      • コメント 5件
    • 1人が本棚登録しています
      海時計職人ジョン・ハリソン 船旅を変えたひとりの男の物語
      カテゴリー:個人伝記
      5.0
      いいね!
      • すばらしい絵本だった。

        18世紀まで、世界中の船は、海の真ん中を航海している時には、正確には自分たちがいまどの場所を航海しているかわからなかった。

        太陽の観測などで、いちおう緯度は割り出せたものの、経度の割り出し方が存在しなかったのである。

        もし、正確な時計があり、出発地点の時刻がわかれば、現在地点の時刻を太陽の観測から割り出して、その差で経度を割り出し、緯度と合わせて現在地点を正確に割り出すことができる。

        しかし、当時の時計は振り子時計だったため、船の揺れにより狂いやすく、とても正確な経度は割り出せなかった。

        小さい頃から器用だったジョン・ハリソンは、そのことを知り、四十年もの歳月を、正確な時計づくりに費やした。
        ひたすらその研究にすべてを捧げて、四十年間でわずか五個の時計をつくった。

        その間は、助成金が出ることもあったが、出ないこともあり、貧しい中で、コツコツと努力した。

        ついに、非常に正確に動く懐中時計を開発し、長年の労苦が報われた。

        そのおかげで、正確な地点を割り出しながら航海ができるようになり、オーストラリア等を探検したキャプテン・クックは、ハリソンの時計のおかげだと述べていたそうである。

        18世紀イギリスは、多くの偉大な人が生まれたが、その中でも、実は一見目立たない、このジョン・ハリソンこそ、最も偉大な人物だったのかもしれないと、読んでいて思った。
        >> 続きを読む

        2013/07/07 by atsushi

      • コメント 5件
    • 1人が本棚登録しています
      母からの伝言 刺しゅう画に込めた思い
      カテゴリー:世界史、文化史
      5.0
      いいね!
      • 本当に素晴らしい本だった。

        この本は、エスターさんというポーランドの中部で生まれ育ったユダヤ人の女性が、何十年も経って年をとってから、子どもの時にあった出来事を一枚一枚刺繍にしてさまざまな場面をよみがえらせ、それに文章をつけて一冊の絵本としてあるもの。

        平和で、貧しいながらも幸せに暮らしていたユダヤ系ポーランド人の家族が、ナチスの占領以後、どれほど苦しい目にあったか。

        世間の冷たさや、意外な人の親切さや、あたたかな人もいること。
        どんなに苦しくとも、一回夢の中で祖父に出会った時以外は決して泣かず、生きのびるために知恵と勇気を発揮した主人公の姿。

        淡々と、事実の場面と回想だけで綴られているこの本は、どんなものよりも雄弁に、あの時にあったことが何だったのかを伝えてくれる。
        それはきっと、この一枚一枚の刺繍に、作者のエスターさんの深い祈りがこめられているからなのだろう。

        今もってナチスを肯定したり支持する人が世の中には時折いるようだが、この絵本を読んで欲しい。

        そして、また、ナチスやポーランドやユダヤ人と、直接は一見あまり関係日本の私たちも、どれほど人が残酷になりうるか、そのことがどれほど人に哀しみをもたらすか、戦争や平和が何なのか、想像力を得るために、一度読んだ方が良い本なのだと思う。

        良い一冊だった。
        >> 続きを読む

        2012/12/30 by atsushi

    • 1人が本棚登録しています
      はるかな島
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • とても良い絵本だった。

        十六世紀初頭、本当にあった話を元にしてある。

        「いのちを上手に育てる人」

        絶海の孤島を、いつの間にか、多くの果物や緑が育つ島にした人。

        傷ついた人の心を癒すのは、自然かもしれないし、一人になろうとしても、見捨ててはおかない人の働き、天の働きのようなものがこの世にあるのかもしれない。

        いろんなことを考えさせられる、良い絵本だった。
        >> 続きを読む

        2013/05/03 by atsushi

      • コメント 4件
    • 1人が本棚登録しています
      ブラック・ドッグ
      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      2.0
      いいね!
      • 偶然手にした「さよならをいえるまで」が美しい絵と素晴らしいストーリーでかなり気に入ったので、近代絵本の傑作を探すのが最近のブーム。
        とりあえず、同じケイト・グリーナウェイ賞受賞作を幾つか読んでいますが、ブラック・ドッグは最新の2013年受賞作。

        しかし、これはイマイチでした。ブラック・ドッグ伝説(イギリスの不吉な妖精犬)に馴染みのない日本人には向いていないかも・・・。
        伝説を知っていればユーモラスで人間の恐怖心こそが物事を悪化させていくという寓意的な内容であると判るのですが、全く知らない子どもが読むとちょっと滑稽で不気味な絵本です。

        受賞するだけあって絵はとても芸術的ですが、一方で趣味がわかれるところ。

        なかなか琴線に触れる絵本を見つけるのは難しい。
        >> 続きを読む

        2013/09/23 by ybook

      • コメント 6件
    • 1人が本棚登録しています

【片岡しのぶ】(カタオカシノブ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本

境遇