こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


渡部潤一

著者情報
著者名:渡部潤一
わたなべじゅんいち
ワタナベジュンイチ
生年~没年:1960~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      ガリレオ
      カテゴリー:個人伝記
      5.0
      いいね!
      • 絵も上手くてコミカルな部分も織り交ぜ、非常に親しみやすい本。

        当時の教会の権力は大きく、アリストテレスや聖書に書いてある考え(天動説)を正しいとして、ガリレオが唱えた地動説を教会の教えに反するとして彼を苦しめた。

        しかしガリレオは地動説の正しさを信じ、一生懸命研究する。
        検邪聖省(裁判)にかけられて、研究のために地動説の真実を間違っていたと言う。

        彼は人生で家族よりも研究を優先した。研究で得た真実を無為にしてしまうのは彼の人生を無為にすることと同じだった。だから、それでも彼は地動説を、真実を最期まで訴え続けた。
        その意志の強さがあったからこそ後世に、私たちにまで伝わったのだ。
        その証拠として、1992年に教会が裁判の誤りを認めた。よかったねガリレオ!

        気になったところがある。それはレオナルド・ダ・ヴィンチやミケランジェロが絵画に数学を取り入れた、という記述があるところだ。
        そのことについて詳しく書かれてないが、いったいどうして絵画に数学が取り入れられたのか、どうやってそうしたのか、気になる。後で調べてみよう。
        その記述を見て、ああやっぱり絵と数学は無関係じゃなかったんだ!と少しづつ確信が持ててきた。私も絵を描くから、このことについて無視できない。

        そしてガリレオと私は理屈っぽい傾向があるところが似てると思った(笑)
        >> 続きを読む

        2014/11/02 by Nanna

      • コメント 1件
    • 1人が本棚登録しています

【渡部潤一】(ワタナベジュンイチ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本