こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


くさか里樹

著者情報
著者名:くさか里樹
くさかりき
クサカリキ
生年~没年:1958~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      ヘルプマン!
      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      5.0
      いいね!
      • 「老人介護」をテーマにした巻まで読んだ。

        老人だけでなく「人間の本当の幸せとは・・」ということとも直結しているのではないだろうか。

        『人間はどう生きるか』『生きていてよかった いい人生だったといって心安らかに眠りたい』

        どう生きるかは自分が決める。幸せも自分の心が決める。

        だから、介護のあり方も介護される人一人ひとりちがっていていいし・・・ 尊重されるべきだろうと思う。

        百太郎がすごくいい。



        大事なのは介護する人もされる人も、今、ありのままを受け入れ、今を幸せでおだやかで生きること。  

        実際現場は大変だろうけど、大変でも幸せに、心はおだやかにいたいと思う。老人に対してだけでなく、どんな人に対しても。
        >> 続きを読む

        2013/01/17 by バカボン

      • コメント 3件
    • 1人が本棚登録しています
      ヘルプマン!
      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      5.0
      いいね!
      • 【『震災編』一人の社会福祉士が見た壮絶な3日間。2011年7月。仙台で行われた東日本大震災復興イベントに参加した作者が、被災体験をした多くの主催者達から、震災の実状を描いて欲しいとオファーされ実現した本作――。仕事の一環で、海岸に面した長閑な街を訪れたソーシャルワーカーの神崎仁(かんざき・じん)。会議前に喫茶店で一服していた仁は、そこで巨大地震に遭う。逃げ惑う群衆の中、仁はとんでもなく大きな津波を目の当たりにする!!】

        まだ全部読んでなかった第1部の続き。21~25まで読みました。全27巻だけど、大人買いしたくなる。

        忘れちゃいけない震災編。
        困った時は人との繋がりが助けになる。「お互い様」の意識は身近な人同士の方が強い。政府が何かをしてくれるのを待ってては物事は進まない。基本は一人一人。そして身近な人との助け合いへ。社会(人がつくるもの)は、そうやって少しずつ大きく、力を貯えていくもの。社会(政府・システム)は遅れるものです。

        基本は個から全体へです。まずは個。個が大事。そこんとこ忘れないようにしなくちゃ
        >> 続きを読む

        2018/02/17 by バカボン

    • 1人が本棚登録しています

【くさか里樹】(クサカリキ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本