こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


吉岡斉

著者情報
著者名:吉岡斉
よしおかひとし
ヨシオカヒトシ
生年~没年:1953~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      原発と日本の未来 原子力は温暖化対策の切り札か
      カテゴリー:原子力工学
      5.0
      いいね!
      • とてもためになった本だった。
        単純な原発全肯定でも全否定でもない、是々非々の判断だが大事だという著者の態度はとてもうなずける。

        そのうえで、いかに日本の原発が「国策民営」・国家主導で行われてきたか、
        電力自由化が進めば、初期投資の高さとリスクから考えて脱原発が進むはずか、
        そのことが、この本を読むと、よくわかる。
        震災直前に出された本だが今こそ読まれるべき本だと思う。

        この本を読むと、東日本大震災が起こる前から、世界中で原子力発電事業は長期停滞傾向にあり、80年代以降原発の基数はずっと横ばいだったことがわかる。

        原発は、以下の四つの経済的な弱点があるという。

        1、 インフラストラクチャー・コストが高くつく(揚水施設など)
        2、 建設コストの高騰
        3、 最終的なコストが不確実
        4、 初期投資コストが格段に高く、高い経営リスクがある。

        こうしたことを考えれば、著者が指摘する通り、きちんと電力が自由化され、原発にまともな市場原理が働くようになれば、電力会社は原発に新規投資するとはあまり思えず、おのずと脱原発が進むと確かに思われる。

        しかし、日本の原発行政は、長い間、社会主義計画経済と見まがうばかりの国家の手厚い保護育成と主導のもとで行われてきた。
        この体制を、著者は「国策民営」、そして「核の四面体構造」と呼んでいる。

        「国策民営」とは、実質的に国家が主導し、民間企業であるはずの電力会社は国家の圧倒的な庇護と計画のもとで原発を進めてきたということである。
        さらに、所轄省庁・電力業界・政治家・地方自治体有力者の「核の四面体構造」が日本の原子力政策を決定してきたし、していることを、著者は指摘している。

        その他、この本を読むと、「機微核技術」ということ、つまり核兵器を開発するための技術の保持が日本の原発推進の背景にあったということについても、あらためて考えさせられる。

        また、原発の稼働率の低さは、今に始まったことではなく、震災前からかなり低かったこともよくわかる。

        さらに、原発は温暖化対策にならない、むしろ原発に熱心な国は温暖化対策が低調というデータに基づいた指摘も、大変興味深く、面白かった。

        考えて見れば、311の直後、菅首相は、この「核の四面体構造」に逆らい、独自の判断から政策を決定しようとしてきたのかもしれない。
        さらには電力自由化や発送電分離まで菅首相は提案したが、このことはまさに「核の四面体構造」の逆鱗に触れることだったろう。
        そのため、あのように、マスコミや政界や官僚からの猛烈な集中砲火を受けたのだろう。

        「日本の原子力発電事業の在り方は、日本社会全体の縮図である。従ってその問題点と解決策を明らかにできれば、その解決策は日本社会の抱える多くの問題にも適用できるはずである。」

        この本の中にあった、この一節は、この日本の現実を考えると、とても心に響き、考えさせられる一節だった。

        結局、菅首相がこの「核の四面体構造」に挑もうとしたことを、国民はあまりバックアップできなかった。
        この国の原発行政や、もっと言えば民主主義のありようは、結局は民度に大きく左右されるのだろう。

        この本の著者の吉岡斉先生は、原発事故調査・検証委員会のメンバーの一人に選ばれた。
        そのような菅政権当時の人選は、今後極めて難しくなっていくのかもしれない。

        東京電力福島原子力発電所における事故調査・検証委員会
        http://icanps.go.jp/
        >> 続きを読む

        2012/12/22 by atsushi

    • 1人が本棚登録しています

【吉岡斉】(ヨシオカヒトシ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本