こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


森下典子

著者情報
著者名:森下典子
もりしたのりこ
モリシタノリコ
生年~没年:1956~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      日日是好日 「お茶」が教えてくれた15のしあわせ
      カテゴリー:茶道
      3.6
      いいね!
      • お茶の世界がこんなにも奥が深いものだとは知りませんでした。
        学生時代の授業で茶道が5回ほどあり、お手前のための初歩的な作法を学びましたが、私がやっていたのは、単なる動作マニュアルを覚えただけ。

        著者が母親からの一言で茶道を始めて、著者は何度やってもすぐ作法を間違えたり忘れたりし、その度に、なぜ続けるのだろう、私だったらとっくに辞めるのに。という思いが何度も何度も浮かんできました。
        それが、なぜか、著者は続けること数年。そして数十年。

        お茶を飲むこと、作法が茶道の目的だと思っていた私は、ある日からの著者のお茶の世界における一つ一つの気づきにグイッと心を揺さぶられるようなショックを受けました。
        そうなんだ、お茶の世界は、日本の美が凝縮されているのだ、と。
        掛け軸、花、茶器など目に見えるものから、果てには、その時に耳にする自然の音さえも。

        こんなにも普段見逃しがちな小さな、何でもないようなものにまで心を寄せ、感じ、愛でることができる日本人は、なんて豊かなのでしょう。
        相手を思い、最小限のもので、色んなものを慈しむ心をもつ。
        茶室の小さな空間の中に、大きな宇宙のような、壮大な世界観を垣間見ることができました。

        映画では、この世界観を果たして表現しきれたのだろうか。
        言葉ではなく、心で感じ取るこの世界を。
        >> 続きを読む

        2019/05/23 by taiaka45

    • 他4人がレビュー登録、 14人が本棚登録しています
      日日是好日 「お茶」が教えてくれた15のしあわせ
      カテゴリー:茶道
      4.0
      いいね! Moffy
      •  よかった。とてもよかった。
         一篇一篇に心を打たれた。

         読書時、良い句に出会った時は手帳に書き残しているが、この一冊本当に多く残せる句があった。

         特にこの一句が大好き:
         「世の中には『すぐわかるもの』と、『すぐにはわからないもの』の二種類がある。すぐわかるものは、一度通り過ぎればそれでいい。けれど、すぐにわからないものは......何度か行ったり来たりするうちに、後になって少しずつじわじわとわかりだし、『別もの』に変わっていく。」

         じわじわわかりだしたものが、より深みを持つ。
         何事も焦らず、何度も何度も諦めずに感じ続けることの大切さがわかった。

         小さいこと一つ一つに「儀式感」を持つことで、より丁寧に、より大切にできる。
         小さい瞬間を大事にすることで、人生も大事にできる。
        >> 続きを読む

        2018/02/06 by deco

    • 他1人がレビュー登録、 3人が本棚登録しています
      いとしいたべもの
      カテゴリー:食品、料理
      4.0
      いいね!
      • 筆者の食べ物にまつわるエピソードが、イラストを交えて書かれている。
        このイラストがなんとも美味しそう…!素朴だけど色の再現力がリアル。
        「どん兵衛」の話が好き。「カステラ」が食べたくなる。
        私にもそんな食べ物があるかな?と振り返りたくなるエッセイ。
        >> 続きを読む

        2014/03/24 by パクパク

      • コメント 4件
    • 1人が本棚登録しています

【森下典子】(モリシタノリコ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚