こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


坪井郁美

著者情報
著者名:坪井郁美
つぼいいくみ
ツボイイクミ
生年~没年:1940~1993

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      ぼくはあるいたまっすぐまっすぐ
      カテゴリー:芸術、美術
      5.0
      いいね! su-kun
      • 人生において、真っ直ぐ歩いていくことは難しい。
        それでも真っすぐ歩いて行きたいし、真っ直ぐ歩いているつもりだ。
        (人からどう思われているかは知らないが)

        そんなことを帰り道電車の中で考えていたら、
        ふとこの本のことを思い出した。

        読み返したわけではないので、
        あくまで記憶をたどったレビューであることをご容赦いただきたい。


        小さなころ、この本が大好きだった。
        この本自体がとても魅力的だったこともあるが、
        主人公が自分に似ていると両親など身近な人によく言われたため、
        親近感を持っていたのも大きな理由の一つだろう。

        (確か)まっすぐ歩けば着くはずの祖母の家に向かう主人公の男の子は、
        途中様々なハプニングに遭遇し、まったく真っ直ぐは向かわないことになる。
        それでも彼は「真っ直ぐ歩いていけば着く」を自分に言い聞かせながら歩き続け、
        遂には目的地(おばあちゃんの家)にたどり着く。

        ざっとこんな話だったと記憶している。

        私はとても方向音痴だったので(今もだけど)、
        そんな主人公になぞらえて「似ている」と周りの人は言っていたのだろう。


        この本は、実際にはまっすぐでない道のりを
        「まっすぐまっすぐ」と自分に言い聞かせながら進む微笑ましい男の子の姿を楽しむものなのかもしれない。

        ただ私の心には、たとえ道を外れようとも、時に迷おうとも、
        愚直なまでに真っ直ぐ歩こうとする、弱く幼いが強い意志を持つ少年の話として刻まれている。

        振り返ってみれば、僕の人生観にすら影響を与えているとすら言えるかもしれない。


        人生において、真っ直ぐ歩いていくことは難しい。
        後ろを振り返ってみれば、その道は曲がりくねっていることだろう。
        だが真っ直ぐ歩こうとする強い意志さえあれば、いつかきっと目的地にたどり着けるはずだ。

        僕も歩こう。

        彼のように。

        まっすぐ、まっすぐ。
        >> 続きを読む

        2012/10/02 by すーくん

      • コメント 4件
    • 2人が本棚登録しています

【坪井郁美】(ツボイイクミ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚