こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


大林宣彦

著者情報
著者名:大林宣彦
おおばやしのぶひこ
オオバヤシノブヒコ
生年~没年:1938~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      「カルピス」の忘れられないいい話
      カテゴリー:雑著
      5.0
      いいね! ice Tsukiusagi chao
      • 一般公募されたカルピスにまつわる思い出集。

        少し前の日本人達の教養と品位の高さに脱帽する。

        モンゴルの乳製品を元に開発されたという話は知っていたものの、カルピスが戦前から存在したことは知らなかった。

        もともと、論点がブレたり、短すぎて感情移入出来なかったりという点で、超短編集的な書籍は得意分野ではない。
        また、文章を生業とする方々とは異なり、一般公募作品を集めたという性質上、クオリティに関しても全く期待せずに手に取った。

        しかし、読み進めると印象は一変。
        様々な世代、様々な境遇からカルピスというキーワードを描くことで、少し前の日本人達の息吹を感じることが出来、全体でひとつの作品にもなっている。

        とくに戦争前後の逸話が興味深く、栄養価が高いカルピスに対しての思い出が、生死を彷徨った話として語られる。

        また、当初相当な高級品で有ったカルピスが、日本の成長に比例して庶民の飲み物になっていく様も面白い。

        古い世代になればなるほど、文章力が高く、そこに品位を感じる作品が多かった。
        年齢的には70代、80代なのだが、教養レベルの高さと行間から滲み出る高潔さに敬意を表したい。

        良い意味で大いに裏切られた。本作品に巡り合えたことに感謝したい。
        >> 続きを読む

        2011/09/26 by ice

      • コメント 4件
    • 2人が本棚登録しています

【大林宣彦】(オオバヤシノブヒコ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本