こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


ねじめ正一

著者情報
著者名:ねじめ正一
ねじめしょういち
ネジメショウイチ
生年~没年:1948~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      香港ラプソディ
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 香港をキーワードにした短編集。

        完全に予想を裏切られた。

        5編を収めた短編集という形を取っているが、それぞれの落差が凄過ぎる。
        作風やタッチが違うという一言では語れないバリエーションと言える。

        著者の作品に触れるのは本書がはじめてだったことも有り、
        何の予備知識も持っていなかったことが影響し、
        1編読み終える毎に、自分の中での著者像を修正し続ける必要が有った。
        他の作品を読んでいないため断言は出来ないが、この引き出しの多さは
        天才の域に入っていると思う。

        5編それぞれ別々の光るものを持っているが、
        現地ガイドとのやりとりを題材とした
        「ジャッキー君の大志」には思いっきり笑わされ、
        中国と香港との関係に端を発した悲哀を描く
        「恋愛伝説1997」には泣かされた。

        著者の別作品が早く読みたい。
        >> 続きを読む

        2011/01/05 by ice

    • 1人が本棚登録しています
      高円寺純情商店街
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • いい小説だなあ。なにかこう昭和の古き良き時代を彷彿とさせる。乾物屋のひとり息子の目から見た商店街に暮らす人々を描写している。ときおり、クスッと笑ってしまうような心温まる話が六編。一晩で読んでしまった。 >> 続きを読む

        2017/04/22 by KameiKoji

    • 1人が本棚登録しています
      荒地の恋
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 一言で言えば、不倫関係を描く作品なのですが、この作品の最大の特徴は、実在した詩人である北村太郎を中心として、登場人物が実名なことに尽きると思います。

        私自身は詩の世界には造詣が深くないため、実名と言っても正直匿名と変わりなかったのですが、彼らの作品を知っている方なら間違いなく違う感じ方をしたことでしょう。

        そういう背景を知りつつ読んだことで、当然ながらフィクションでは得られないリアリティが有り、それが作品の魅力に直結しています。

        晩年に訪れた恋の炎。結果、精神を病んでしまうとしても、安易に否定できない真摯な想いがそこには確かに有ると言わざるを得ません。

        ただ、やっぱり実名と言うのはどうかと思います。

        当事者は既に他界しているとは言え、ご遺族の方もいるのでしょうし、「死人に口なし」つまり彼らに弁明の機会は与えられないわけですから、やはり禁じ手とすべきなのではないかと思ってしまいました。

        中央公論文芸賞受賞作品です。
        >> 続きを読む

        2012/10/16 by emi

      • コメント 4件
    • 2人が本棚登録しています

【ねじめ正一】(ネジメショウイチ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚