こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


三遊亭円丈

著者情報
著者名:三遊亭円丈
さんゆうていえんじょう
サンユウテイエンジョウ
生年~没年:1944~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      御乱心 落語協会分裂と、円生とその弟子たち
      カテゴリー:大衆演芸
      3.0
      いいね!
      • 25年前の、1986年に出版された、三遊亭円丈さんの「御乱心」。

        既に、春風亭一柳(好生)の[噺の咄の話のはなし]と、川柳川柳(さん生)の「ガーコン落語一代」を読んでいたので、全体像は掴んでいたつもりだが、先に読まなければならないこの本で、一本の柱がとおり、すべてがスッキリと理解される。

        特に、野望に満ちた円楽氏が、権謀術数、師匠の円生さんを動かし、結果「御乱心」という形で
        落語協会を去り、執念で過密な仕事こなし、結局早まる死をむかえた。

        ことがおこった時の、談志、志ん朝、円蔵、馬生、各人が己の立場、損得、そして己の生き様で決断したことは、
        どんな時代、どんな世界でも相通じる気がする。

        今でこそ、歴史は動いたとか、NHKの番組でも取り上げても良いぐらいの時が経過しているが、
        この本が出版された当時は、生々しくて、さぞ筆者にも、風あたりが強かっただろう。

        筆者曰く、95%が事実との事、事実に基づいた事柄だけに、色褪せることなく、今読んでも十分楽しめる。
        >> 続きを読む

        2013/06/11 by ごまめ

      • コメント 3件
    • 1人が本棚登録しています
      落語家の通信簿
      カテゴリー:大衆演芸
      1.0
      いいね!
      • 芸歴49年の三遊亭円丈が「芸」の真髄から裏話まで語る・
        (あくまで、帯のタイトルを写しました・・だけ)

        円丈さん曰く、落語評論家という存在はウサンくさくて信用できない。
        小噺の一つもできないくせに落語の評論なんかするなと・・・・・、
        期待して読んでみたら、ええ、それ以下じゃんというようなひどい内容。

        700席聴いた中での批評と断っているが、その範囲、視野の狭さ。
        「落語家の通信簿」なんぞおくがましい題ではなく
        単に「円丈、私の好き嫌いの落語家」と言えば良い程度の中身。

        さすがに、師匠円生についてはそれなりのはなしが語られているが、
        その他の落語家さん、特にご自分の興味ある創作落語家仲間はそれなりのことが
        書かれているが、古典落語の演者さんは、中身の薄いハナシばかり。

        いかに、取材というかネタの濃さが、内容のおもしろさを決めるというのが丸解り。


        特に、上方落語については生で聴いた感想ではなくCDでの感想が主体化か・・・。

        枝雀さんの項で、最後の行を紹介すると・・・

        >これが芸に行き詰まったとか、生活苦ならわかる。しかし、そんなことはないのに
        人生を終わらせた・・・・。なぜ?もうすこし、ハッピィなエンディングはなかったの
        だろうか、それが残念でならない。

        これって、一般の私たちが言う言葉であり、落語家ならではの視点で語るという
        本の帯はまさに過大広告やんか・・・。


        最後に、私がつけた「円丈さんの通信簿」

        国語「1」・・言葉のボキャブラリィと表現力、不足。
        算数「4」・・話題づくりのみで販売増やすとは、案外計算高く、商売上手。
        社会「2」・・最低限の社会的マナーが理解できていない。
        理科「1」・・実験、体験、の実証なく、己の思いだけで進める。
        体育「3」・・69才にもなって、まだこの様な本を発表する体力とは。
        音楽「2」・・リズム感がない文章。


        久々に、本棚に入れるのが憚れる本でおました・・・・・。
        >> 続きを読む

        2013/10/19 by ごまめ

      • コメント 4件
    • 2人が本棚登録しています

【三遊亭円丈】(サンユウテイエンジョウ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本