こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


山本兼一

著者情報
著者名:山本兼一
やまもとけんいち
ヤマモトケンイチ
生年~没年:1956~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      利休にたずねよ
      カテゴリー:小説、物語
      4.2
      いいね!
      • 1591年(天正19年)2月28日 利休70歳 朝

        利休は死を賜った。――あの下司な猿めが、憤怒がたぎっている。
        雷鳴がとどろく中、妻の宋恩と広縁に座った。この雨は天のもてなしであろう。
        一畳半の茶室に入り、三人の見届け役とともに茶をまわし飲んだ。助命嘆願を勧められたが詫びることなどなかった。秀吉の勘気にふれたと噂が広まったが身に覚えもなかった。
        金に明かした秀吉の作動には飽きが来た。
        松籟の音を聞きながら、藤四郎義光の短剣を手にした。
        「この狭さでは、首が刎ねられぬ」
        「ならばご覧じろ、存分にさばいてお見せせん」


        ここから時代が遡る珍しい構成。
        利休が信長に認められ、秀吉に重用され、茶道頭に上り詰める。ただただ茶の湯にのめりこみ、侘び,寂び、幽玄の世界を追い求め続けていく。その美に対する天才的に備わった感性と、修練で、茶道具を見分けていく。

        堺商人の間で侘茶が広まった頃、信頼の置ける目利きになった利休は、財を蓄え、美を求めて身の周りをしつらえ、そのためには恐れるもののない物言いと行いで、茶道を極めていった。
        秀吉に重用されながらも、金に明かした低俗さに、頭を下げながらも心の声が表ににじみ出ている。それを秀吉は憎悪していた。
        天下に並ぶもののない権勢を誇っていたが、利休の審美眼の深さには及ばなかった。

        利休は若い頃、忘れられない恋をした。思いつめて、高麗から買われてきた女と駆け落ちしようとした、だが捕まる前に毒の入った茶をたてて心中を図った。女は高貴な生まれで死も恐れなかった、利休は果たされず生き残り、女の持っていた緑釉の香合を肌身離さず持っていた。噂で知った秀吉が譲るようにいったが頑として受け付けなかった。

        大徳寺に寄進した礼にと、僧侶たちが、利休の等身大の木象をつくり山門に立てた。それが秀吉の逆鱗に触れた。
        自刃の原因はそのことになってはいるが、利休の厳しい求道の心と、美に対する天性の感、意に叶わないものを認めない頑固な意地、それが、茶道の奥義を窮めたといえ、凡庸であったり、ただわずかに優れているというおごりを持つ人たちの生き方に沿わなかった。
        金と権力が全てに通じ、世の中全てを手に入れることが出来ると思う秀吉。ただ戦いの技に優れ、強運と時には卑屈さも使い分ける計算高い秀吉とは相容れない生き方だった、利休は誇りとともに運命に殉じた。

        映画化されたときの利休役の、海老蔵さんのカバーが付いている。死を前にして端然と座った姿が美しい。

        第140回直木賞受賞作

        >> 続きを読む

        2015/05/22 by 空耳よ

      • コメント 11件
    • 他2人がレビュー登録、 10人が本棚登録しています
      信長死すべし
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • 面白かった。
        内容的にはいろいろ思うことはあるが、
        やっぱり山本兼一の時代小説は面白い。 >> 続きを読む

        2017/03/04 by Jun-Ya

    • 1人が本棚登録しています
      火天の城
      カテゴリー:小説、物語
      いいね!
      •  なんとも激しい一冊。気難しくて、頑固で、厳しくて、そして、とてつもなく誇り高い

         この物語は、織田信長が安土城を築城するまでを力強く描きます。
        その力、入ること、もう、拳がぷるぷる震えるくらいであります。圧倒されます。

         主人公となるのは、安土城、築城をまかされることになった今でいう大工の棟梁、宮番匠(ばんじょう)の統領の岡部又右衛門という五十を越した壮年の男です。

         今川義元を攻め落とし、織田信長が安土に城を建てようとしたとき、信長、28歳。

         信長は金に糸目はつけぬ、とにかく、今までにない城を作れ、と又右衛門に命令します。

         そして、次々と南蛮風に、七重に・・・と今までにないもの、をとにかく要求します。
        無理だ、と思っても「試さずに無理などと言うな」と信長の逆鱗に触れればその場で死を賜ることになる身分の低さです。

         信長は確かに、気難しく、誇り高く、残酷でありますが、それだけの「人の上に立つ天下人」である、先見の明、鋭さ、頭脳明晰さがあって、又右衛門は何を言われても信長の期待通りになるよう奮闘します。

         しかし、築城は苦難と挫折と競争の連続。
        信長の気に入るよう、職人たちは意匠を凝らし選ばれなければならない。そこに職人としての誇りがかかっています。

         しかし、歴史を見ればわかるように、信長は本能寺の変で、となってしまい、又右衛門の挑んだ「百年ではない、千年もそびえるような城」にはならなかったのは事実。

         そこの所が、築城のリアルな現実を描けば描くほど、炎となって天に登ってしまう火天の城、安土城のはかなさが際立つのです。

         手に汗握ってしまう木曽から、大木を川に流して運送する場面、何度も「無理だ」という人足たちを説得し、実現させてしまう又右衛門の存在感と説得力のすごさ。

         著者の力量は、読むものを圧倒し、巻き込んでしまい、また、その歴史的事実をからめた人の運命のむなしさ、はかなさ・・・・読み応えが満載で、手に汗にぎり、読み終わってぐったり。
        >> 続きを読む

        2018/07/06 by 夕暮れ

    • 4人が本棚登録しています
      利休にたずねよ
      カテゴリー:小説、物語
      5.5
      いいね!
      • これはもともと読む予定はなかったのだが、友達がとても良かったと言っていたので借りて読んだ。

        私が好きなドラマチックとか、疾走感とかそういったものはないのだが、美を追求する姿勢や茶の湯、詫び寂びなど、現代ではあまり意識することのない何かを、感じることができた。いつの時代も人間の何かに情熱を傾けるストイックな姿勢は人の心に響くものだ。

        お茶とは無縁に生きてきた私が、この本を読み終わったあと、お茶を習ってみたくなるくらいこの本の世界に魅せられた。

        秀でた小説だと思う。
        >> 続きを読む

        2012/12/09 by mahalo

      • コメント 5件
    • 12人が本棚登録しています

【山本兼一】(ヤマモトケンイチ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本