こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


高嶋哲夫

著者情報
著者名:高嶋哲夫
たかしまてつお
タカシマテツオ
生年~没年:1949~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      ミッドナイトイーグル
      カテゴリー:小説、物語
      4.2
      いいね! ice
      • カメラマンの西崎勇次は、冬の北アルプス山中での撮影中、星空の中を轟音を発し飛行する謎の飛行物体を目撃した。

        次の瞬間それは山の向こう側に墜落し、大きな爆発音を聞いた。
        一旦、下山後、西崎は友人の新聞記者である落合信一郎と、墜落現場であろう天狗原に向った。

        その頃フリーライターの松永慶子は「週間トゥデイ」編集長の宮田忠夫から緊急の呼び出しを受けた。
        アメリカ軍横田基地に昨日何者かが侵入し、MPとの銃撃戦の末、犯人一人とMP一人が死亡。

        残りの犯人一人は、逃走したとの事だった。
        慶子は取材の為、カメラマンの青木祐二と現場に向った。

        厳冬の北アルプスにおける追跡劇と、謎に包まれた事件の取材と言う二つの話が交互に描かれていきます。

        どちらの話も大変緊迫感に溢れ、グイグイ引き込まれていきます。
        読み進むにつれて判ってくる、西崎と慶子の関係と彼らの過去、そして事件の概要。

        このバランスが、実にいいんですね。
        スパイが出てくる話だと、とかく相手の裏をかく、複雑なやり取りが中心になったりします。

        また軍隊が出てくる話だと、とかく派手な戦闘シーンの連続に辟易させられる事があります。

        この作品では、そのどちらの要素もテーマになっているのですが、人間を中心に描いているせいでしょうか、物語の深さを感じさせてくれます。

        とにかく、登場人物の誰もが格好いいんですよ。
        自衛隊員の伍島も、工作員の平田も、誰も彼も。

        そして、二つのストーリーを繋ぐものは、頼りない無線機ただ一台。
        それを通して語り合う西崎と慶子、とにかく終章は圧巻です。

        >> 続きを読む

        2021/09/13 by dreamer

    • 他4人がレビュー登録、 7人が本棚登録しています
      M8
      M8
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 「M8」東京直下型マグニチュード8の巨大地震が起こったら…。もはや小説じゃなくリアルシミュレーション。
        詳しいレビューはこちら↓
        http://youyou-bookmovie.blog.so-net.ne.jp/2015-07-26
        >> 続きを読む

        2015/08/25 by youmisa

    • 1人が本棚登録しています
      Tsunami(津波)
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 「津波」東京直下型地震のあとに起こる大津波の恐怖を描く。 
        詳しいレビューはこちら
        http://youyou-bookmovie.blog.so-net.ne.jp/2015-08-08-1
        >> 続きを読む

        2015/09/05 by youmisa

    • 1人が本棚登録しています
      首都崩壊 = Tokyo Collapsed
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • アメリカ留学から帰国した国土交通省のキャリア官僚・森崎真
        突然、彼の前に高校時代の同級生、東都大学の地震研究所に所属する前脇健一が現れ、こう言った
        「東京直下型地震の起こる時期が早まった。五年以内、九十パーセント、もっと高くなるかもしれない。マグニチュードは8を超える可能性がある」
        翌日、アメリカ留学時に友人となったロバートが大統領特命大使として極秘に来日し東京を襲う巨大地震からの日本の百兆円規模の経済損失とそこから始まる世界大恐慌の可能性を示唆した
        だが、当の日本政府の対応は緩慢であり、地震への大きな対策を打つことはなかった
        そして、ついに震度6弱の強震が東京を襲う
        しかし、これは東京クライシスへの序章に過ぎなかった
        日本の未来は
        世界の均衡は保たれるのか!!

        --------------------------------------------------------------------------------

        数年内に起こるかもしれないと言われる東京直下型地震
        この問題を独自の視点から語られる物語
         
        現在の日本の脆弱さ
        数々の大地震と富士山の噴火予測といった自然環境の懸念
        少子高齢化に180兆円規模の国債発行額といった行き詰りをみせる経済環境の懸念
        そして何より危機感のない日本政府の対応
        これに付け入る大国の影

        この打開策として提言される
        首都移転
        道州制の導入

        パニックストーリー???といった小説だが経済小説にも属するような仕上がり
        日本の未来を懸念し警鐘を鳴らす物語でもある

        もちろんフィクションであるわけで
        新首都になる都市は・・・・・
        裏で動く…日本を操る・・・世界を操る人物は・・・
        物語の最後に明かされる糸を引くあるもの・・・・・・
        おーーーーーそんなことが(・・;)
        っと楽しませてくれる

        うん!!
        興味深い作品だった!!
        もちろん他人ごとではない話だよね・・・・・
        >> 続きを読む

        2014/06/30 by momokeita

      • コメント 3件
    • 3人が本棚登録しています

【高嶋哲夫】(タカシマテツオ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本