こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


みうらじゅん

著者情報
著者名:みうらじゅん
みうらじゅん
ミウラジュン
生年~没年:1958~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      全日本ゆるキャラ公式ガイドブック
      カテゴリー:広告、宣伝
      2.5
      いいね!
      • 最近はやりの、ゆるキャラということで読んでみましたが、
        キャラによってクォリティーが違い過ぎます。

        デフォルメされている状態では可愛いのですが、
        着ぐるみになった瞬間、さむけが起こる。。
        子供が見たら泣くようなキャラも多かった。。。
        >> 続きを読む

        2012/06/12 by ◆空太◆

      • コメント 3件
    • 他1人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています
      お悩み祭り
      カテゴリー:雑著
      4.0
      いいね!
      • “人が生きるとき悩みはいつも側にいて“幸せってそうじゃないよ”と囁き続けます。「じゃ本当の幸せって何なのよ?」聞き返しても教えてくれません。悪いやつです。だから人は悩みをバラすことで気を軽くしようとします。「そんなの大した悩みじゃないね」と、誰かにツッ込んでもらうことで、悩みのヤツをボコボコに蹴散らすのです。それが人生の吉例行事『お悩み祭り』です。深刻ぶらないためにもいつも心にひょっとこ面。乗り切ろうじゃありませんか!”   ~前書きより~

        って みんなホントに悩んでんの?

        「犬が画びょうを踏みます ・・・なぜこの広い地球にいて、あの小さい足で画びょうが踏めるのでしょうか?このままでは将来が不安です・・」

        「妻が僕のことを『このオタンコナス』『ボケナス』などとなじる。言い返してやりたい」

        「青魚が大好きなのにショウガが大の苦手なのでサバの生姜煮など好きな青魚が食べられません」

        「若者のダブダブのズボンを見ると思わず思いっきり引き上げベルトで腰を締め上げたい衝動にかられます」・・・   などなど(勝手に要約してます)

        どの相談を見ても「悩んでんのか???」みたいなのばっかり

        それに対するみうらさんの答えも答えてんだか答えてないんだかみたいな・・・

        このゆる~い感じ、テキトーな感じ、やわらか~い感じ(底にはなんとなくお釈迦様の教えがあるのだが・・)がいいですねえ。

        見習いたいです。
        >> 続きを読む

        2013/01/11 by バカボン

      • コメント 4件
    • 1人が本棚登録しています
      見仏記
      カテゴリー:仏像
      2.7
      いいね!
      • 視点は独特ですが、両氏の仏像に対する愛が伝わってきます。

        2011/11/13 by nobiinu

      • コメント 1件
    • 4人が本棚登録しています
      とんまつりJapan 日本全国とんまな祭りガイド
      カテゴリー:年中行事、祭礼
      4.0
      いいね!
      • 一瞬くだらないと思われそうな事でも、突き詰めれば研究になる!
        みうらじゅんさん天才。スライドショー見に行きたい!!

        >> 続きを読む

        2012/11/04 by michikoo

      • コメント 3件
    • 1人が本棚登録しています
      マイ仏教
      カテゴリー:仏教
      4.0
      いいね!
      • 現代人必読。

        後ろメタファー
        自分なくし
        地獄ブーム

        こういう言葉にピンときたのなら、あなたも生きるのが楽になります。
        >> 続きを読む

        2011/10/05 by miles

    • 5人が本棚登録しています
      色即ぜねれいしょん
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • みうらじゅんという人を好きである以上、
        名作と言わざるを得ない(笑)。
        彼を知らない人や、好きじゃない人には...
        なんてこたない内容。
        でも、はしばしに甘酸っぱさ満点の
        青春小説でもあります。

        みうらさんが好きだし、そして心底羨ましいし、
        憎いとすら思うこともある...。

        こういう風に自分を恥ずかしそうに、表現し続ける
        異型の表現者...。いいなー。
        >> 続きを読む

        2013/04/06 by za_zo_ya

      • コメント 4件
    • 5人が本棚登録しています
      自分なくしの旅
      カテゴリー:小説、物語
      いいね!
      • 軽い気持ちで読み始めたものの、なかなかに秀逸な青春物語だった。

        みうらじゅん、という人を知らなくとも作品として充分に楽しめる。美大を目指す浪人生活や、美大の予備校という、未知の世界も興味深かった。

        住む世界のまったく違う金持ちの娘、東てる美似という美奈という登場人物がひじょうに魅力的にうつった。その彼女との交際に戸惑いつつも性に溺れ、若さゆえの葛藤と苦悩、美大受験はどうなるのか?

        面白く読み進めることができました。 

        >> 続きを読む

        2016/08/31 by hibiki

    • 1人が本棚登録しています
      アレの名前大百科
      カテゴリー:日本語
      3.0
      いいね!
      • 「アレ」の名前である。ふだん目にしている。
        いかにも、みうらじゅんらしい視点。
        教養を高めたいのではなく、単純に知って納得したい。
        雑学に好きにはたまらない本。

        食パンの袋の口をとめる凱旋門みたいなアレ、
        カレーのルーを入れるアレ、
        しょうゆを入れる魚型のアレ、
        トイレのつまりを解消するアレ、
        などなど、笑えてスキッリする。
        この知識は、役に立つことはないだろうけれど。
        >> 続きを読む

        2015/04/03 by てるゆき!

      • コメント 1件
    • 1人が本棚登録しています
      青春ノイロ-ゼ
      カテゴリー:雑著
      4.0
      いいね!
      • 未だに青春ノイローゼにかかっているみうらじゅんのエッセイ。
        内容は自伝的なものや旅の話等が入り乱れている。

        この本は朝の通勤電車で読んでいた。

        ある日、3章(俺だけの旅)、家出検証の旅・イン・金沢にさしかかったところでにやにやが止まらなくなった。
        この節は本書の中で最も笑える箇所である。
        このまま読み進めると吹き出してしまうと危険を察知した私は、窓の外を見て気持ちを落ちつけようとした。
        一呼吸して、顔を上げる。

        すると、向い側のおばさんも同じ本を読んでいる事に気づいてしまった。
        驚愕だ。
        1999年出版の、みうらじゅんの、青春ノイローゼを、2011年に、朝の京浜東北線で、向い側に座った者同士が読んでいる確率。
        限りなく0に近いだろう。
        恐らくこの先ないはずだ。
        またもや笑いがこみ上げてきた。

        笑いを必死にこらえている私とは対照的におばさんは真顔だ。

        なぜあなたは真顔で読めるのか。
        読んでいるのは前半部分のようですね。
        ははん、さては1章は挿絵があれなので、隣りから覗かれて勘違いされやしないかと緊張していらっしゃるのでしょう。
        お気持ちお察し致します。
        などと心の中で語りかけてみるが、彼女は本から目を離さない。

        そして、向いの席で同じ本を読んでいる人間がいることに気づかないまま途中の駅で降りてしまった。
        若干の寂しさを感じながら、本の続きを読み始めた私はみうらじゅんが自分自身に宛てた手紙を目にし、結局吹き出した。

        このように意外と今でも人気の本なのかもしれない。


        内容的には3章の東京アパートメントブルースが一番好きだ。
        この節だけで1冊の本になりそう。
        若いって愚かだ。
        >> 続きを読む

        2011/08/27 by Iris

      • コメント 1件
    • 2人が本棚登録しています
      ロングヘアーという生き方 ボクらの時代
      3.0
      いいね!
      • 『ボクらの時代』の書籍化

        2016/07/30 by ゆ♪うこ

    • 2人が本棚登録しています

【みうらじゅん】(ミウラジュン) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本