こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


相良敦子

著者情報
著者名:相良敦子
さがらあつこ
サガラアツコ
生年~没年:1937~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      お母さんの「敏感期」 モンテッソーリ教育は子を育てる、親を育てる
      カテゴリー:社会教育
      4.5
      いいね!
      • 「これから育児に関わるタイミングでこの本に出会えて本当に良かった。」そう思える本であった。

        本書はモンテッソーリ教育の中核をなす思想、とりわけ「敏感期」の秘める素晴らしさについてわかりやすく解説してくれた本。
        「すべての生物は幼少期に、一定のことに対して感受性が特に敏感になる短い時期がある。」
        オランダの生物学者ド・フリースが発見した生物の敏感期は、イタリアの幼児教育研究家マリア・モンッテソーリによって人間の幼児期にも存在することが確認された。

        敏感期の行動は大人から見れば奇異にもとれる。
        なんでそんなことをするのだろうと思うような不可解な行動は、敏感期を知っていれば我が子の命の輝き、情熱や意志の力に感動することもできるが、知らなければストレスでしかない。

        「秩序の敏感期」。「感覚の敏感期」。「運動の敏感期」。
        これら、我が子の幼少期に一瞬であるが訪れる敏感期という輝きの瞬間に立ち会えるということは、親にとってどんなに幸せであろうか。

        私自身の感性、感覚も、過去両親が絶え間ない愛情を注いで育ててくれたもの。
        そんな風に思いながらこの本を読むと、とても感慨深い。

        こと折々のタイミングで読み返したい。そう思える本であった。
        >> 続きを読む

        2020/03/17 by masahiro

    • 他1人がレビュー登録、 2人が本棚登録しています

【相良敦子】(サガラアツコ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本