こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


梁石日

著者情報
著者名:梁石日
やんそぎる
ヤンソギル
生年~没年:1936~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      闇の子供たち
      カテゴリー:小説、物語
      3.3
      いいね!
      • 虚しい。最後にはその気持ちだけが残される。
        どんなに信念を持って戦っても消せない『悪』があるのだ。

        東南アジアで日々起こっている幼児売春、臓器売買。
        これはもはや小説ではなく、ドキュメンタリーである。

        貧困から自分の子供を売ってしまう親。
        自分の子供を救うため、生きたまま提供される子供の臓器を買い取る親。
        それを仲介するマフィア、黙認する警察、その事実を抹消する政府。

        『1人でも多くの子供を救いたい』という思いで体を張って
        闘い続けてる人間達の努力も虚しく、暴力と権力でねじ伏せられてしまう。


        あまりにも残酷でグロテスクな現実を事細かに描かれていて、
        ただ読んでいるだけの私ですら逃げたくなった。

        性の意味も知らない子供達が大人の性的玩具になる事も勿論、
        1人の人間が親や世の全てから見放されてしまう事が悲しい。

        東南アジアなどの発展途上国の人々の安い人件費によって、
        日本人が安価で物が買えるのも事実。
        言い方を変えれば、彼らの犠牲によって
        私達の『豊かな生活』は成り立ってると言っても過言ではないと思う。

        その裏では人間としての生活すら出来ない子供達がいるのだ。

        それを知った今でも、私には何もできない。それが虚しい。
        >> 続きを読む

        2019/01/28 by NOSE

    • 他1人がレビュー登録、 5人が本棚登録しています
      血と骨
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • すさまじいストーリー、すさまじい男の話。
        これが実際に存在する人物だから驚きだ。

        在日朝鮮人社会での父子の対立がメインテーマなのだが、
        奥さんの“英姫”と、唯一の親友“高信義”の存在も
        主人公“金俊平”を語るための鍵になっている。

        金欲も性欲も人並み以上で、ヤクザも恐れをなす男だが、
        本当は息子とつながっていたいという気持ちが
        見え隠れするのが少し切なくなってしまう。
        >> 続きを読む

        2019/01/28 by NOSE

    • 2人が本棚登録しています

【梁石日】(ヤンソギル) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本